石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2014年 1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『今日の空』

黒島大綱引き

2014.01.31(金)

旧正月の今日、黒島では豊作や畜産繁盛などを祈る伝統行事、大綱引きが行われ、取材に行ってきました!


迫力あるツナヌミンも披露され、綱引き後にはミルクも登場!
詳細はやいま3月号で紹介します!



快晴

2014.01.30(木)

雲一つない青空が広がる快晴。
登野城漁港に釣人がいたので近づいて話を聞いてみると、「今日はダメさー、やっぱり大潮は良くない。」とのこと。
普通は大潮がよく釣れるものですが、場所や時間や狙う魚などによっても変わるようです。

天気が良いせいか海もよく澄んでいるように見えます。

足元を見ると、なにやらまだ新しい黒い跡が。
これはイカの墨。
この跡があるところではイカが釣れるということ。
イカ釣りを始めたばかりの人はこれを目印に釣り場を開発していくようです。



観音堂の桜

2014.01.29(水)

只今満開です。とっても綺麗でした。

今日は天気もよく、昼は暑いくらいでした。夕方にはあちらこちらに蚊も発生。明日はもっと暑くなるようです。



セイロンベンケイ

2014.01.27(月)

s-20140127.jpg

少々、雨も降りましたが、昨日よりは持ち直した天気。

セイロンベンケイの花が鈴なりです。

 

 



石垣島マラソン 2014

2014.01.26(日)

本日は石垣島マラソン大会なのですが、あいにくの雨模様。
10キロコースの沿道で応援していました。
毎年たくさんのコスプレランナーが通るので今年も撮ってみました。

▼亀仙人

▼赤鬼青鬼

▼ディズニーキャラクターたち

▼トラの着ぐるみ?

▼いつものゴーヤーマン

みなさん楽しそうに走っていました。



キビの穂

2014.01.24(金)

キビの穂が高く伸びています。製糖工場も稼動し、あちこちでキビ刈りをしている人たちを見かけます。

今日もいいお天気。最高22.0℃、最低14.6℃。日中は日に当たると暑いです。明日はもう少しあたたかくなるようです♪



花の季節

2014.01.23(木)

雲間から青空が見えるからっとした陽気。昨日までの寒さが嘘のようです。

寄せ植えされたインパチェンスが満開に咲き誇っていました。
八重山では今一番花の苗が出ている時期。今植えられた花の苗たちは、これから4月頃にかけて綺麗な花を咲かせ続けることでしょう。



古稀祝い

2014.01.21(火)

20140121-1.JPG

1月21日(火)、雨。ちょっと寒い。

近く、義父の古稀祝いがあり、妻の実家がある宮城県に行きます。
八重山の踊りで祝いたいと思い、ただ今、妻と一緒に目出度節を練習中です。

月刊やいまのバックナンバーを読んでいたら、「古稀祝い」という見出しに目が止まりました。
竹富町史編集室の通事孝作さんの連載する「むかし八重山」というコーナーです。
黒島の話題です。良い写真だな〜と思いながら読みました。
以下、転載します。
1999年3月号14頁です。

・・・・・・
古稀祝い

 中国古代の詩人・杜甫は「人生七十、古稀(こき)なり」との詩を詠んでいる。人生の節目である「古稀」は、この詩に言葉の源があり、数え年七十三歳の人が迎える。
 杜甫の生きた時代には人間が七十歳を迎えることは、極めて稀(まれ)だったことであろう。前述の詩は、これを裏付ける。「人生八十の時代」の現代からみると、隔世の感がある。
 八重山でも、かつて古稀を迎えると親族を中心にして、村を挙げて長寿をたたえる祝賀会を開くことがあった。しかし、平均寿命が延びた現在では、ほとんど古稀を祝う光景が見られなくなった。それより米寿の八十八歳、カジマヤーの九十七歳になると、血族を中核にして村を挙げての催しがある。ここに民俗文化の変遷をうかがい知ることができる。
 竹富町の島じまは、村落共同体の精神が息づき長寿を最大限に喜ぶ。黒島も当然にそうである。写真は又吉智福さんの古稀を祝うひとコマである。祝賀会は一九六一年(昭和三十六)に行われた。
 又吉さんは黒島老人クラブの初代会長を務めた知名士で、地域住民から慕われた。島は現在、畜産が支える「牛の島」として名をはせているが、又吉さんは島の社会、経済発展に尽力した人物である。
 古稀祝いは、自宅の庭に支柱を建て、天幕を張り、盛大に行われた。舞台は特設仕立てで、四方八方には万国旗が取り付けられた。地域住民らは庭の周囲に陣取り、俄ステージで次々と演じられる民俗芸能に見入った。
 又吉さん宅は島でもっとも人口の多い東筋にあるが、古稀を祝福する住民は東筋に限らず、仲本、保里に住む人々も詰めかけた。写真で演じられている芸能は琉舞の「下り口説」であろうか。踊りは歯切れのいいリズムで舞い踊られる、男踊りである。写真を見ると、三味線、笛、太鼓の音色が聞こえてきそうである。
 舞台の袖で身を乗り出す子供たち、真剣に踊りを眺める人びと…。智福じいさんの長寿を祝う賑わいが伝わる。

情報やいま1999年3月号より転載
文・通事孝作さん(竹富町史編集室)
写真提供:竹富町史編集室

20140121-2.jpg



大寒

2014.01.20(月)

s-20140120.jpg

今日は大寒 一年のうちで一番寒い時期です。

このころに汲んだ水は「寒の水」といって、

雑菌が少なく体にも良いとされ、

寒の水で作られた味噌、醤油、酒は腐らないといわれているそうです。

八重山以外では?



田植え

2014.01.17(金)

20140117-01.jpg

石垣島の平田原では、一期米の田植えがはじまりました。作業中に少しお話を聴かせて頂きました。毎年この時期に田植えを行っているそうですが、今年は寒くて大変だそうです。写真下の「苗」は、約15cm程で今から植えて収穫は5月5日の予定だそうです。

20140117-02.jpg




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。