石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2009年 11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

カラス出没!

2009.11.30(月)

11月23日、久部良漁港近くの公園で、何と!カラスが現れました。
なんだカラスぐらいで・・・
そう思われるかもしれませんが、不思議なことに与那国島にはカラスがいないのです。
八重山に一般的にいるのは、オサハシブトガラスという種類です。
数年前までは与那国にも2羽のオサハシブトガラスがいましたが、いつの間にかいなくなってしまいました。
さて今回のカラスですが、一見してオサハシブトガラスより小柄なのが分かります。
ミヤマガラスという種類のカラスで、九州では毎年冬になると群れで渡ってきますが、沖縄地方まで渡ってくるのは稀な冬鳥です。
2週間ほど冬型の天気が続いていたので、きっと強い北風に押されて与那国島までやってきたのでしょう。

20091130y01.jpg


>与那国島の特産品・おみやげ・本



近くて遠い石垣島

2009.11.28(土)

先日、泊まりで石垣へ。

20091128ir01.jpg

この時期に西表島へ来られた方は分かると思いますが、上原航路は非常に海が時化る日が増えます。
酷すぎて、欠航になることも当たり前。
その日は東北東13mの風が吹いていました。
ということは波は3m近くなっている。
特に上原から石垣へ向かうときは激しいなぁ。
と予測されます。
島人には自然とこうした感覚が身についているようです。
それは、わかっていても北から押し寄せるウネリの高さに心が落ち着かない。時折速度を落とし、ウネリを乗り越える。夕暮れの船旅は暗黒の海色と波を叩きつける船体と、はるか遠くに見え隠れする石垣島が寂しく見えるものでした。
石垣島に着くと、街の明かりが優しく疲れた身体を包んでくれました。

20091128ir02.jpg

翌日朝一便での帰りの船からは、美しい朝焼けと虹が迎えてくれました。
近くて遠い石垣の旅でありました。

20091128ir03.jpg


>西表島の特産品・おみやげ・本



千葉ロッテ秋季キャンプ

2009.11.27(金)

千葉ロッテがキャンプに来ているから見学に行ってみた。

20091127is02.jpg

着いたらすぐに練習は終わり・・・
『投手陣はまだやってるよ』という情報を入手して行ってみると。

20091127is01.jpg

ちょうど終わりの合図・・・
明日また行ってみよう・・・すると雨。
晴れの日はオフ・・・
そのまま見れず終いで帰って行きました・・・
春を待ちます。


>石垣島の特産品・おみやげ・本



幻の逆さ滝?

2009.11.20(金)

西表島も北風が吹く時期になりました。
もう11月も三分の二を過ぎようとしており、師走も間近です。どんどんと本州から冷たい風を送り込み、島の僕らにとっては、寒い季節の突入となりました。
シロハラクイナも寒そうに民家を渡り歩いていました。

20091120ir01.jpg

こんな時期でしか遭遇できない「幻の逆さ滝」を見ることができます。
場所は非常にわかりにくいので、ここでは省略いたしますが、この滝は普段は何もないただの岩肌でありますが、大雨が降ると年間通して岩盤を濡らしながら流れ落ちているのを見ることが出来ます。

20091120ir02.jpg

但し轟々と流れているのではないので、岩がなんだか濡れてるな〜程度ですが。
で、そこに北風が強く吹くと、この岩肌を風が天に向かって流れ、そこに滝が当ると出来る現象です。
しかも、丁度岩がVの字をしているので風を集めやすい条件も整っているのです。
こんな現象が見られるのも年に数回?
思わず「Lucky!!」と叫びたくなる滝であります。


>西表島の特産品・おみやげ・本



石垣島まつり

2009.11.19(木)

11月7日・8日
石垣島まつりがありました。

20091119is01.jpg

11月とは思えないほどの暑さの28℃!
市民大パレードでは『熱中症に注意して下さい』のアナウンス。
夜になると涼しくなるか・・・

20091119is02.jpg

夜も25℃以上の熱帯夜、それに会場の熱気も加わって熱い熱い夜になりました。


>石垣島の特産品・おみやげ・本



すむずれ祭

2009.11.17(火)

去る11月14日に波照間のデイサービス「すむずれの家」による『すむずれ祭』が開催されました。

20091117h01.jpg

会場である農村集落センターの外には様々な屋台がならびました。
会場の中では、じーちゃん、ばーちゃん達の書いた習字やすむずれの家での活動風景の写真の展示、紙で製作した毬、サンニンで作ったホウキ、アダンの葉で作った草履の販売を行い賑わっていました。

20091117h02.jpg
20091117h03.jpg

昼すぎからは会場での舞台発表です。
「波照間島節」の三線で座開き。

20091117h04.jpg

すむずれの家の三線サークルのじーちゃん、ばーちゃん達の演奏です。
その後は、幼小中学校の生徒達の歌や踊り、古謡や踊りなど各サークルの発表、余興と盛りだくさんのプログラムでした。

20091117h05.jpg

じーちゃん、ばーちゃんみんなニコニコ笑っていてイキイキしていました。
年に1回ですが、こんな風にみんなと会っておしゃべりして人前で発表する機会を作ることは大切なんだなと思いました。
来年の「すむずれ祭」に向けてがんばって練習してね!
そしていつまでも長生きしてください、じーちゃん、ばーちゃん!!



