石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2007年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

ムシャーマ

2007.08.28(火)

hte20070828-1.jpghte20070828-2.jpg

今年は、ムシャーマに歌手のおおたか静流さんが参加して下さいました。
美しい衣装で仮装行列に並んだおおたかさんは、すぐに写真撮影の的になっていました。
年々、人数が減る行列の仮装は飛び入り参加も可能です。
最近は前日から島に入り、練習に参加してムシャーマに出る観光客も増 えています。
だいたい1週間前になると各部落の会館で、毎日踊りの練習があります。
それを目当てに来るお客も大勢います。
それぞれの楽しみ方があるムシャーマですが、来年ぜひ参加してみて下さい。
見物よりも何倍も楽しめる事請け合いですよ!

ところで明日の29日は、おおたか静流さんのチャリティーコンサートが波照間小学校体育館で行われます。午後2時30分より子供の部、夜8時より大人の部です。この収益金は島の子供達に全て寄付されます。皆さんお待ちしています!

詳しくは、星空荘0980−85−8130 までお待ちしています!

 



満産祝い

2007.08.23(木)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨夜、仲本で老舗の民宿「みやよし荘」を営む3代目、宮良哲倫(あきのり)さん、美帆(みほ)さん夫婦の間に誕生した女児の満産祝いが催されました。

主役の名前は宮良苑海(そのみ)ちゃんと命名されました。産まれたのは1か月前の7月22日で、竹富町球技大会が開催された日でした。黒島では2年連続で球技大会の日に赤ちゃんが誕生しています。「みやよし荘」は、夜遅くまでお祝いに駆けつけた島民の声でにぎわっていました。



ムシャーマそしておおたか静流チャリティーコンサート

2007.08.21(火)

hte20070821-1.jpg

波照間島に一番忙しい季節がやって来ました。26日は旧盆のムシャー マがあります。
仮装行列に始まり、狂言(コンギ)などの演目が続く楽しい日です。今年はムシャーマの前に「浄化をしているのかねぇー?」とみんなが口々にいうほどの風や,雨が降りました。大地を清め、祭事に備えているのでしょうか?
それにしても内地の異常気象が気になります。

ムシャーマの日は島民みんなで島の、八重山の、地球の神様に心からの感謝を届けたいと思っています。

hte20070821-2.jpg

さて、ムシャーマのすぐ後、29日の夜20時から、波照間小学校において「おおたか静流チャリティーコンサート」を行います。

島の子供は学校行事の際に常に移動費がかかるため、なかなか行事に参加できません。
そんな事情を察したおおたかさんが、島の子供達の為にチャリティーコンサートを開いてくれるのです。収益金は全て,波照間の保育所、幼小中学校に寄付されます。

この日はおおたかさんのオリジナル商品のバザーもあります。なんと今までに使ったコンサートの衣装の一部も販売するそうですよ!私もとても楽しみです。ぜひ皆さんコンサートに来て下さいね。そして沢山買って下さいね!

よろしくお願い致します〜



ヨナグニサン注意報 発令中!

2007.08.20(月)

yna20070820.jpg

林道上で死んでいたヨナグニサン。前ばねの片方が折れて死んでいます。
おそらく交通事故にあったのでしょう。光りに誘引される性質があるため、車のヘッドライトに飛び込んでしまったのだと思われます。
8月中下旬は成虫の発生期です。
近年は個体数もずいぶん増えて、夜のドライブで出会うことも多くなりました。
もしも遭遇したなら、ヘッドライトを消してあげて下さい。すると彼らは方向感覚を取り戻し、森へ帰ることができます。



>与那国島の特産品・おみやげ・本



相次ぐ船の欠航

2007.08.14(火)

hte20070814-1.jpghte20070814-2.jpghte20070814-3.jpghte20070814-4.jpg

熱帯低気圧の影響が長引き、ここのところずーっと波照間の船が欠航し ています。どのくらいかと言いますと、約1週間。その間での出航は10日の11時の安永観光の1便のみでした。当然島には、帰れないお客さんが溜まり、中には日帰りしようと思ってハンドバック1つで来たけれど、帰る事が出来ずに着たきりスズメになっています!という女性もいます。

