石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2008年 7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

ワールドカップトライアスロン予算可決

2008.07.30(水)

 7月28日からはじまった臨時市議会は、石垣市からワールドカップトライアスロン公認料の一部となる1496万円(ITUへ)が追加された予算案が出され、7月29日の行財政委員会の審議を経て30日午前10時から本会議で審議された。
石垣市から1496万円のITUへ拠出する額が追加された予算案が同委員会から報告。本会議で反対賛成両意見が出されたあと採決がとられた。
反対意見は、石垣市当局のトライアスロン資金捻出に関し補助金を申請するなどの努力不足と、議会軽視の姿勢を糾弾。賛成意見は教育的な効果・経済的な効果を述べて、相変わらず議論にはならず。採決となった。
与党で反対だった前津議員が賛成に回り、野党の上門議員、小底議員が賛成して、賛成多数で可決。来年のワールドカップ開催が無事可能となった。市役所の建物全体で安堵のため息が聞こえてきそうな一瞬だった。
 当初、石垣市財政からの拠出がトライアスロン公認料のほとんどを占めると思われて、誤解が渦巻いたのがはじまり。当局の間違いもあり6月定例市議会での上程を取りやめるなどして、今回10%に減額して再度の上程。落ち着くところに落ち着いた模様。
野党議員が怒るのは、市の姿勢。市当局の財政健全化の取り組みに、市の施設使用料など様々な市民負担を実行する中、トライアスロンへの取り組みが特別になっていることへの不満から今回の騒ぎが勃発。説明不足のスタートといえる。
石垣市から拠出する金額は、開催にかかる経費(1億ともいわれる)のごく一部に過ぎず(公認料総枠3000万の一部)、広告スポンサーからの資金の多さを勘定に入れないままに、野党議員は市側の負担の不平をぶちまけた形。
当局の説明不足があるも、情報をつかみ得ずに国際大会の全体像・位置づけを把握しないまま、不満を募らせた今回のバタバタ劇。不平感情が先行してしまって、刃の納めどころに困ったところもあるような・・・。
13回を重ねて、未だITU・JTUの活動の全貌を紹介できていないままに開催を続けてきた当局・議会の頼りなさもある。
世界でITU主催のトライアスロンは15回開催され、その中の一回が石垣島での開催。世界選手権が1989年にスタートして日々進化する競技種目。であれば、世界大会の存在は大のはずが、どうもそこまで把握が進まない。世界のトップアスリートにはランキングに影響する大会は重要であり、石垣島がトップアスリートから注目されて当然。選手の気持ちを推し量れば、競技する彼らの姿も違って見えてくる。そこを市民とともにつかみ得ていないのが弱点。まず浸透に成功していない。
国内のランキング戦でも石垣島大会は特別扱いのレースになっている。ITU主催の石垣島大会と東京で行われているJTU主催の東京港大会の2レースが「トップオブザトップレース」と冠されている。(多分、石垣島がITU主催のワールドカップを手放せば、未だJTU主催の世界選手権でしかない東京港大会が、名乗りを上げて獲得する可能性がないとも限らない。)国内ランキング戦の開幕戦が石垣島大会で、そして最終戦がそのJTU主催の東京港大会。順位に与えられるポイントも、1.2倍で、格下のITU主催コンチネンタル大会の天草、蒲郡、七ヶ浜の3大会で1倍、ほかの格下レースは0.8倍と、石垣島大会と東京港大会は、「トップオブザトップ」のレースとして選定され、選手から観れば、獲得ポイントが違えば自然に重要視されてくる。石垣島大会に出場する選手には、大事なレースになる理由がそこにある。そこまで理解しなければ、まず、石垣島大会の位置づけは見えない。見えなければ価値がわからないまま放棄することになりかねない。
今はJTU主催の東京港大会だが、ITU主催の世界ツアーレースに組まれれば、大都市開催であれば盛り上げは格段に力が入る。石垣島大会はマクドナルド会長の好意で開催が維持されているとすれば、相当その意を削いだことになるかも。可能性はある。
石垣市民の大多数の無関心さをデータに出したアンケート結果は何より大きく傷つけたことは間違いない。
のしかかる重税と、生活費に追われる市民の気持ちとしては、がんばり甲斐ある政治を議員らには期待したい。サラリーマンも、民間社長も、フリーターも、本当に歯をくいしばっているのですよ。
多分、5万程度の都市でできる大会ではない。それを実現してきた誇りは、市民が共有できるようにすべきであって、一部の人が自慢し、喜ぶだけの大会にしてはならないはず。ましてや勇んで引きずり下ろしてそれが手柄になるわけもない。
今回のことから、よもや蒲郡のようにコンチネンタル大会に格下げになることは今後あるのか。そのつもりでITUはいないか。当局にはいろんな説明がほしいところだ。外に向けて取り返しのつかない事態を生んだのではないか。勘違いと感情論で騒ぎを持ってしまったのではないか。様々に不安が募るドタバタ劇だった。
ところで、トライアスロンでは北京五輪大会への切符は、5名が獲得。女子は石垣島大会でデッドヒートを演じた井出樹里、3回目の出場を決めた37才庭田清美が出場権する。また上田藍がアジア選手権広州大会で優勝して1枠獲得で出場権をもぎとる。男子は、石垣島大会で踏ん張った田山寛豪とアジアトライアスロン選手権広州大会で優勝したばかりの山本良介が獲得。彼も自身で1枠を獲得し出場権をもぎとったことになる。5人の健闘を祈りたい。主人公たちを忘れるほど、ワールド大会の行方を心配したということか。なんと、6月14日のやいまニュースに五輪決定を大きく取り上げていない。問題は足下にもあった。


