石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2007年 4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

無形文化財

2007.04.27(金)


今度、小浜島の三大行事、結願祭、種取り祭、旧盆が国の無形文化財に指定された。
その祝賀会の様子です。
先人の残した、伝統文化を受け継ぎ、守り、伝承してきた事への評価だと受け取り、今後は、これまで以上に気持ちを込めて踊り、謡い継がれることでしょう。
また、その行事に参加するためには、これもまた、先人の残した手仕事、機織りも伝承されていくことでしょう。
観光の予定がある方、この行事の時期を調べ、合わせて予定するのも、小浜島の観光の一つですよ。



公民館総会

2007.04.26(木)


黒島公民館の総会が22日に開催されました。
又吉智永館長の続投が全会一致で決定しました。その他の役員は又吉館長が調整中です。
島の公民館の役割はとても大きく、島の行事なども公民館によって運営されています。
前年度は台風や火災など辛い出来事もありましたが、新年度は明るい話題の多い年になって欲しいと思います。



キジムナー

2007.04.25(水)

キジムナー
キジムナー

島の幼稚園は自然がいっぱい。入園式のその日から木登りするキジムナーたち。
掘りたてにんじんをうさぎとにわとりにやって、お土産に卵をもらいました。
ヤギもガーガーもいる原っぱみたいな園庭。飽きることなく遊び続ける子どもたち。楽しそう!、、、
なんだけど、お迎えの母たちはお腹ぺこぺこ。おべんと持ってきて木陰でピクニックしようかな。



久々の開花

2007.04.24(火)

久々の開花

近年、デイゴの立ち枯れが騒がれていますが、波照間島も他の八重山同様、デイゴの咲かない年が続いていました。
子供達は金時豆に良く似たデイゴの実を拾い集めるのが大好きなので「デイゴの実、なくなっちゃったね」「また沢山拾いたいなぁ」と良く話していたのですが、今年は赤い花がちらほら咲き始めました。
「お花がいっぱい咲いたら、いっぱい実がなるんだよね。だからいっぱい咲いて欲しいなぁ」と今から子供達は楽しみにしています。



ミヤラヒメヘビ

2007.04.23(月)

ミヤラヒメヘビ
与那国島には4週類のヘビがいますが、そのうち2種が与那国島でしか見られない固有亜種です。そのひとつが、日本有数の珍ヘビ、ミヤラヒメヘビです。 1958年に、当時、与那国島測候所に勤めておられた宮良孫幸さんが初めて発見し、その後の発見例も僅かという珍しい種です。石や倒木のしたなどに潜み、ミミズなどを食べているようです。

>大仲浩夫著「八重山の自然歳時記」



うふだき会

2007.04.20(金)

うふだき会うふだき会

小浜島では、月に1度、竹富町社会福祉協議会とボランティアグループ「うふだき会」の協賛で島のお年寄りたちのデイサービスを行っています。
普段おうちにこもり気味のおじーちゃんおばあちゃんがふれあいセンターに集い、歌やおどり、手遊び、物作り、食事会を通して、楽しく過ごす時間を設定している。
この日は、今年度最初の会の日。入会者の3人は恒例の花嫁衣装を身につけ、記念撮影。どうです。80歳には見えないでしょう。すてきでしょう。このドレスは、ボヌール美容室の提供、お古ですが。
最初は、恥ずかしいと照れつつも、出来上がった自分の姿に本人達はもちろん、おもしろ半分に見学に来ていた家族、お友達、その他の会員、「すてきだね」「アパリータルナー」と中には、目頭を押さえる姿も・・・。
小浜島のじいちゃんばあちゃん、いつまでも元気で、長生きしてね。



野球チーム誕生か

2007.04.19(木)

野球チーム誕生か

最近の島の小学生は野球を知りません。人数が足りないからです。
4月、石垣島から転校生がやってきました。彼は石垣島で少年野球チームに所属していました。
彼の影響で島の子どもたちが野球をするようになり、高校時代に野球部経験を持つ島の青年たちの指導を仰いで練習に励んでいます。
女子児童や保育園児もまざっている練習風景は可愛くて笑えます。
最初は打って三塁に走った子どももいましたが、今では野球を理解し、着実に上達してきています。



浜下り

2007.04.18(水)

浜下り

旧の三月三日の浜下りの日、子どもたちの学校は半日。十六日祭も同様です。
その「お知らせ」には行事の由来も記されています。他府県からの親も多いので、子どもと一緒に八重山の伝統行事を学べる「お知らせ」です。
「海に行っといで」なんて、のどかでいいな。
さあ、女の人はコッカルーにならないよう、潮に足をつけに行きましょう。モズクに貝、タコ、ギーラ、リーフ釣りと楽しみはいっぱい。
浜下り前日、マイナス潮に暴風となりがっかりですが、もしかしたら家庭訪問のため、めずらしく大掃除した私が降らせたかも、ごめんなさい。



ハング

2007.04.17(火)

ハング

皆さんは「ハング」という楽器をご存知でしょうか?
私は聞いた事も見た事もなかったので、「ハングを弾ける」と言われても???でした。
写真のひっくり返した中華鍋のような、UFOのような物がその「ハング」です。
そして、その見た事も聞いた事もない物を弾いて下さっているのが「シマカワ ユウヂ」さんです。東京の北千住駅最寄りの「COSMIC SOUL」と言うBARを経 営していらっしゃるそうで、「波照間には1分でもいいから訪れてみたかった」という素敵
なアーテストです。
見た目も不思議なら音も不思議なこの楽器の繰り出す音楽に、島のオバァもしばし聞き入っていました。ちなみに後ろに写っているのが,1年目にして初公開のうちの店「仲底商店」です。
波照間にお越しの際はぜひお立寄りください。



ヤモリ

2007.04.16(月)

ヤモリ
暖かくなり、(暑くか?)、夜になると部屋のどこからか、「ケッ、ケッ、ケッ・・・」という奇妙な声が聞こえてくるようになりました。正体はホオグロヤモリです。屋内外を問わず、島全体に生息しています。与那国島には4種類のヤモリが分布していますが、ホオグロヤモリは尾にトゲ状の突起の環があることで区別することができます。


>与那国島の特産品・おみやげ・本




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。