石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2007年 3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

投網のてっちゃん

2007.03.29(木)

投網のてっちゃん

毎夕、投網を投げている宮良哲行さん(60)は、島ではてっちゃんと呼ばれる人気者です。
獲った魚は「今晩の酒代です」と、獲物を持参して各家を飲み歩いています。
今はミジュンが投網で獲れる時期です。
島では魚が食べたくなったら、「今晩来ないかなぁ」とてっちゃんの来訪を待っています。



避難場所

2007.03.28(水)

避難場所

大富林道へと続く農道に大富地区広域避難場所が広場として整備されました。
ヤシや果樹を植えベンチを設置。住民総出でペンキを塗り、芝を張りました。
灰色の雑用水タンクも大原中生の壁画で美しく変身。残り四面には私が開拓時代の暮らしや自然を描く予定。
西表縦断や亜熱帯林観察路、展望台への通り道ですから、どうぞ一休みしてください。
キビ畑、集落の向こうに海を見渡す憩いの場です。



みなさまおつかれさまでした会

2007.03.27(火)

みなさまおつかれさまでした会みなさまおつかれさまでした会

日曜日に中学校の体育館にて「みなさまおつけれさまでした会」が開かれました。
この日は一般の観光客なども観に来ていました。
もうすぐ中学生になる子供達、波照間を離れる先生や診療所の先生も自分の思いを胸に歌いました。
演奏が終わると、本当に最後なんだな、という思いが高まり先生を囲み、なんだかしみじみとした雰囲気に私まで悲しくなってしまいました。

今まで一緒にいろんなことがありました。またぜひ遊びに来てくださいね!
波照間を忘れないでねー!



プレタポルテ衣瑠都

2007.03.26(月)

プレタポルテ衣瑠都 島の仕立てやさん「衣瑠都(きると)」ズボンの裾直しから、伝統的な織物を使ったシャツ、お遊戯会の衣装に、運動会のゼッケン・・・その営業品目は幅広く、オーナーの田頭瑠都さんは連日大忙し。今年から新デザインになる中学校の制服は衣瑠都が手がけたもの。学校や保護者との話し合いを重ねながらデザインに頭を悩ませ、ようやく完成させた田頭さんの表情は充実感でいっぱい。これからも頑張って下さい!


>[特集]与那国の若者



頼もしい3人

2007.03.23(金)

頼もしい3人

今のこの時期、(もうそろそろ終わりだけど)キビ刈り真っ最中!
ちゅらさんのおそろいのTシャツを着た3人(八重山高校1年2組)キビ刈りの手伝いに来てくれた頼もしい3人。
でもやっぱり炎天下での作業はきつかったんでしょうね。バテぎみ。でも、気持ちがうれしい。
きび刈り体験受け入れています。

【問い合わせ先】(有)小浜島ファーム 090−7926−9055

いろいろ条件とか簡単な約束事のような事があるようなので、興味のある方、体力のある方、まずはお問い合わせしてみて下さい。



潮干狩り

2007.03.22(木)

潮干狩り

きのうは大潮で潮がよく引き、晴天だった為に多くの島民が海へ繰り出しました。
今シーズンは遅れ気味と言われたアーサも今が最盛期のようです。
ギーラ(シャコガイ)やキラジャー(マガキガイ)、魚などを獲ってくる人も多く、島の食卓は海の幸でにぎわっています。
きょうも潮の引く午後には多くの島民が海へ出かけることでしょう。
畜産や民宿など、時間の調整が付けられる自営業が多い島の特権かも知れません。



海ざらし

2007.03.21(水)

海ざらし

機織りの紅露工房で、藍染と仕上げの海ざらしを体験しました。
藍の命をうつした青を海が美しく定着させるのです。

自然の力はすごい!

人が作り出せないもの「自然」を「神」と敬い感謝した先人たち。
自然に生かされ、自然を生かすその暮らしと智恵を受け継いでいきましょう。



春をはこぶコンサート

2007.03.20(火)

春をはこぶコンサート

波照間から春を告げるコンサートが開かれました。
島での唯一の習い事の教室をしている大泊君子先生主催のピアノ教室の発表会です。
この日は友情出演に波照間中学校のみなさんと八重山高校に進学した島の子供の演奏もありました。
毎年のこのコンサートを楽しみにしているのは父兄だけでなく、大勢のおじぃやおばぁが詰めかけました。
赤ん坊を抱きながら隅の方で聞く人や友達同士で聞きながら「私もピアノ弾いてみたい」と話す幼稚園児もちらほら。うちの子も興味深々でした。
内地では選ぶほどあると思いますが、この島では貴重な、 あってくれて良かった習い事の教室です。



春は出産シーズン

2007.03.19(月)

春は出産シーズン春は出産シーズン 与那国馬が出産シーズンを迎えています。東牧場(東崎)や北牧場では誕生したばかりの可愛らしい子馬を見ることができます。無邪気に飛び跳ねていたら、思い出したようにおっぱいに飛びつく仔馬。見ていて飽きません。ここのところ、冬に逆戻りしたような天気が続いていますが、病気などせず元気に育ってほしいものです。


>与那国島の特産品・おみやげ・本



朝のあいさつ

2007.03.13(火)

朝のあいさつ

波照間小、中学校では「げんきにあいさつできる子供」を目標に掲げています。
人口600弱のこの島ではほとんど知らない顔がいないので、子供達に会うと大きな声で「おはようございます」とあいさつしてくれとてもうれしいです。
あるおじぃやおばぁは通学時間になると道に立ち、子供達があいさつしながら学校へ向かう姿を見るのが楽しみになっていると聞きました。

うちのお客さん(星空荘という民宿をしています)は「朝、小学生に『おはようございます』って言われて驚いちゃいました。こっちの子供は誰にでもあいさつできるんですね。私の住んでる所じゃあいさつすると無視されちゃいますよ。感動しました!」と言って喜ばれていました。
今朝、子供達が校門に立ってあいさつしていましたが「〜にいにいおはようございます」「〜ちゃんおはようございます」と全校生徒、先生を名前付きであいさつしていたのでさらに驚きました。

ちなみに先生は全て名字ではなく名前で呼ばれています。
校長先生も同様で、こんな親近感のある学校、私も通いたいーと思ってしまいました。




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。