石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2008年 9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

キャサリン・ミュージック氏が講義

2008.09.29(月)

 9月27日午後7時半から白保公民館で、平成20年度第6回白保学講座が行われ、「白保の生き物について知ろう」と題して、WWFジャパン自然保護室の前川聡氏とキャサリン・ミュージック女史が講義を開きました。会場には台風15号の接近にもかかわらず、30名近い参加者が、熱心に参加して、プロジェクターをつかっての二人の講義に聴き入っていました。
 前川氏は、クイズ形式で、八重山のサンゴは日本のサンゴ全体の何パーセントになるか。あるいは、サンゴの経済的な価値は石垣市の予算190億円の何倍になるかなど、おもしろい設問で聴衆を惹きつけ、サンゴの現状を紹介。地球温暖化で白化し、赤土流出でサンゴが死んでいる状況を話していました。いかに地球温暖化を食い止めるか。その方法についても触れて、自然に優しい洗剤使用。輸入品より地元の食品を選ぶ。ゴミを減らす。資源はリサイクル。使わない電気のコンセントをこまめに抜く。電球が切れたら蛍光灯に変える。これらの提案をしていました。また、キャサリン・ミュージック女史は、1981年から1988年まで沖縄のサンゴを研究。白保の海に空港をつくる案が出たときに、白保のアオサンゴを世界に紹介して、白保のサンゴを守ったことで知られる研究者です。2007年から沖縄県本部に移住して現在環境教育に取り組んでいます。この日女史は、アオサンゴの産卵の写真など、多くの貴重な資料を使って、「海と山は恋人」と題し、研究分野のサンゴにまつわる話を日本語で紹介。また環境養育をしている本部での活動の写真も披露。女史の昔を知る人には懐かしい講義となっていました。白保のサンゴのことがエジンバラ公へ伝わったのもキャサリン氏の口利きからの模様。この日の話に、米原の海の紹介が多かったのが、気になりました。多分、白保の海の状態が悪いのかも。陸と海とのつながりを学習して、海の再生を生み出すべく、環境教育に力を入れる女史の熱意が伝わる講義でした。白保村もWWFジャパンも環境に関して学習を深めようとしているところは、共通。まさに地域学にふさわしい両講義でした。


 

『第6回白保学講座』の動画はこちら


 

猛烈な台風15号石垣島かすめる

2008.09.28(日)

news080928.JPG

 9月28日、石垣島に暴風域がかかったのは午前9時18分頃。強風は前日の夕方の方が強かったくらいです。13号と同じコースをたどりながら、しかし風力は弱く、ほとんど被害はおこりません。石垣島で台風に慣れている住民にも、910ヘクトパスカルと聞いてしまうと、おびえた人も多かったはず。コースが突然に北寄りになってあわてたものの、実際は平穏に過ぎました。停電は石垣市消防本部には16時30分現在通報なし。民家の浴室のガラスが割れた被害が唯一のもの。しかし船便・空便の欠航とイベントの中止と延期で島の活動はストップ。
 今回の15号は、石垣島では最大風速は28日昼の12時39分に南東の風24.2m。最大瞬間風速は南東の風35.5m。記録的な雨量はなし。何事もなく概ね平和に過ぎ去った模様といいたいところですが、与那国島が心配です。13号と15号の違いは、石垣島最接近の距離が13号は90キロ、15号は140キロ。与那国島も13号は40キロ、15号は80キロ。13号が925ヘクトパスカルでゆっくり移動したのに対し、15号は時速約20キロで910ヘクトパスカルで移動。与那国では925になっていたものの、停電被害がなかったのは、この距離にある模様です。15号は暴風域が不思議と狭かったのが被害を少なくした一因のようです。写真は大浜海岸の様子。そばには台風見物の観光客の姿も。どこかしらナイナイの岡村隆史にそっくり。だとすれば石垣島は芸能人に突然でくわせる島になっている模様です。ところで、台風は竹富町西表委jま上原と鳩間島の400世帯が停電。与那国島600世帯も停電となり、西表島は29日には復旧。与那国島は復旧の最中です。news0809282.JPG


 
 

『2008年台風15号接近』の動画はこちら


 

