石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2017年 8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

移転しました。

2017.04.11(火)

newss.jpg

いつも「やいまNEWS」をお読みくださり、ありがとうございます。
2月1日、弊社より、新しい八重山ポータルサイト「やいまタイム」が公開されました。

やいまタイム
http://yaimatime.com/ 

八重山での生活やレジャー、旅に役立つ情報、八重山に関するデータベースなど、情報満載です。
これに伴い、「やいまNEWS」の最新記事は、「やいまタイム」で公開しています。
サイト内の場所は次の通りです。

やいまタイム > やいまNEWS

この機会にぜひ「やいまタイム」のホームページへアクセスいただき、他のコーナーも楽しんでいただけたらありがたく存じます。
お忙しい方向けに、直行URLもご案内しておきます。

「やいまNEWS」新URL
http://yaimatime.com/yaimanews/

今後とも「やいまNEWS」をよろしくお願いいたします。
(「やいまNEWS」スタッフ一同)


 

第15回石垣島マラソン開催

2017.01.22(日)

 1月22日、石垣島マラソンが開催され、石垣市中央運動公園のゲートを出発点にフル、24キロ、10キロにエントリーしたアスリートがスタート。午前9時の号砲ではフルマラソンと24キロマラソン。10キロは9時20分からスタートして、石垣島の風を切って、参加者は心地よい汗を流した。
 フルマラソンの優勝者は、神奈川県から参加の石垣弘志さん(29)。タイムは2時間25分16秒。女子は東京都から参加の加納由理さん(37)。タイムは2時間49分47秒。石垣さんは、湘南国際マラソンで2位の実績を持ち、このとき2時間20分42秒を記録。それが初回のマラソンで、今回6度目で初めて優勝に輝いた。今回、石垣島マラソン参加は、昨年11月の福岡マラソンに出場を決め、その褒美に石垣島の観光を兼ねたマラソン出場を計画。残念ながら福岡マラソンは怪我で出場できず、褒美にと計画した石垣島マラソンだけ参加することとなったとのこと。事前に調べると、1キロを3分20から30で走れば、ダントツで行けると予想しての出場。走ってみてアップダウンがきつく、苦労したとのこと。
 走っていて海がすばらしく、緑も森が美しかったとのこと。来年も是非走りたいと述べていた。女子の加納さんは日本代表の経験のあるマラソンランナーで、2009年にベルリン国際陸上マラソンで7位入賞を実現。2010年名古屋国際女子マラソンでは優勝。資生堂に所属していたが。怪我の多さから2014年引退し、今は一般アスリートとして、マラソンを楽しんでいるほかスポーツイベントなどにも出演。今回は東京マラソンを前に、フルマラソンの練習ついでに観光が出来る石垣島マラソンに参加したとのこと。東京マラソン前に石垣島マラソンというパターンが男女の優勝者から出た。このパターンは結構普及しているかも・・・。



 

カンヒザクラ開花

2017.01.18(水)

 バンナ公園では、早くもカンヒザクラの開花が見られ始めている。1月16日、バンナ公園の渡り鳥観察所の駐車場付近で、植栽された一本のカンヒザクラから、小枝ごとにパラパラと開花が見られている。平年では2月5日ころには満開を迎える。石垣島地方気象台の情報では昨年のカンヒザクラの開花は2月12日と遅れており、1月下旬の寒波が影響した模様。今年は、平年の満開が期待できそう。


 

新年共猟

2017.01.16(月)

 1月15日、午前8時半から崎枝公民館に県猟友会石垣地区(安田喜禮地区長)のメンバーが集結して、平成28年度第3回有害鳥獣共同駆除(共猟)が開催された。
 この日は、38人のメンバーが新年の挨拶を交わしながら、有害駆除の行動作業に参加。
屋良部岳の南側で農業への被害を出すイノシシ2頭を駆除。農家の通報では大きなイノシシが居るとのことだが、今回は40キロクラスと15キロクラスで、大きなものは駆除できず。残念な結果となった模様。


 

尖閣諸島開拓の日式典

2017.01.14(土)

 1月14日12時30分から石垣市民会館中ホールで石垣市主催の尖閣諸島開拓の日式典が開催され、多くの市民で会場は埋まっていた。
 今回は演壇で条例の読み上げは行わず、式典の中で行われた講演会では、長崎純心大学准教授の石井望氏が講師となり「悠久の尖閣史、最新の研究を語る」と題して、最新の研究成果を公表。尖閣諸島の中国名とされる「釣魚島」は、1534年に琉球人が明国の陳侃(ちんかん)なる人物に琉球へ行くルートを教わったときに、琉球人から釣魚○なる場所を表記した文の記録を発見。尖閣に関して、釣魚と書くものが琉球人が最初で有ることを説明していた。


 

たこ揚げに盛り上がる

2017.01.11(水)

 1月8日の於茂登岳登山で石垣青少年の家の平良進所長は、於茂登岳登山の参加者に特別サービスでたこ揚げを披露。自ら於茂登岳山頂に持ち運んだ八重山の伝統の凧ハッカクを、佐野清貴職員とともに、雨の中というよりも、雲の中で周囲が真っ白の中、たこを揚げた。県内最高峰を正月にあげるというのも、なかなかの妙案で、加えて雨天の中での浮上は、厳しさにも打ち勝つ姿にも見えなくもない。一瞬の浮揚ながら、見届けられた人には悪くない光景だったかも。


 

於茂登登山に26人が挑戦

2017.01.09(月)

 1月8日、午前9時半から、石垣青少年の家主催の於茂登岳登山が実施され、26人の参加者が大本小学校手前の広場に集結した。登山道入り口まで車に相乗りした一行は、自然愛好家の島村賢正さんをガイド役に山頂を目指して出発。途中には滝を見学。日頃から何度も於茂登に登っている人も、滝を見るのは初めてという人もいて、有意義な時間となっていた。


 

石垣島製糖が操業開始式

2017.01.06(金)

 1月6日午後3時から石垣島の名蔵にある石垣島製糖工場で、2016年2017年製糖開始式が行われた。集まったサトウキビ生産関係者を前に、松林豊石垣島製糖社長は「今期の原料面積が前回より少ないながらも、台風の影響が少なく順調な伸びで11月末の見込みで68000トン。その後の天候に恵まれ7万トンを越えそうな勢いです」と、今期の順調な製糖状況を説明していた。
 今日の1台目のトラックが運んだキビのブリックスが15・3度と高い数値が出ていることを述べて、今後の収穫が大いに期待されている模様。
 前回の収穫面積が1466ヘクタールから1100ヘクタールに落ち込み、心配な状況があるものの、予想値ながらブリックスの高さに助けられて、農家の意欲を削ぐことない期待される操業開始となった。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。