石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2007年 2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

大富共同売店

2007.02.28(水)

大富共同売店

大富共同売店は、西表でただ一つ残る共同売店です。
おじぃおばぁの取りたて野菜、、おばぁ手作りのサーターアンダギーやカゴ、地元のお茶、島産米、黒紫米など、季節には島ラッキョウ漬け、カーナ(海草)なども並びます。
島土産を探しにお立ち寄りください。
ゆんたく、情報収集もできますよ。



やぎ草当番

2007.02.27(火)

やぎ草当番やぎ草当番

波照間中学校にはヤギがいます。
生徒が飼育していて、えさの草やり当番を「ヤギ草当番」と言うようです。
5匹いるヤギのえさは結構な量で、ヤギが喜ぶ草や木を集めるのは大仕事のようです。
生徒の数も20名ちょっとなので、グループを作り5人ずつに分かれていますが、順番はまたすぐにやって来ます。
このヤギは、飼育を通して命の大切さを知ろう!という目的かと思っていると生徒が「大きくなったら売って、そのお金で生徒会で好きな物を買えるんだ」という答えに驚きました。
以前、通りかかると生徒達がヤギの出産を介助していました。
先生はいません。
生徒の方がヤギを良く知っているのです。
「時間かかりすぎてるからさ、引っ張って出した方がいいんでない?」「げ!こいつ逆子じゃん!だから遅いんだよ!」と言いながら手を突っ込み子やぎの脚を引っ張り出し、母親がなめないので羊膜を破ってやる子供達に正直圧倒されました。
私よりずっと頼りになる!内地でもこういう活動が増えたら良いに、と思いながら帰りました。



貴重な固有種

2007.02.26(月)

貴重な固有種 今年も海岸の断崖地にヨナグニイソノギクが美しい花をつけはじめました。貴重な固有種なのですが、最近はずいぶんと少なくなっています。土砂崩れなどによる自生地の崩壊、野生化したヤギによる食害が主な原因ですが、観賞用の採集も見逃せません。野生の植物は自然の中でこそ、その美しさが映えるもの。花壇や鉢植えにするために採集することは、絶対に慎まなければなりません。


>与那国島の特産品・おみやげ・本



リサイクル

2007.02.23(金)

リサイクルリサイクル

この絵、何で描かれているかわかりますか?
そうです。缶ジュースのふたです。
いま小浜島でもゴミ対策について話し合いなどがもたれています。ゴミをゴミでなくしリサイクル運動を。
一人一人のちょっとした心遣い、気配りからはじめたいです。
このシリーズのはじめの小浜島の漂流物の問題も大きいですが、いま島にいるあなた、一人ひとりが意識して行かなくてはいけません。
いま、港の待合所の周辺からもゴミ箱は撤去され、観光に訪れた方、お仕事で通われている方々へは、お持ち帰りをお願いするポスターがはり出され、協力をお願いしています。
でも、現状はとても厳しいところです。
このページを見たあなただけでも密かにご協力お願いしなす。
きっと良い旅、良い仕事ができますよ。



旗頭

2007.02.22(木)

旗頭

18日に旧正月を迎え、黒島では旧正月関連行事が続きました。
写真は東筋で旧正月に実施される綱引きの時に登場した旗頭です。写真は綱引きを終え、旗頭をカシラムトゥーという家に戻すところです。
この旗頭は東筋の當山家のもので、伊古桟橋が完成した時、落成を祝った渡り初めの為につくられたものです。
旧正月も終え、黒島はいよいよ25日の日曜に迫った牛まつりモードに切り替わります。



島バナナ一座

2007.02.21(水)

島バナナ一座島バナナ一座

おおとみ保育所のおゆうぎ会がありました。
毎回、年長児うさぎ組の父母も舞台に立ちます。
父うさぎは、白鳥のチュチュでウチナーグチ・ラジオ体操を(!)母うさぎたちは紙芝居(?)を披露。
「仲間川のほとりの大富が、まだジャングルだった昔。キジムナーを先生に、生き物たちが集まって、おおとみ保育所のはじまりはじまり〜」というお話を書き、描きました。
みんなで創り、演じ、喜んでもらって楽しかった!母うさぎ仲間たち、おつかれさま!

これを機に「島バナナ一座」旗あげしまーす!



1人でも多くの命を救え!!

2007.02.20(火)

1人でも多くの命を救え!!1人でも多くの命を救え!!

ベスマ(我が島)は他の離島同様、海に囲まれているので、海の事故は避けられません。
そして、緊急救命病院などもないため、住民の知識が命を左右する事もあるのです。
この日、ドクター最南端こと野中崇広先生が県内から先生方を呼び寄せ講習会が開かれました。
心肺蘇生法や、A.E.D(自動体外式除細動器)の使い方などを学ぶ住民の目は真剣で、参加者の多さに感心の高さが伺えました。
事故が起こらぬよう祈っていますが、講習を終えた人達が頼もしく、また1歩住み良い島に近づいた気がしました。

【写真提供:野中崇広】



与那国島でフラダンス

2007.02.19(月)

与那国島でフラダンス与那国島でフラダンス 島で行われるイベントに欠かせない存在となったフラダンスチーム。2月18日に保険センターにて発表会がありました。小さな子どもたちも、可愛らしいダンスを披露。今年もみんなを楽しませてくれそうです。


>与那国島の特産品・おみやげ・本



キビ刈り体験

2007.02.16(金)

キビ刈り体験キビ刈り体験

(社)北海道てん菜協会のメンバーが、小浜島のキビ刈り体験を行いました。今回で2回目。
受け入れさきは、(有)小浜島ファーム。島の民宿(だいく家〜)に宿泊し、午前中は島内観光で午後からキビ刈り作業。
ハードな作業だが、メンバーは「大変だけど楽しくできました」と夜の懇親会での感想あり。
また、この体験を北海道の家族に話したところ、娘さんが、1週間ほど体験希望。もちろん受け入れO.K!
厳しい仕事だけに体験後の達成感も大きい。



豊年祭の日程決まる

2007.02.15(木)

豊年祭の日程決まる

先日、黒島公民館の役員会が実施され、今年の黒島豊年祭の開催が8月5日で決定しました。
豊年祭の日程決定には、神役の意見、郷友会の意見、旧暦といろいろと検討しなければなりませんが、今回の日程決定の最大の要素となったのは潮でした。
舟漕ぎがある黒島の豊年祭は大潮では実施出来ないそうです。




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。