石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2013年 7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『今日の空』

7月最後の夕日

2013.07.31(水)


今日で7月も終わり。毎日暑い日が続きますが、毎日夕日が奇麗です。本日宮崎県では38度を超えたそうな…。8月も暑くなりそうです。



市街地にある浜

2013.07.30(火)

 

今日も暑すぎる石垣島です。

クーラーをつけて車を運転していても、日差しが強すぎて熱中症になりそうなほど暑い。。。

  

 

でも暑い分、キレイな海が見られます。

暑さに負けずに、市街地・真栄里にある多田浜に行ってきました。

  

 

駐車場(完備!)から歩いて、50〜60メートルで浜に出られます。

浜から左側を見ると、ANAインターコンチネンタルリゾート石垣が見えます。

 

 

 

リーフ手前では、ジェットスキーをしている姿も。

気持ち良さそう〜☆

 

 

砂浜には貝がらも落ちています。

しかも、キレイな形のものがたくさん。

 

 

 

ゴミもありました。

良く見ると・・・・・・

ベトナム語??

どうやら、インスタント麺の袋のよう。

作り方が書いてあるけれど、読めません(笑)

ちなみに、東京−ベトナムのほぼ中間に石垣島があります。

約2000キロメートルも流れてきたのでしょうか。

  

 

石垣島は市街地のど真ん中にも、このようなキレイな浜があります。

場所は、石垣港離島ターミナルからANAインターコンチネンタルリゾート石垣に向かい、左手にゲオ・東京靴流通センターのある交差点を右折し、行き止まりまで行ったところです。

満潮時のほうが海の色がキレイなので、時間を合わせて行ってみてください。

『八重山手帳』によると、明日の昼の満潮は・・・・・・午後1時06分です。

熱中症対策をしてお出かけください。

 

 

火曜日、irikoがお届けしました。

 

 

 



大浜豊年祭ムラプール

2013.07.29(月)

20130729-01.JPG
今日の気温は最高気温33℃/最低気温28℃/晴れ。本日は石垣島大浜で豊年祭のムラプール。午後4時から「旗頭奉納」が行われました。
20130729-02.JPG
「ミルク奉納」
20130729-03.JPG
「与那覇節奉納」。この後、夜には「ツナヌミン・大綱引き」が行われます。が、都合により最後まで見ていることができないので、以前撮影した写真で紹介します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「ツナヌミン」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「大綱引き」


iwa 

オンプール

2013.07.26(金)

 

 

今日も暑い石垣島です。

台風7号の後、しばらく涼しい日があったのですが、今週に入ってからは日に日に暑さが増していっています。

八重山の夏は、やっぱりまだまだ続きます。。。

  

 

 

今日・明日は四カ字の豊年祭です。

今日がオンプールで字ごとに行われました。

こちらは、天川御嶽にて登野城字会オンプールの様子。

今年の旗頭の文字は、『天恵豊(てんけいゆたか)』(天の恵みで豊年を迎える)と『弥勒世(みるくゆ)』(人の世に幸せをもらたらす)。

これは、それぞれの字ごとに違います。

 

 

 

 

旗頭を奉納する前に、選ばれた人が交代で持ちます。

とても名誉ある役だそう。

高さがあるため、風の影響を受けてバランスを取るのが難しいとのこと。

お兄さんの表情も真剣です。

ちなみに重さは、字ごとの旗頭の飾りによっても変わるそうですが、約30圓曚匹△襪修Δ任后

 

  

 

 奉納の踊りが次々に披露されます。

豊作の感謝と来年の祈願を込めて踊ります。

    

 

 棒術は、男性2人組みで真剣勝負の技が披露されます。

どの組も息がピッタリで、迫力あります。

   

 

明日は、いよいよ四カ字ムラプール。

それぞれの字が集結して、 アヒャー綱や大綱引きが行われ盛り上がりを見せます。

石垣中学校南の真乙姥御嶽で午後3時30分から行われますので、今日見逃してしまった方・旅行中に見てみたい!という方は、ぜひ出かけてみてください。

(車でお越しの方は、駐車場は石垣中学校の運動場となります)

明日も暑いと思いますので、熱中症対策をお忘れなく。

 

 

今日は代打でirikoがお届けしました。



豊年祭ウィーク!

2013.07.25(木)

20130725-2.jpg

今日も強烈な日差しが降り注ぐ石垣島。海も空も夏の色に溢れています。最高気温は32.5℃。

先週から八重山の各地で始まった豊年祭も今週がピーク!