伊波南哲を彷彿させるガルシアロルカ

news0809272.JPG

 沖縄県立博物館・美術館指定管理者である文化の杜共同企業体が初の展示会を開催。沖縄本島にある沖縄県立博物館・美術館で今年3月15日から5月11日の間に、こけら落とし的に開催されたのが「世界の現代アーティスト50人展 ガルシア・ロルカを顕彰して」。いわば、指定管理者としての腕の見せ所。この本島での開催では、1万人が入場。盛況なものとなった。
 ガルシア・ロルカは詩人。彼に触発された美術コレクターが50人のアーティストにガルシア・ロルカの顕彰をテーマに作品を依頼してできた作品群が、この展示です。
 イスラム文化・キリスト文化・ジプシー文化が混じり合うグラナダ出身の詩人ガルシア・ロルカが、スペインのフラメンコを蘇らせた国民的な存在として知られている。彼が、そこで見せた地域伝統のこだわり、土地の生活に題材を求める指向、そして題材を普遍化し、作品化してみせたそのことを、沖縄の美術の振興に役立てるという発想で、この50人展が開催されています。この展示会は、ガルシア・ロルカ生誕100年を記念して実施されたもので、2004年クロアチア、2005スパイン、2006年ベルリンで開催されている。
 八重山にも自分の生まれ島にこだわる美術家・詩人は多数存在する。伊波南哲のように、オヤケアカハチの叙事詩を書くような、口伝えの昔話を、昇華させる力が、混沌からの表現を達成させる。それに触れることができる展示会であればこそ、沖縄県立博物館・美術館の第一回目の展示にふさわしいものといえる。
 であるかいなかは、見ての確かめるたけのこと。 なお、28日予定のアーティストトークは台風15号の接近のために中止となりました。50人の中にいる沖縄出身の画家、幸地学氏が来島の予定でした。この展示会は10月5日まで石垣市民会館展示ホールでおこなわれています。(29日・30日は休みです)

『世界の現代アーチスト50人展』の動画はこちら


 

台風15号が進路を変えて接近

2008.09.27(土)

news080927.JPG

 9月27日、台風15号が進路を北寄りに変えて八重山方面に接近。明日28日の石垣空港は午前中の閉鎖を決定。ANAは13時20分までの便を欠航に。またJTAは全便欠航を決定。WWF講演会は11月に延期。世界の現代アーチスト50人展は続きますが、28日のアーティストトークは中止。サンゴカフェも延期。このほか、多くの影響を島に与えています。町中のスーパーには買い出しに多くの人々が集まり、駐車場はいっぱいです。
 27日午後8時5分にJTAが臨時便を飛ばし、ANAも同様に9時10分に飛ばして、旅行を早めに切り上げる人々への対応をしていました。27日21時50分発表の台風15号は、中心気圧910ヘクトパスカルと猛烈な台風となっており、中心付近の最大風速は60m。最大瞬間風速85m。石垣島の南330キロにあって、北西に時速25キロで移動中。直撃すれば電柱は倒壊します。約13時間で石垣島に最接近となる計算。明日の午後1時頃には、もっとも近くに達する可能性がある。満潮は午前6時と午後6時頃。高潮は免れそうです。なお27日18時44分に石垣島地方に暴風警報が発表されると、台風15号沖縄県防災対策八重山地方本部が設置されました。18時20府には登野城の2才児が左手中指と薬指を暴風で閉まったドアにはさんで裂傷。八重山病院で治療中です。
 すでに台風15号は石垣島と同じ東経に達しており、このあと北西に向かえば、西側に逸れていくために、まず石垣島の直撃はない。問題は、13号台風で大きな被害を受けた与那国島。田原川のコンクリ壁が崩壊しているポイントが修復されないまま、また強風にさらされ、風雨に浸食を進めれば、道全体の崩落に済まず、民家の崩落にまで及びかねない。石垣島でも多くの場所で崩落が見られ、その確認も全体が済んでいるとはいえない状況。そこへ「猛烈な台風」の到来は酷です。電柱の倒壊だけは避けてほしいと、祈るしなかい状況。13号・14号と台風が充分エネルギーを放出したかに見えたところに、910ヘクトパスカルという前代未聞の台風の登場は、何か納得のいかないものがある。似た発生場所のものは進路も似るというジンクスにも逆らっている。

 


 

