石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2010年 5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

フームヌン(穂物忌祭)

2010.05.24(月)

20100524y01.jpg

南風に稲穂が揺れる5月21日、フームヌンが行われました。

20100524y02.jpg

無事に豊作を迎えられるよう祈願し、稲穂につく害虫を積んだ小舟を海へと送り出します。

20100524y03.jpg
20100524y04.jpg


>与那国島の特産品・おみやげ・本



イスカバイ

2010.05.17(月)

20100517y01.jpg

十山御嶽では、旧暦の朔日(ついたち)と15日には公民館長らが島の平穏無事を祈願します。
そして旧暦4月1日(今年は5月14日)にはイスカバイ(衣替祭)があわせて行われます。
季節の変わり目、来る夏を無事過ごせるよう祈願します。
旧暦10月1日にはやはり、本格的な冬の到来を前に祈願します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


>与那国島の特産品・おみやげ・本



愛鳥週間

2010.05.10(月)

20100513y01.jpg

今日から愛鳥週間です。(5月10日〜16日)
春の渡りもひと段落。島ではアカショウビンやサンコウチョウなど夏鳥の声が聞こえるようになり、留鳥たちは子育てに大忙し、雛の巣立ちも始まっています。
写真の鳥は国指定天然記念物のキンバトです。ケガをしているものと思われ、数日間保護されていました。
でも、よくみればこのキンバト、巣立って間もない雛なのでした。
多くの野鳥の雛は、まだうまく飛べない頃から巣立ち、親鳥と行動をともにしながら飛び方や餌の採り方を学んでいきます。
そんな幼いころに人目にとまると、しばしば保護という名の誘拐被害(!)に遭うことも。
親鳥と過す大切な期間を奪ってしまっては、自然界で生き延びてゆくことは困難になってしまいます。
かならず近くで親鳥は見ています。だから雛を見つけてもそっとしておいて下さい。
ネコなどに襲われるのが心配なら、そばの茂みなどに隠しておきましょう。
鳴き声で気づいた親鳥は、餌を運んできたり安全な場所に誘導したりします。


>与那国島の特産品・おみやげ・本



島の歴史と自然に触れる島時間

2010.05.04(火)

20100504ir01.jpg

「浜下り」も過ぎGWになり八重山にも多くの観光客の方々が起こしになっています。天候も天気予報とは、裏腹に晴天が続きおかげで、お客様も満足気であります。
そんな中、「宇多良炭鉱跡」へ出かけてきました。

20100504ir02.jpg

この場所は、西表島の炭鉱歴史でも重要拠点として戦後まで活躍した炭鉱であります。また強制労働を強いられた方々の悲惨な歴史を背負う場所でもあります。ジャングルに食われそうになっている、姿がどこか寂しげで暫く一緒に過ごしていました。

20100504ir03.jpg

美しい自然の島ですが、こうのような人人の営みの礎のもと、今が存在していることを忘れてはいけませんね。

20100504ir04.jpg

その道中には「キノボリトカゲ」「キシノウエトカゲ」にも遭遇、また「フトモモ」も見つけ久しぶりにその味を楽しみました。

20100504ir05.jpg

数日前より「アカガシラサギ」も渡鳥としてやってきています。人目につくところにいるのは珍しく、すぐに田んぼの中に隠れてしまう恥ずかしがり屋さんです。

20100504ir06.jpg

そんな島固有の自然や歴史にお客様も驚きと感動の時間を過ごされていました。


>西表島の特産品・おみやげ・本




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。