石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2011年 3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

クバが開花

2011.03.31(木)

  3月31日、自然豊かな屋良部半島の御神崎灯台から大崎へ続く道の植え込みにあるクバから、鮮やかな黄色いものが多数覗いている。
 そんなクバの葉の間に、見えるのはクバの花。3月から4月にかけて咲く花だ。ヤエヤマコウモリが隠れていた葉の中から現れて、撮影する記者をじっと観察していた。
 台風に強く、大型台風が上陸して暴風にさらされても、クバだけは緑色を維持し得る。強靱な植物だ。



 

於茂登トンネルに漏れがない

2011.03.30(水)

omototonnneru2.JPG

 於茂登トンネルで定番だった天井からの水漏れがなくなっている。再三工事を繰り返しても、やまなかった水漏れで、わざと水を流しているというもっともらしい観測さえ生まれた。トンネル内は照明具が増えて明るくなっている。かつてトンネル開通で北部地区の人が市街地に引っ越す現象が生まれて、過疎をエスカレートさせたことで知られるオモトトンネル。安心して通れるトンネルに生まれ変わって、今度は何が生まれるか。


 

リュウキュウズアカアオバトが雨でずぶ濡れ

2011.03.29(火)

 鳩だが、ひとまわり大きい鳩なだけに、一目で「あれ?」と思うのがこの鳩。3月29日、元名蔵の電線で雨に打たれながら、うずくまっているリュウキュウズアカアオバトが10羽ほど見られた。
 アオバトとの違いは、下腹が白いアオバトに対し、ズアカアオバトは白くない。まず姿は鳩だが、それを疑いたくなる大きさがある。ズアカアオバトには、リュウキュウズアカアオバトとチュウダイズアカアオバトの2種いる。屋久島から南西諸島、台湾、フィリピンに留鳥として生息する。
 名前が、ズアカアオバトと頭が赤いアオバトという名前だが、台湾やフィリピンの種は頭が赤いが、日本のズアカアオバトは頭が赤くない。なぜか。台湾で名付けられたことから、こうなったと考えるとわかりやすいが、・・・。


 

漁協のセリの前にポスター掲示のお願い

2011.03.28(月)

onegai411.JPG

 八重山海域沿岸性魚類資源回復計画に取り組む八重山漁協は資源回復管理委員会が3月28日八重山漁協のセリを前に、仲買人にサッコーミーバイの禁漁のお願いを告げるポスターの設置を口頭で依頼。仲買人の関連の店などに掲示してほしいのでよろしくお願いしますと述べていた。今年2度目になるサッコーミーバイの禁漁は、今年の産卵予測は4月と5月の2回実施される可能性が高いことから、2度実施が決まっている。そこの理解を求める内容の掲示となる。このポスターが漁業関係者の間で広まれば、水産関係者が漁業者とともに進める取り組みが広く伝わり、それが評価されれば、やがて海関係の様々な事業所も資源管理に協力をする輪を広げることとなる。
 実際、県水産課は石垣島の遊漁船の事態調査に入る予定で、これまで個人の所有を含めれば何百にものぼる遊漁船が、どのように使われているか、把握されず、漁業資源との関係も捉えられていなかった。漁業者の水産資源管理への取り組みが真剣になってきたことを受けて、遊漁船のこのままの放置も将来はできないと考えて、県も重い腰を上げて動き出したととれる。もし遊漁船で大量に採れた魚が市場に売られているとすれば、漁業権との関係も問題になる。

 


 

満開のセイシカ鑑賞を誘う看板

2011.03.27(日)

 バンナ公園にセイシカ開花中の看板が出ている。3月25日に確認して、セイシカ橋の駐車場へいくと、満開のセイシカだ。少し時期遅れだが、まだ勢いはある。橋の下のセイシカも、激しく咲いており、例年こんなに咲いたかと不思議に感じるが、昨今台風の直撃が回避されている。その成果かも。


 

白保小学校で石積み作業

2011.03.26(土)

ishizumi4.JPG

 3月26日午前9時から石垣市立白保小学校で、学校の敷地を囲うブロック塀を石積みに変える作業がはじまった。これは白保村ゆらてぃく推進委員会が実施するもので、2008年から同委員会が町並み修理事業をゆいまーるで実施してきており、失われゆく伝統の風景石積み・フクギ・赤瓦の家並みを少しでも保全したいと取り組んできた。


 

海面利用協議会開催

2011.03.25(金)

 3月24日午後2時から八重山合同庁舎一階第一会議室で沖縄県海面利用八重山地区協議会が開催された。広く八重山の海の海面利用に関して、学識経験者や公益代表、漁業者代表、遊漁者代表、海レクリエーション代表の9名が集い、互いの立場で毎年一度話し合いの機会を持ってきている。
この日は、22年度の協議会で、八重山漁協が取り組む八重山漁業協同組合資源回復計画や、ナミハタ(サッコーミーバイ)禁漁区、また船会社と漁業者で行う竹富南航路の周辺利用連絡調整会議、オニヒトデの状況と対策について話し合われた。


 

石垣島にクロウタドリ飛来

2011.03.24(木)

 全身黒く、クチバシは黄色。目の縁が黄色い野鳥のクロウタドリが石垣島の公園で見られた。ユーラシア西部・アフリカ北部・西アジア・中央アジア・インド北部・中国南部に分布し、日本には迷鳥として知られる。南西諸島では冬鳥として記録があり、3月24日は市内公園で見られた。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。