石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2009年 7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

ロッカトレンチ凱旋ライブ

2009.07.24(金)

news090724-1.gif

7月21日夕方、山森大輔さんがボーカルをつとめるロッカトレンチのライブが新港地区サザンゲート広場で行われた。ドラマの主題歌となった「my sunshine」など約10曲を演奏。訪れた多くの中高生や地元の人々、観光客を引き込み、盛り上がりをみせたライブとなった。石垣島でのロッカトレンチのライブは2年前に次ぎ2度目。メジャーデビュー後は初のライブとなった。山森さんは、伊原間ホッカロー・ファームの山森卓彦さんの息子。山森さんは「凱旋ライブが石垣島でやれてとても嬉しい。僕の父親はもともと竹富の人。大きな舞台に立っても、竹富の芸能の血が流れているから大丈夫と思っている」と話し、会場を沸かせた。この日のイベントには、平真小のマーチングバンド、石中の郷土芸能部も出演。ロッカトレンチのコピーコンテストも行われ、ステージの最後にはみなが共演。地元の人たちと多く触れ合ったライブとなった。

ロッカトレンチのメンバーは「石垣島にもいろいろな問題がある。音楽をやっている上で少しでも助けられたら」と、7月20日、22日には、ビーチ清掃や月桃の植樹も行った。

news090724-2.gif

news090724-3.gif


 

ウルトラマンプレシャスステージin石垣島のチケット即売会

2009.07.11(土)

090711.jpg7月10日、マックスバリュやいま店でウルトラマンプレシャスステージin石垣島の前売りチケット即売会と、ウルトラマンとの握手会が行われた。ウルトラマンプレシャスステージは「島の子どもたちに夢を与えよう」と、石垣市商工会青年部が中心となり6年前から開催されている。今回の公演は7月12日に市民会館大ホールにて、10時、13時、16時の3回公演を予定している。また、翌13日には与那国島でも18時から行われる。

前売り・小人500円 大人1000円
当日・小人500円 大人1200円
問・石垣市商工会青年部 82-2672(担当:景山・津波)
問・与那国町商工会 87-2944(担当:伊良部)


 

八重高美術部が八重山の海を表現

2009.07.09(木)

090709-2.jpg7月8日、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのプールバーをキャンバスとして、八重高美術部の生徒8名が南国八重山の海を表現している。4月1日にリブランドオープンしたホテルのプールバーの壁(縦95cm、横2.2m)5面に、ウミガメ、マンタ、ジンベイザメ、グルクン、ハンマーヘッドなど八重山の海を代表する生き物がアクリル絵の具を使い描かれている。美術部部長の下地由貴子さんは「壁画は初めての挑戦なので苦労しているけれど、楽しみながら部員みんなでがんばっています」と話した。生徒たちは6月1日に制作を開始、7月10日の完成を予定している。
090709_2.jpg


 

豊年祭はじまる

2009.07.07(火)

news090707.gif

7月6日に川平地区で豊年祭が行われた。地区内にある四ヶ所の御嶽のうち、赤イロ目宮鳥御嶽では、独特な儀式の「ビッチュル石」が奉納された。約60キロあるという石を9人の男性が順番に担ぎ、「ユイ」という力強い掛け声とともに奉納。地域住民や観光客が大勢訪れ、担ぎ手に拍手を送った。

これから八重山各地で豊年祭が行われる。


 

高嶺酒造所 創業60周年記念謝恩会

2009.07.06(月)

090705.jpg7月2日、觜睥羲鯊そ蠅料篭60周年記念謝恩会が市内のホテルで開催された。高嶺酒造所は、地釜による昔ながらの蒸留法を守る数少ない酒造所として知られ、平成20年度には泡盛のグランプリ賞である泡盛鑑評会で、最高賞の金賞を受賞している。
 今年の5月から三代目の社長に就任した高嶺聡史社長は、「これからも地域に根ざした泡盛作りをモットーに、オンリーワンの酒造所として高嶺酒造ならではの取り組みを続け、手作りの良さを全国にアピールしていきたい」と、あいさつした。この日行われた謝恩会には、多くの関係者や親類が集まり、高嶺酒造所の創業60周年を大勢で祝った。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。