高松宮賜杯第58回西日本各県対抗九州一周駅伝競走大会

2009.11.16(月)

20091116y01.jpg

今年の目標であった九州一周駅伝に参加してきました。
八重山関係で出場したのは僕と波照間の田福真志選手。
10日間、72区間、1056.2Kをタスキで繋ぐ世界最長の駅伝です。

20091116y02.jpg

残念ながら沖縄県チームは最下位の9位。
僕自身も3区間走り、すべて区間9位と惨敗でした。
力の差があることは初めから分かっていましたが、終わってみれば、何と悔しいことか!
この経験をバネにいっそう精進いたします!

Exif_JPEG_PICTURE


>与那国島の特産品・おみやげ・本



八重山博物館

2009.11.12(木)

先日の体験講座の受講生作品展が行われております。

20091112is01.jpg

ロビー展「平成21年度博物館体験講座 民具・アンツクづくり受講生作品展」


20091112is02.jpg

企画展「島の爐燭らもの瓠叔酳館所蔵の指定文化財展―」
入場無料
11月22日まで開催です(月曜日は休館日)
大切な物がきっとここにあるはずさ・・・
大切な物をもっと深く知っていたい・・・
島人の宝です。


>石垣島の特産品・おみやげ・本



マダラサソリ

2009.11.10(火)

日本には2種類のサソリがいて、その分布域は先島諸島であるそうですが、波照間島にも2種類どちらとも生息しています。身近に見かけるのはマダラサソリ。
頭の先についた1対の細くて長いハサミと、お尻についた長い尾が特徴的で、人家の周辺で比較的よく見られます。箱やカゴを持ち上げたらその下で潜んでいたらしく慌てておろおろ歩き始めたり、トイレや倉庫などのちょっとした隙間に入り込んでいたりします。平べったいので隙間があればどこにでも潜めるのでしょうね。私は築90年を超える赤瓦屋根の木造家に住んでいますが、夜中にぽとっと天井から布団の上に落ちてくることもあり、さすがにそのときは私も慌てふためいてわちゃわちゃします。

20091110h01.jpg

光が当たるとさっさと歩き始めますが、脚やハサミ、尾を縮こめてじっとしていることも。よく観察すると頭についた寄り目の眼がなんだか可愛い。ハサミと尾を伸ばした状態では10センチぐらいの長さですが、縮こまっていると4〜5センチほどとコンパクトになります。

20091110h02.jpg

比較的乾いた環境で生息しているようで、昆虫類を餌としているのでしょうね、ゴキブリを食べているのを見かけたことがあります。サソリというと強烈な毒を持っているようなイメージがありますが、このマダラサソリの毒はそれほど強くなく弱毒性といわれています。私も足の指を刺されたことがありますが、刺された瞬間はチクッ!ズキンズキン!と痛みますが次の日には痛みも痒みもなくなっていました。とはいえ、咬傷による症状は人により程度の差が大きいのでご用心。

20091110h03.jpg

もう1種類のサソリはヤエヤマサソリ。黒くて平べったくてマダラサソリよりも小型です。マダラサソリは私の生活行動圏とかぶっているのかしょっちゅう見かけるのですが、ヤエヤマサソリはなかなか見かけることがありません。どちらかというと森林や木立に潜んでいるのかもしれません。たまに見かけて慌ててカメラの準備をしているうちに逃げられてしまい、今のところ手元に写真はないです。
サソリは南方の暑い国々の生き物という感じがしますが、日本に生息するサソリが2種とも先島諸島に生息するというのは、やはりここが内地よりも南方系に属しているということを実感させてくれます。今日もトイレでしゃがみ込んだら目の前の壁をテケテケテケとマダラサソリが横切っていきました…ここ数日の戻ってきた夏のような陽気が南国ムードをさらに盛り上げますね!



三寒四温?

2009.11.09(月)

一時のあの急激な寒さが去り、島にはまた温かな陽射しが戻ってきました。

20091109ir01.jpg

水温もまだまだ温かく、ついつい波乗りの没頭しております。これからのシーズンは観光客も減り、静かな西表島へと移ります。逆に言えばこれからの時期は静かでのんびり派の旅人にはオススメです。
そして、島に住むものは来年からの準備計画の季節となります。私も島で「異業種交流ゆんたく会」を知人と催し、各事業や働いている人たちがジャンルを超え、交流をもつことでこれからの島の観光を考え提案してゆこう!という企画。
石垣島のように24時間のコンビニもファーストフードや本屋、お土産店があるわけでもないこの島をどうにかして、もっと活性化できないかと常に考えております。小さな島だけに資本が大きい企業が独占しがちですが、個人事業をされている業者さん同士が手を取り合い島の活性を考えれば皆が潤うはず。
大自然西表島に胡坐をかくことなく、本気で島を元気にしてゆきたいと願います。

20091109ir02.jpg


>西表島の特産品・おみやげ・本




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。