第一回石垣市都市計画審議会開催

2008.09.26(金)

news080926.JPG

9月26日午後1時30分から石垣市役所3階の協議室で第一回石垣市都市計画審議会がおこなわれ、17人の委員に委嘱状が交付されたあと、大原正啓委員が会長に選ばれ、審議が始まりました。まず石垣市計画下水道の変更に関する審議がおこなわれ、雨水と生活雑排水がいっしょだった石垣都市下水路が雨水専用に排水する施設に名称を変更。石垣公共下道と名を変え、これにより今後は60%の補助率が確保され、昨今発生している大雨による冠水被害を抑止するべく、公共下水道工事が平成37年完成目指す形で総工費32億円で実施されることが報告されていました。
 この日、同審議会では、この変更について付帯事項をつけて委員等が承認。現状の汚水を中心に排水する下水の一般家庭の下水本管との連結。およびそれするに障害を与えないこと。また、公共下水道に一本化することで被るだろう市民負担が、発生しないことを付帯事項にしていました。
 現在、地下に埋設されている汚水を中心とする下水とはつながらない管であるため、本土で見られる冠水のときの糞尿の逆流はありません。しかし、今後、この工事が完了した暁には、本管に下水道をつないでいない家庭では、大雨による道路の冠水時、浄化槽へ雨水や生活雑排水が浄化槽へ逆流する可能性がでてきます。これまで手がつけられなかった生活雑排水の都市下水路への放流は、自主的に制限されてくるはず。
 このほか、川平地区の景観地区指定にむけての取り組み日程を紹介。9月29日に景観地区指定第一回川平地区懇談会が行われる予定。


 

同じコースをゆく台風15号発生

2008.09.25(木)

news080925.JPG

 なんとコースが台風14号にほぼぴったりとなる台風15号が北西方向に移動中です。このままいけば台湾の南、バシー海峡を越えて中国へ向かうため、八重山への影響は波浪によるウミンチュやダイバーなどの海の仕事関係に限定される模様。
 現在、気象台15時55分発表の情報では、フィリピンの東にあって中心気圧975ヘクトパスカル中心風速は秒速30m。最大風速秒速40m。
 台風のせいか、今朝のアカハラダカの渡りがほぼストップ。バンナ公園では朝6羽ほど舞い上がって、また下りてゆきました。田畑に休息する野鳥たちは、台風の通過を見送ってから南下するのか、多数が2期作水田に集まって、土をあさっています。アジサシ、ムナグロ、クサシギ、セイタカシギなど、様々種類の野鳥がいっしょに群れて、田んぼが野鳥の楽園となっています。


 

アカハラダカの渡りはじまる

2008.09.24(水)

news080924.JPG

 アカハラダカ渡りの季節に入っており、9月24日午前7時頃から午前10時頃まで、バンナ公園Aゾーン渡り鳥観察所で野鳥に詳しい有志によるカウントが行われており、この日は約50羽の渡りが確認されました。台風13号の接近、14号の発生で強風が続き、アカハラダカの渡りのタイミングは遅れている模様。アカハラダカは鳩ほどのサイズで、単独でいると猛禽類には見えにくいため、バラバラに島に入ってくるようで、島に来る様子は誰も確認できていない。
 さて、何千羽と空を多くのアカハラダカで覆うのは25日、26日、27日のこの3日間頃。このピークが来ると、空は感動の世界が広がります。あっという間にできるタカ柱は、空に吸い込まれて消えてゆきます。このあと、10月の半ばにはサシバが飛来します。ひとまわり大きな猛禽類です。
 八重山では昔、サシバを「おーふだが」と呼び、この渡りの時期、各家々の門の石積の上に、飯でつくったイハツを用意する風習があったとされ、人と鳥とのちょとした気遣いが文化に残っていたようです。昔の島人は愛鳥週間がなくともこんな傾向にあったようです。八重山と琉球王府との行き来における航海の厳しさを、よく知る人々であれば、旅をする渡り鳥へも心配りしたとすれば、実に心篤き人々です。ただ、アカハラダカには気がつかなかったようで、そんな風習は聞かれません。

『アカハラダカの渡り2008』の動画はこちら


 

大相撲八重山場所先行販売開始

2008.09.22(月)

news080921.JPG

 9月21日午前11時からチケットの整理券が配られ、午後1時からチケット販売が開催されました。
 午前11時には約230人が総合体育館に並び、一人で複数の整理券を求める人も多く、午後1時で約半数足らずの場所が埋まっているとのこと。あと、残すは28日の先行チケット。全部で約5000席あることを考えると、主催者は気をゆるめらねないもの、この日運動会が各所で開かれて、多忙な日だったことを考えれば、まずまずといったところか。八重山の歴史上始まって以来の大相撲興業であれば、見逃せない気持ちになるイベントです。

 


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。