石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
島々からの便り
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2016年 12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

海に落ちる夕陽をめざす、爽やかイベント。

2016.12.12(月)

「海に落ちる夕陽をめざして、走ったり歩いたりしてみよう!」
はじめて開催される素敵なプロジェクトに参加してきた。
西表島の中野地区にあるわいわいホールから、うなり崎公園展望台を目指す。
3キロの道のりなので、小さい子どもや、ふだんスポーツから遠のいてる人でも気軽に参加できるのだ。
「ふだん歩いてないけど大丈夫かなー」「楽しみだねー!」

20161212ik01.jpg

よーいスタート!!
子供たちは張り切って走りはじめた。
みんな、自分が気持ちよいと感じる速さで楽しむ。

20161212ik02.jpg

それぞれが無事に…到着し、用意されていたコーラやお茶ををいただく。
「ちょうどいい距離だったよね。」「不安だったけど、なんかちょっと自信がついた!」
全員がついた頃に、ちょうど夕陽が沈む絶景が見えた。
「西表島スポーツプロジェクト」の代表、川尻哲央さんに話を聞いた。
前々から、こういったスポーツイベントを考えていて、今年の夏の終わりごろから本格的に動き出したそうだ。
「自然に恵まれた西表島。ハイシーズンの夏だけでなく、どんな季節でも楽しむことができる。観光客の方にはもちろん、島に在住の方にもスポーツを通じて、さらに西表島を楽しんでいただけるきっかけになったら嬉しい。」と話す川尻さん。
今後もイベントを開催したいそうだ。
「みんな競争ではなく、歩いて楽しんでいるという印象が強かった。あえてタイムは計ってなかったが、楽しんでもらえて良かったです。」
こう話す川尻さんは、目をキラキラさせて本当に嬉しそう。
次の日、参加した人々に会うと、みんな心配していた筋肉痛がなかったそうだ。
実に、ちょうど良い心地よい爽やかイベントだった。




 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。