 

県立図書館八重山分館で工作教室

2008.07.29(火)

 7月29日午後2時から県立図書館八重山分館で夏休みの工作教室「ダンボールで作るミニ額縁」がおこなわれ」、30名以上の親子があつまって、楽しく額縁をつくりました。子どもたちは、自分で好きな色紙を選び、段ボールに貼り付けて自分の手による額縁を制作。講師の話を熱心に聞く子どもたちは、色紙を慎重に折り、はさみでゆっくり切り、上手に貼り付けて、自分のマイ額縁完成に向けて、工作を楽しんでいました。子どもたちの大事な絵や写真を飾るのにもってこいの工作です。
 県立図書館分館は八重山地域の図書の貸し出しをするほか、様々な子ども向けの企画にも取り組んで、子どもたちの育成に貢献しています。世界中の情報がインターネットで手にできる時代ですが、教育の世界は子どもの関心を引き出すことが肝心。人の心に届く言葉を、書籍に見つけられるか否かは、書籍遍歴を通して。そんな楽しみは、図書館の出入りにある。きっかけを子ども時代につくり中学高校と、書籍に親しむ時間を与えたい大人と、財政赤字を理由に合理化をねらう大人。財政赤字をどう解決するか図書館に向かわない大人の、貧しい発想がすべてを台無しにする。教育の世界を充実させたいからがんばっているのではないか。大人が贅沢な暮らしをするために、目前にある問題から目をそらして、教育という子どもたちの将来にかかわる投資を削るというのは、本末転倒では?。県庁から430キロ離れた八重山諸島の文教拠点。小さな拠点を恥じるどころか、逆にNTTのような発想で廃止を唱えること自身、考えられない。県土の25%が八重山であることをお忘れなく。

『県立図書館八重山分館の夏休み工作教室』の動画はこちら


 

台風8号で531世帯停電

2008.07.28(月)

news080728.JPG

 台風8号は、7月28日午前0時頃に中心気圧960ヘクトパスカル、中心では最大風速40mで石垣島近海を通過。市内では午前0時28分に最大風速が東南東の風、21.3mが記録される。瞬間最大風速では最大風速の1分後に同じ方位で29.8mを記録。並以下です。
 27日の午後9時に伊原間と明石以北で301世帯が停電。0時40分には復旧。28日午前1時に区部らで230世帯が停電。14時頃に復旧。
 なお与那国島では最大風速は、南東の風で28日午前9時20分に22.7m。瞬間最大風速は南東南の風37mが28日午後2時24分に。農業の被害は石垣島で743万9000円。与那国町で76万6000円の被害がでている。
 しかし、塩害を除いての数値。これは今後、ジワリジワリと影響してくる。数値化されないまま、八重山の太陽の持つ再生力にゆだねられる。(写真は28日午前0時頃の石垣島)


