石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2010年 8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

旧盆

2010.08.30(月)

20100830y01.jpg

与那国島の旧盆では、エイサーが盛んです。

20100830y02.jpg

特に久部良のエイサーは、今はなき桃原部落で行われていたエイサーを受け継いだもので、八重山では最も古いものといわれています。

20100830y03.jpg

過疎化に歯止めのかからない与那国島ですが、素晴らしい文化を後世までしっかり伝えていきたいものです。

20100830y04.jpg




>与那国島の特産品・おみやげ・本



旧盆〜至福の夕暮れ

2010.08.28(土)

20100828ir01.jpg

今年も沖縄に旧盆の時期がやってきて、それに合わせて島外に出ている家族親戚が集まり、ご先祖をお迎えし共に時間を楽しみます。

20100828ir02.jpg

そして夜には「アンガー」たちが現れ家々のご先祖と踊り狂っていました。

20100828ir03.jpg

本土から来ていた旅行者もこの異様とも思える光景にカメラのシャッターを仕切りに押していました。

20100828ir04.jpg

魂を抜かれないように思い思いに変装し、奇声を発しながら踊り狂う世界に西表島の長い歴史を見ました。

20100828ir05.jpg

さて、その頃の浜辺では連日最高の夕陽が島を包みこんでいました。まるでご先祖が喜んでいるかのように....。

20100828ir06.jpg


>[特集]八重山のお盆 月刊やいま 2012年10月号



台湾が見えた!

2010.08.27(金)

20100827y01.jpg

島全体に霞がかったような朝を迎えた8月18日。
西方海上に巨大な台湾の島影が現れました。
圧倒的な存在感は、思わず息を飲むほど。

20100827y02.jpg

台湾が見えると、天気が荒れるとか、台風が来るなどといわれます。
あまりにハッキリと見えすぎて、ちょっと心配です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


>与那国島の特産品・おみやげ・本



アンガマー

2010.08.23(月)

黒島青年会がウークイの8月22日からアンガマーをしました。22日は東筋集落の南と仲本集落です。23日は保里集落と東筋集落の北です。
黒島のアンガマーは石垣島とは違い、おじーとおばーはいません。したがって珍問答もありません。黒島のアンガマーは沖縄からの移住者がつくった伊古集落からはじまったと言われ、京太郎(ちょんだらー)が居たり、家に入る前に唄者が歌う歌詞が沖縄本島の方言だったりすることから、エイサーの名残を感じさせます。
写真は青年が青年会員から精霊に変身して家々をまわる直前の集合写真です。

20100823ku01.jpg



アヤミハビル続々と羽化

2010.08.16(月)

20100816y01.jpg

今年3回目のヨナグニサンの羽化がピークを迎えています。

20100816y02.jpg

ずいぶん個体数が多いのは、昨年からほとんど台風の被害を受けておらず、安定した世代交代ができているからでしょう。

20100816y03.jpg

さて、今年は八重山、与那国島に台風はやってくるでしょうか。
あまり来なさすぎるのも心配になります。

20100816y04.jpg


>与那国島の特産品・おみやげ・本



富山相倉交流団2010

2010.08.11(水)

今年も富山県の相倉集落保存財団より、小学6年生7名,関係者5名の計12名が竹富島に来られました。交流は10年前から行っているそうですが、交流会としてこちらの島の子供達と色々交流するのは、今年で4年目。竹富島には1泊という限られた時間ではありましたが、来られてすぐに地元の子供達とコンドイビーチで海水浴をしたり、夜はこぼし文庫にて,芸能交流などを行いました。翌日は、朝からラジオ体操に始まり,島内の様々な観光(水牛車・グラスボート・レンタサイクル)と過密スケジュールではありましたが、竹富島を満喫されたようです。
こぼし文庫にて、富山の子供達と竹富の子供達が交流会を行ってます。

20100811ta01.jpg

ささらを使って,富山の「こきりこ節」を踊ってます。

20100811ta02.jpg

地元の子と青年会は、エイサーを披露。

20100811ta03.jpg

一日の短い交流ではありましたが,それぞれに貴重な体験になったようです。いずれ竹富島からも交流団を結成して,富山を訪れたいものですねぇ。

20100811ta04.jpg


>竹富島の特産品・おみやげ・本



夏イリオモテ回想

2010.08.06(金)

明日の天気を安心させる夕陽の余韻を楽しむ島時間がやけに贅沢に思えます。

20100806ir01.jpg

干ばつの日々から少し開放され、豊年祭を境に雨にも恵まれた島であります。
マングローブの木々の新しい命に心が温かくにあり、こうした素晴らしい自然をいつの代までも残せるよう僕達が動いていかねばなりません。

20100806ir02.jpg

サガリバナもそろそろ終盤を迎えたように思わせ、まだまだ甘い香りを漂わせて見るものを魅了していました。自然の力って感動です。

20100806ir03.jpg

一人の100歩より皆の一歩で次の世代に残せる島にしてゆきたいものです。
明日も暑くなりそう…。

20100806ir04.jpg


>西表島の特産品・おみやげ・本



黒島の豊年祭

2010.08.02(月)

20100803ku01.jpg

宮里海岸で開催する黒島の豊年祭は今年も晴天に恵まれ、砂浜の白と海と空の青が映える美しい祭となりました。恒例の船漕競漕ですが、今年は新造されたばかりの爬龍船がお目見えしました。新船を見ようと駆け付けた郷友もいました。
各集落とも新船の特長がわからないとあって、舳先で竿を突く「ピーゾー」や、舵取り役の「トゥジー」などが、いつも以上に緊張していたように見えました。
勝敗の結果は、宮里村と仲本村では仲本、保里村と東筋村では保里に軍配が上がりました。



ウガンフトゥティ

20100802y01.jpg

7月25日は久部良、比川で、29日は祖納でウガンフトゥティが行われました。
ウガンフトゥティとは島の言葉で豊年祭のことです。
今年の豊作に感謝し、来年の豊作を祈願するだけでなく、ウチニガイ、タナンドゥリ、ムヌンなど、一年分の願掛け(ウガン)を解く(フトゥティ)のが、この日です。
写真は久部良での祈願のようす、そして祖納(十山神社)での奉納芸能の様子です。

20100802y07.jpg
20100802y06.jpg
20100802y02.jpg
20100802y03.jpg
20100802y04.jpg
20100802y05.jpg


>与那国島の特産品・おみやげ・本




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。