20130725-3.jpg

郡内最大の豊年祭でもある、石垣島の四ヵ字の豊年祭は明日がオンプール、明後日はムラプールです。

明日のオンプールを前に市内の各御嶽では準備の真っ最中でした。

この四ヵ字の豊年祭で、豊年祭ウィークもクライマックスを迎えます。

 



ピラミッド

2013.07.24(水)


とにかく暑い! 砂漠にいるかのようだと思っていたら、どんどん屋根がピラミッドに見えてきました。

今週、南山舎のやえやまなびスタッフは、西表や波照間、与那国など離島をまわっています。熱中症には気をつけて!

八重山はこのようにとてもよい天気ですが、関東地方には局地的豪雨が襲ってきているようです。大丈夫でしょうか。



バンナ公園

2013.07.22(月)

20130722-01.JPG
今日の気温は最高気温32℃/最低気温27℃/晴れ。「八重山近・現代史略年表」によると、1997年(平成9)の今日、バンナ公園Eゾーン子供広場が開園したそうです。2011年から改修で利用禁止になり、この春から再開されたばかりなので、遊具も新しくキレイです。
20130722-02.JPG
同じくバンナ公園にある「聖紫花(セイシカ)の橋」。こちらも市民に人気のスポットです。
20130722-03.JPG
そして今日は「土用の丑の日」でもあります。市内の鰻専門店も昼時は混雑していました。


iwa 

滑走路

2013.07.20(土)

 

今日の石垣島は、久しぶりに青空優勢の空になりました。

そんな日は、写真を撮りに外に出たくなってしまいます。

 

貴重な場所に行ってきました。

そう、滑走路です。

 

 

旧石垣空港です。

新空港開港の3月7日以降、飛行機の離発着がないのはもちろん、訪れる人もまったくいません。

 

 

旧石垣空港の名物(?)だった、数々の着陸時の急ブレーキ跡を見ることができました。

全長1500メートルの滑走路をめいっぱい使って、離発着していました。

 

 

こんなに粗く作られてるのに驚きました。

水はけの良さや抵抗で飛行機が止まるように、などの様々な理由があるのでしょう。

もちろん、歩行用に作られているわけではありませんので、デコボコしていて歩きづらかったです(笑)

 

 

新空港から飛び立つ飛行機を旧空港から見ると、このように見えます。

風向きにもよりますが、夏場は進行方向右側の窓側に座ると、旧空港や竹富島が見えます。

 

 

パイロットさんへ

「ここには着陸しないでね」。

大きなバツ印が描かれていました。

 

 

台風7号の被害でしょうか。

「石」の看板が飛ばされ、「垣空港」になっていました。

 

多くの人が利用した、旧石垣空港。

本当にお疲れ様でした。

 

 

今日は土曜日ですが、番外編でirikoがお届けしました。

 

 



涼しいぃ。

2013.07.18(木)

20130718-1.jpg

石垣島の今日の最高気温は28.5℃!

終日曇りがちでしたが、台風7号が暑い空気も一緒に連れて行ってしまったようです。

20130718-2.jpg

出港間近の台湾のクルーズ船。今日は港がやけに明るいです。



海晒し

2013.07.17(水)

 

川平集落から車で5分ほどの海岸で、八重山上布講習会の初級を受講した3名と先生(理事長)が、工程の一部、「海晒し(うみさらし)」を行っていました。

8年ぶりの受講生による海晒しだそうです。

あいにくの空でしたが、写真でしか見たことのない光景を見ることができました。

 

 

約4時間、海水に晒すことによって上布の色を定着させるそうです。

この工程は、「小潮でお昼が満潮の悪天候でない時がいい」そうです。

理由は、「大潮だと干満の差が大きいため、晒す場所によって上布が干上がってしまうから」、「準備や後片付けのことを考えると、お昼の満潮がベスト」とのこと。

でも天気は別として、条件に合う日は月に2〜3日しかないため、上布を作るのって自然が重要なんだなと思いました。

 

 

 

こ〜んなに長い上布です。

 

一般の八重山上布の市場価格は、70〜80万円とのこと!!

 

でも、伝統工芸品って値段じゃないのかもしれないですね。

理事長が言ってました。

「残してきたものを、残していかなきゃいけない」と。

 

八重山上布が伝統工芸なのとともに、「海晒し」の光景も八重山の伝統の光景として、これからも残していって欲しいです。

 

 

 

 

おまけ。

少し離れたところでは、フォトウエディングをしていました。

この海岸は、晴れた時は波照間島のニシ浜ビーチのようにきれいだそう。

今日は厚い雲に覆われていましたが、お嫁さんは八重山の太陽に負けないくらいキラキラと輝いていました。

お幸せに。

 

今日も昨日に引き続きirikoがお届けしました。

 

 




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。