 

台風の中、白保豊年祭が挙行

2008.07.27(日)

 7月27日午後3時から石垣島白保村の豊年祭が開催された。台風8号の接近で、2時間早めに開始され、強風の降雨の中でスタート。この日は旗頭は出ず、頭(かしら)の部分だけが登場。強い西日の下でおこなわれるミルクガナシや、割合暗めの会場でおこなわれた稲の一生の行列は、この日は明るい時間帯でのまつりで、これまでにはない不思議な雰囲気での白保のムラプールとなった。時折、降りしきる雨や強風にも、まったく動じないのは農業の村だからか。たくましい村人気質が出て、会場に足を運んだ人も、声援で応えて、会場を盛り上げていた。楽しい奉納があることで知られた白保の豊年祭。そんな観光客の視点は、台風襲来を機会に改められたかも。農家の豊作を祝う気持ちと、感謝を神に示す気持ちが土台にあってこその、この悪天候の豊年祭実現。台風ともなれば、何が起こるかわからない。そこをひとつになって、かく実行できるところに、白保村の気質がある。

『台風8号接近中も白保豊年祭』の動画はこちら

『2007年の白保豊年祭』の動画はこちら


 

台風8号の接近で降雨に喜ぶ

 7月27日の石垣島に台風8号が接近。平得・真栄里豊年祭の日程を繰り上げたほか、当日の黒島の豊年祭を中止にし、白保の豊年祭は2時間繰り上げての開催を余儀なくされた。しかし、世果報雨である。農家には喜びがある。台風が世果報の雨をもたらし、豊年祭の祈願成就なるといったところ。今回の台風は、発達中で大きくないにもかかわらず、八重山の豊年祭の最盛期に接近。イベントを楽しみにした観光客には、影響が大きくでた格好となった。
 大浜海岸では、大きな波しぶきを見せて海がしけて、八重山の離島をいく八重山観光フェリー、安栄観光、ドリーム観光の3社は朝から全便欠航。石垣空港は、各便満席で早めに那覇へ移動する人が、空港カウンターに駆けつけた。この日の欠航は、ANA1780便、ANA1782便、JTA624便、JTA626便。明くる28日は、JTA600 とANA1762、ANA1764が欠航。
 台風8号は、27日午後8時には、石垣島の南南西へ210キロにあって、北西に向かって移動。このまま移動経路に大きな変化がなければ25m以上の暴風域は石垣島にはかからず、西表島周辺離島・波照間および与那国には、かかる可能性を残しています。しかし、台風銀座の八重山から見れば、台風は突然にどんな動きをするかわからないしろもの。十分な警戒が必要です。28日午前0時に再接近の模様。気象台の予報円からすると、うまくいけば暴風域に入らずに済める。与那国はかすめるかも。8号の最盛期は台湾上陸時で、多分、これまでのマスコミの姿勢では、本土に向かわない台風には関心薄く、どんな被害がでる規模かは不明なままになる。ただ皮肉なことに大きな被害が出れば台湾での他人事として被害を報道するケースが多い。今回は並の台風ゆえ、多分、知らされることはないが、八重山にいれば、そこも知りたいもの。
 台湾とは台風運命共同体なのだった。本土の全国版台風情報を見るにつけ、・・・自分たちに影響が来そうなものは詳しい報道がされるが、来そうもないものは冷たい。台風は予報通りではないことを知る八重山郡民には、この現象を毎夏見るにつけ、ため息をついている。那覇に来そうにないものも同様。台風報道自身がが基本的に遅いのだった。八重山は昨今台風が成長する場所になってきている。この緊張感を、まだ本島も本土もわかっていない。
 さて、やってくれたぜパイン出荷最盛期の台風襲来。飛龍もなくなった。どう運ぶか滞貨果実。またマンゴーの収穫1カ月遅れも、動いた分の収穫期が延びるわけではない。止まる時期は同じで一ヶ月収穫期が消えたようなもの。一日一日大事な時間ということ。そこに台風だ。豊年祭に、神へ祈願すべきことはたくさんあるのがわかる。