もちろん物資も止まり、売店には品物がなく、食堂もできないメニューだらけ。飛行機も天候不良でずっと欠航続き(こちらも1週間)。

そして、11日,12日に予定されていた竹富町のぱいぬじま祭りは、なんと波照間島へのチャーター便が欠航したため波照間からの参加ができませんでした。

せっかく棒術を練習したので、12日の夕方6時からムシャマ公園にてお披露目がありました。天候不良を吹き飛ばすかのような棒術で、少しは改善してくれる事を祈ります。



今年3回目

2007.08.13(月)

yna20070813.jpg

被害もなくあっという間に通り過ぎていった台風6,7号。
 
カラカラに乾いていた与那国島に恵みの雨をもたらし、通過後もぐずついた天気が続いています。この雨が刺激になったのか、ヨナグニサンの羽化が始まりました。                               今年、3回目の成虫の誕生です。



>与那国島の特産品・おみやげ・本



アンガマー練習

2007.08.09(木)

kro20070809.jpg

きのう、旧盆のアンガマーに向けての集まりがありました。5日に豊年祭を終えたばかりですが、今週末は、ぱいぬ島まつり、来週は台風で延期になったセリがあるなど、アンガマーの練習時間を確保するのは厳しい状況です。              

しかし、去年までアンガマーの中心メンバーだった青年を、3月の火事で亡くした黒島青年会は、天国から見守る彼に笑われないように、しっかり練習に励もうと誓ったのでした。



もうすぐ、ぱいぬ島まつり

2007.08.07(火)

hte20070807-1.jpghte20070807-02.jpg

今週の11日12日は、竹富町のお祭り「ぱいぬ島まつり」が西表島にて 行われます。

波照間島からは「棒術」を披露する為に連日、むしゃまー公園にて練習 が行われています。
夜8時過ぎに聞こえる「へや、はー」のかけ声を合図に子供達が家を飛 び出し、棒術を練習しているお父さんの横を走り回っていました。
11日の前夜祭には花火も行われるので、ぜひ子供達に見せてあげたいと思っています。



大綱引き

2007.08.06(月)

yna20070806-1.jpgyna20070806-2.jpgyna20070806-3.jpg

昨日は祖納集落の豊年祭がありました。
新しい公民館役員で執り行われる今年は、大綱引きがありました。
 
まずは、東公民館から西公民館へ五穀を手渡す儀式があり、それを西公民館長が十山神社へ奉納したあと、10分3本勝負の熱い戦いの始まりです。
 
結果は2本連続で東組の勝利。
圧倒的な力で大綱の中心点は東の陣地へ引きずり込まれました。その上で勝利を喜ぶのは久部良の稲作農家、前粟蔵棒明さん。久部良に住む人たちは東組に参加するのが習わしです。
 
午後からは十山神社で奉納舞踊が披露されました。

 




>与那国島の特産品・おみやげ・本



珊瑚の白化

2007.08.02(木)

kro20070802.jpg

各地で高水温によるサンゴの白化現象が確認されているようです。写真は、黒島のシュノーケリング人気ポイント、仲本海岸で白化が確認されているサンゴの写真です。

黒島研究所によると、研究所前の海岸のほうはもっと深刻な白化が起こっているとのこと。黒島研究所前の海岸にあるの海水取水口付近の海水温は32度、研究所にくみ上がって水槽に配水される水温は36度にまで上昇し、生物の飼育が困難な水温にまで達し、深刻な事態にまで陥っています。

昨年の被害を思うと、あまり大きな声では言えませんが、台風に接近してもらい、海水をかき混ぜて水温を下げて欲しいところです。

【写真提供:黒島研究所




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。