石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2009年 11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

マダラサソリ

2009.11.10(火)

日本には2種類のサソリがいて、その分布域は先島諸島であるそうですが、波照間島にも2種類どちらとも生息しています。身近に見かけるのはマダラサソリ。
頭の先についた1対の細くて長いハサミと、お尻についた長い尾が特徴的で、人家の周辺で比較的よく見られます。箱やカゴを持ち上げたらその下で潜んでいたらしく慌てておろおろ歩き始めたり、トイレや倉庫などのちょっとした隙間に入り込んでいたりします。平べったいので隙間があればどこにでも潜めるのでしょうね。私は築90年を超える赤瓦屋根の木造家に住んでいますが、夜中にぽとっと天井から布団の上に落ちてくることもあり、さすがにそのときは私も慌てふためいてわちゃわちゃします。

20091110h01.jpg

光が当たるとさっさと歩き始めますが、脚やハサミ、尾を縮こめてじっとしていることも。よく観察すると頭についた寄り目の眼がなんだか可愛い。ハサミと尾を伸ばした状態では10センチぐらいの長さですが、縮こまっていると4〜5センチほどとコンパクトになります。

20091110h02.jpg

比較的乾いた環境で生息しているようで、昆虫類を餌としているのでしょうね、ゴキブリを食べているのを見かけたことがあります。サソリというと強烈な毒を持っているようなイメージがありますが、このマダラサソリの毒はそれほど強くなく弱毒性といわれています。私も足の指を刺されたことがありますが、刺された瞬間はチクッ!ズキンズキン!と痛みますが次の日には痛みも痒みもなくなっていました。とはいえ、咬傷による症状は人により程度の差が大きいのでご用心。

20091110h03.jpg

もう1種類のサソリはヤエヤマサソリ。黒くて平べったくてマダラサソリよりも小型です。マダラサソリは私の生活行動圏とかぶっているのかしょっちゅう見かけるのですが、ヤエヤマサソリはなかなか見かけることがありません。どちらかというと森林や木立に潜んでいるのかもしれません。たまに見かけて慌ててカメラの準備をしているうちに逃げられてしまい、今のところ手元に写真はないです。
サソリは南方の暑い国々の生き物という感じがしますが、日本に生息するサソリが2種とも先島諸島に生息するというのは、やはりここが内地よりも南方系に属しているということを実感させてくれます。今日もトイレでしゃがみ込んだら目の前の壁をテケテケテケとマダラサソリが横切っていきました…ここ数日の戻ってきた夏のような陽気が南国ムードをさらに盛り上げますね!




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。