『島では並の影響力の台風8号』の動画はこちら

『2007年の大型台風12号』の動画はこちら

『2007年の大型台風15号』の動画はこちら


 

平得・真栄里豊年祭

news080726.JPG

 7月26日、台風8号接近のために平得・真栄里の豊年祭のムラプールが一日繰り上げて開催されました。時折風が起こり、雨が降る中ですが、大阿母御嶽では、多くの地域住民が集まり、五穀豊穣と住民の無病息災を祈願し、来夏世の豊穣を願って奉納が繰り広げられました。周囲には露天も見られて、大勢が遠巻きに奉納芸能を鑑賞。午後8時をさかいにツナノミンや大綱引きも無事行われて、盛況な豊年祭となっていました。


 

八重山の星、大嶺祐太投手が初勝利

2008.07.25(金)

 7月24日札幌ドームでおこなわれた日ハムとの対戦でロッテ先発大嶺祐太が6回を投げ、89球、被安打4、奪三振6、失点2で降板。ロッテ打線は4回にダルッビッシュを攻略。橋本将選手の満塁ホームランで4点を奪い、8回にも1点追加して5−2で勝負を決めた。
 打線が奮い立ち日本代表のエース、ダルビッシュから11安打とロッテ好調。おりしも、前日23日は四ヵ字豊年祭の日。石垣島四ヵ字の人々の祈願の日であれば、まさに祈願かなったりといったところか。祈りに祈り、待ちに待ったプロ入り初勝利。大事な一勝だ。プロ入り2年目の順当な勝ち星。この勝利経験を忘れないうちに、またマウンドに立ってほしい。白保の豊年祭でも、黒島の豊年祭でも、平得真栄里の豊年祭でも祈願したい「大嶺の2勝目」。(写真は、春の石垣島キャンプで投球する大嶺)

『大嶺祐太と島のこどもたち』の動画はこちら


 

勇壮なツナノミン

2008.07.24(木)

 7月23日の四ヵ字ムラプールのクライマックスは二人の武者による勇壮なツナノミンがおこなわれて、会場は盛り上がります。今年は、遅めにはじまりました。鎌もつ西の大将と長刀をもつ東の大将が、それぞれ松明の下に人が支える壇上に乗って現れ、にらみ合いながらやがて台は合体。振り払われる長刀を飛び上がって避ける鎌の武者。数度、刃が当たる音が会場に響き渡り、にらみ合いがおこなわれて、最後は両者引き分けとなり、旗頭が動き出して会場は盛り上がります。このあと、用意された大綱を道の中央によせて、大綱引きがおこなわれました。四ヵ字の大綱引きは、割合、早めに終わるのがこれまでの習わし。今回は、長く引き合って、しかし最後は西が勝利。西が勝てば豊作がかなうとのいわれで、少々西の綱は長く作ってあるといううわさがあります。この綱を、各家庭へ持ち帰る人が多く、大勢で曳いた願いのこもった縄であれば縁起物ということ。
 ツナノミンとは、綱の穴。雄綱と雌綱の双方のワッカ(穴)にカヌチ棒が通されて結ばれ、綱引きが始まります。綱引きをした人にしかわからないものが、このとき気持ちに走るとでもいいますか、とにかく曳くと、夢中になって引っ張り込もうとする衝動にかられる。不思議な心理が働きます。大勢でこれをすると、何か気持ちがいっしょになったかに、心も躍動して明るくなる。そんな不思議な綱引きに、昔の人は、大勢が集まる行事に、取り入れたのでしょう。人が力を合わせる原点に見えてきます。

『2008年四ヵ字豊年祭ツナノミン』の動画はこちら


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。