石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2017年 11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

ヤギの子

2010.02.19(金)

近所でヤギのこどもが産まれました。

20100219h01.jpg

たまたま家の近くの草原で出産に出くわしました。
お母さんヤギは草を食べながらかなりの安産。
しれ〜っと出産しているヤギとは対照的に見ているこっちは大感動でした。
産まれてすぐに仔ヤギたちはプルプルした足取りでお母さんのおっぱいを飲みにいきました。
産まれたて、誰も教えてないのに直行。
本能ってスゴイと改めて思いました。

20100219h02.jpg

ここに載せている写真は生後2日目のヤギたちです。
好奇心旺盛の彼らは、石の上をピョンピョン飛び跳ねたり、クワズイモの大きな葉っぱで遊んでみたりしています。
仔ヤギたちのテンションが上がりすぎるとお母さんは、いつもと違った鳴き声で制止させます。
とにかく凄くカワイイです。
いつまでも見ていられる感じですよ。
波照間にはそこらじゅうにヤギがいます。
運がよければ仔ヤギに会えるかもしれませんね。

20100219h03.jpg



イルミネーション

2009.12.15(火)

朝夕は肌寒くなってきましたが日中はまだまだ暑い波照間です。
ですが世はクリスマスモード。
波照間も負けじとイルミネーションです。
農村集落センター前のガジュマルの木ですが

20091215h01.jpg

あたりが暗くなると・・・

20091215h02.jpg

このガジュマル、毎年青年会のみなさんが一生懸命デコレーションしています。
毎回違ったイルミネーションを見ることができます。
クリスマスツリーがガジュマルなんて南国っぽいですね。
集落内にもちらほらイルミネーションを見かけるようになりました。

20091215h03.jpg
20091215h04.jpg
20091215h05.jpg

小さな子どものいる家はイルミネーションしていることが多いようです。
いくら暑くても子どもにとってXmasはワクワクするイベントですからね。
南半球のようにサーフボードでサンタさんが来ても、島では違和感ないかもしれないですね!



すむずれ祭

2009.11.17(火)

去る11月14日に波照間のデイサービス「すむずれの家」による『すむずれ祭』が開催されました。

20091117h01.jpg

会場である農村集落センターの外には様々な屋台がならびました。
会場の中では、じーちゃん、ばーちゃん達の書いた習字やすむずれの家での活動風景の写真の展示、紙で製作した毬、サンニンで作ったホウキ、アダンの葉で作った草履の販売を行い賑わっていました。

20091117h02.jpg
20091117h03.jpg

昼すぎからは会場での舞台発表です。
「波照間島節」の三線で座開き。

20091117h04.jpg

すむずれの家の三線サークルのじーちゃん、ばーちゃん達の演奏です。
その後は、幼小中学校の生徒達の歌や踊り、古謡や踊りなど各サークルの発表、余興と盛りだくさんのプログラムでした。

20091117h05.jpg

じーちゃん、ばーちゃんみんなニコニコ笑っていてイキイキしていました。
年に1回ですが、こんな風にみんなと会っておしゃべりして人前で発表する機会を作ることは大切なんだなと思いました。
来年の「すむずれ祭」に向けてがんばって練習してね!
そしていつまでも長生きしてください、じーちゃん、ばーちゃん!!



季節はずれ

2009.10.20(火)

今から4ヵ月ほど前、ちょうど日本の一般的な暦で初夏のころ波照間はヒマワリが満開でした。

20091020h01.jpg

そして時が経つにつれ、花が枯れ、種を付けて立ち木のような姿に変わり、土に返りました。

そんなヒマワリ畑だったところに・・・

20091020h02.jpg

新しい命を見つけました。
落とされた種から発芽した様です。
こんな時期に大きくなって花は咲くのかな。
秋の波照間、日中はまだまだ暑いですが、季節はずれのヒマワリの花が咲くのをひそかに楽しみにしています。



ムシャーマ

2009.09.15(火)

去る9月2日にムシャーマが行われました。

20090914h01.jpg

ムシャーマとは旧暦の7月14日のお盆の中日に行われる波照間島を代表する祭りです。
仕事よりも学校よりも優先される行事です。
なので、島の小中学校はお休みになります。
豊作、豊漁を祈願する「豊年祭」とお盆の「先祖供養」を合わせたこの地方でも独特の祭りです。

20090914h02.jpg

ムシャーマは西組、東組、前組と3つの組にわかれ、各組が仮装行列や芸能を奉納します。
祭りの始まりは、仮装行列からです。
「五穀豊穣と幸福」をもたらすとされている神「ミルク」を先頭に、まみどうまや稲摺り節など様々な衣装に身をまとった人たちが、それぞれ三線の音にのせて踊りながら歩きます。

20090914h03.jpg

すべての行列がゴールである公民館に到着すると棒術、テーク(太鼓)の奉納です。
長刀や鎌などを使って大きな掛け声とともにやる戦いは何度見ても迫力満点でムシャーマの花形的存在ではないでしょうか。

20090914h04.jpg

お昼をはさんで午後の部です。
午後は舞台でのブドゥリ(舞踊)、コンギ(狂言)からです。

20090914h05.jpg

長い練習期間を見てきているので、発表会を見ている気分でドキドキでした。
ゆっくり、ゆーーっくりな琉球舞踊と、波照間方言のみで演じるコンギは見ごたえがあります。

20090914h06.jpg

全組の舞台奉納が終わると、獅子ん棒と獅子舞の披露があり、帰りの行列があります。
今度は公民館から各組の会館までです。

20090914h07.jpg

各会館ではもう1度、棒術、太鼓などの披露があります。
棒をやる人たちは、1日に何度も披露するのでものすごい体力が必要です。練習も一番長いのではないでしょうか。

20090914h08.jpg

こうしてムシャーマは終了となります。

仕事、ムシャーマ準備、生活のすべてを同時にこなさなければならないこの時期皆さん毎日クタクタになってました。
その分終わった後の充実感はすごいものです。
本当に皆さんお疲れ様でした。

20090914h09.jpg




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。