石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2008年 10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

優勝商品は?!

2008.10.28(火)

20081028h_-01.jpg

波照間島島民大運動会が行われました。

その中での種目、「職域リレー」に出場して最終的に1位のチームがじゃんけんで争った結果、優勝したチームにはなんと、商品として「やぎ」が贈呈されました。

今回優勝したチームは民宿のお客さん、原 仁さん、西本剛さん、木村翔さん、松隈純さんです。
みなさん島の人ではないので、商品をどうするのか?と思い質問したところ「波照間中学校に寄付して、中学校で何かの費用の足しにしてもらいます。」と、とても嬉しいお返事でした。

波照間島は離島の中でも遠いので、なにか行事がある度に費用がかさみます。
そんな中快く寄付して下さったみなさん、本当にありがとうございまし た。
またぜひ、波照間島でお会いしたいですね!!



シティ

2008.10.27(月)

yna20081027-1.jpgyna20081027-2.jpg

昨晩、与那国島ではシティ(節祭)が行われました。
獅子舞が集落内を練り歩いて厄や悪霊を集め、最後は海から諸々の厄を、海の彼方にあるといわれるアンドゥヌチマへと送り出します。

yna20081027-3.jpg




>与那国島の特産品・おみやげ・本



イソマツ満開

2008.10.20(月)

20081020y-01.jpg

秋晴れのさわやかな日が続く与那国島です。
海辺の石灰岩は、イソマツの花で紫紅色に染められています。

20081020y-02.jpg

ただでさえ条件の厳しい海岸地帯、加えて度重なる台風の接近。
それでも、こんなに見事に花を咲かすとは。
元気の湧いてくる南国の秋の風景です。
 

>大仲浩夫著「八重山の自然歳時記」



おもしろ科学実験!!

2008.10.07(火)

20081007_-01.jpg

曽我部國久さんがベルマーク教育助成財団の「実験名人ベルマーク教室」の為に波照間島にやって来ました。曽我部さんは島根大学特任教授と出雲科学館館長を勤めている科学の達人です。
出前実験教室で全国を飛び回る曽我部さんは現在65歳。
100メートルを15秒台で走り抜けるスーパーおじいちゃんです。
睡眠はなんと、一日平均3、4時間!!というのですから、ほんとにすごい。
現在、理科離れが叫ばれるなか、幼稚園児でも3時間の実験に食い入るように見つめ続け、大人も子供も目がキラキラしっぱなし。
実験が終了したのはなんと、お昼の1時40分を超えていました。
その間、中学生から幼稚園児まで、誰も「おなか、すいた〜」なんて言わなかったのです。
誰です?低学年の子が30分集中するのは難しいなんて言ってるのは??

20081007_-02.jpg

ヘリュウムガスで、変な声になってみたり、液体窒素に花を入れてかちんこちんに固めてみたり、マシュマロを漬け込んで、冷た〜くしてから食べてみると「マシュマロじゃないみたい!」
外はぱりぱりで中はモッチリの不思議な食感でした。
床に液体窒素を流してみたらどうなるのか?
酸素の入った風船に火をつけたり、水素の入った風船に火をつけたり。
空気も量が増えると抵抗が増す実験など盛りだくさんです。
電子レンジの怖さを教える為に、レンジの中に電球と蛍光灯を入れてスイッチを押すと、電気の線が繋がっていないのに明かりが灯ります。
栄養素の物質で出来た繊維を入れたら、まるで花火大会でした。

20081007_-03.jpg

「これを食べ物にやってるんだから、体に良いわけが無い!食べ物の栄養が全部死んで、空っぽのスカスカになってるんですよ。」
わたしは、レンジが気持ち悪くて使っていませんが、こういう事実を公開しない世の中はやはり恐ろしいと思いました。
いろんなスポンサーなんかが、もみけしてしまうのかなぁ???
牛乳が体に良いってのと同じだなぁ、、、などと考えてしまいました。
テレビは広告を出しているスポンサーで成り立っているので、スポンサーの立場が悪くなる事実は放送されないそうですね。

そして、実験の面白さだけでなく、曽我部さんの凄い所は「叱る」こと。
「集中して話を聞かないと、他の子にも迷惑がかかる。もちろん自分が一番困る。早くできるのが良いんじゃない。人の話をしっかり聞く事が出来る子供は、集中力が違うから、想像力もフル回転させている。だから、話を聞いているときの姿勢を見たら、大体のその子の成りが分かってしまうよ。」
「先生、幼稚園児でも、手伝わなくっていい。子供は自分でできる力があるんだから」
ガンガン遠慮せずに言いきる曽我部さんは、むしろ大人も子供も区別せず、一人の人間としてしっかり認めてくれているように思えました。

最後に全員で細長い風船を膨らまして,手を放し天井高く飛び上がった風船に興奮していた私たちに
「今飛ばした風船は、一つとして同じ方向に飛びませんでした。それで良いんです。みんなも一緒。みんな違って当たり前。違うからこそ、次に何が起こるのだろう?って発想できる。だから、怖がる必要なんてないんですよ。目の前で起こる事に怖い事なんてないんだから。むしろ、何が起こるのかワクワクしてて欲しい。」
と、目を輝かせている原石のような子供達に伝えて下さいました。



運動会シーズン真っ盛り

2008.10.06(月)

20081006y01.jpg

4日は久部良小学校、5日は与那国小学校と続けて運動会が開催されました。
年々減少を続ける児童数ですが、秋晴れの下、子供たちの元気な声が響き渡りました。
来週は比川小学校が運動会の予定です。

20081006y02.jpg

写真の演技は久部良小学校のハーリー祭、与那国小学校のエイサーです。



>与那国島の特産品・おみやげ・本




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。