石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2012年 3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

ヤツガシラ飛来

2012.03.28(水)

 何度見ても、たのしいヤツガシラが来た。3月27日、石垣島西部のアスファルト道路沿いでヤツガシラが飛来しているのがみられた。そばを車が走り去るのに驚いて、飛び去ってしまったが、ドライバーには、やはりスピードには気をつけてほしい。しかし。珍しい野鳥がいるのに、観光客の乗るレンタカーは、あっという間に通り過ぎてしまった。もったいない話なのだが、知らぬが仏。


 

イワサキクサゼミ鳴く

2012.03.26(月)

3月26日、石垣市の市街地からバンナ公園へのびる川原山線の沿道の雑木林でイワサキクサゼミが鳴いているのが見られた。オスがどこかで鳴けば、それをかき消さんばかりに、ほかの雄も鳴き始め、あたかも鳴き交わすかに、あちこちの雑木林にイワサキクサゼミの声が響き渡る。オスのそばにひとまわり大きい黄金色のメスが黙って現れ、葉を渡り雄に近づくと、オスは鳴くのをやめてさっそくメスに挑んだ。太陽の日差しが照りつける中、オスは葉にぶら下がる格好で交尾を試み、2匹は東風に揺れる葉の上で数分間じっとしていた。彼岸を過ぎて、寒暖を繰り返した後、24日のニンガチカジマイの強風から冷え込みを見せた後、徐々に気温が上がる日々となった八重山。この蝉の声が日本最南端から夏を告げる第一報だ。


 

デイゴが開花

 卒業式を迎えたあとの3月、石垣島ではデイゴの開花が見られている。鮮やかな深紅の赤を芽吹かせる、花の強さと賑わいぶりに、足を止めなくとも、気持ちを一瞬たりとも止めない人は少ないはず。石垣島のデイゴは、ヒメコバチに全滅に近い被害を受けたが、駆除活動の甲斐あって、こうして力強くデイゴが、息を吹き返している。


 

セイシカ開花

2012.03.22(木)


 聖紫花と当て字するように、淡い紫色の上品な花を咲かせる木がセイシカ。西表島と石垣島の山中で見られ、幻の花とわれたが、今は、沖縄本島の庭木になるほど園芸に使われている。野生のものは高木で、山中では花に近づくことが難しかったりする。森では、隣接する木々との生存競争が激しく、花はてっぺんで咲くため近づいても花が見えない。むしろ、遠くからであれば見ることが可能であるが、花びらを間近には見られない。石垣島ではバンナ公園に植栽のセイシカがあり、多くの人がこそで難なく鑑賞できるようになっている。となると、幻感がなくなる傾向にある。西表島のセイシカは、どこか石垣島のものより花びらが大きく見えるが、異種という説はない。白いセイシカもある。庭木に植える人も多いが、山で見る大木はなかなか見られない。3月から4月にかけて開花する。写真は、バンナ公園の植栽のセイシカ。


 

テッポウユリ開花

2012.03.20(火)

 3月18日、御神崎ではテッポウユリの開花が見られて、訪れる人の目を楽しませている。この日は、晴天に恵まれて、まだわずかなつぼみも開花に向けて色づきはじめており、まもなく開花が次々に始まる模様。

 


 

ツツジ開花

2012.03.17(土)

ヒラドツツジがバンナ公園で華麗に咲いている。見事な色合いは、派手さが先に立つ。赤の色が、ハイビスカスを思わせる色だ。激しく見えてくるので、造園植物らしさがある。虫の活動も活発になる頃合いだ。いよいよ、夏がはじまろうとしている。


 

南山舎やいま文化大賞の公募

2012.03.14(水)

 このほど南山舎では、創立25周年を迎えたことを記念して、南山舎やいま文化大賞を公募。その記者会見を3月12日午前11時から大浜信泉記念館で実施した。 挨拶にたった上江洲儀正南山舎代表は、25周年を迎えて何か八重山にお返しができないか、貢献できないかと考え文化大賞を決めたとのべ、八重山の力、八重山の価値を発掘し、八重山を突き動かしていく作品が集まってくれればいいと思うと、述べていた。大賞選考委員長の波照間栄吉氏は、公募する作品を説明。八重山に関する論文(人文科学、社会科学、自然科学)、評論、ノンフィクション、紀行文、エッセイ集などのオリジナル作品で個人・グループ(3名以内。代表者を指名すること)の未発表作品に限るもの。文字数はタイトル・見出しを含む12万字以上20万字未満。(400字詰め原稿用紙300枚から500枚)図版は文字数に含めない(30から40枚)。そして南山舎やいま文化大賞は、特に優れた作品に与えるものとしており、受賞者に賞牌・賞品が与えられ、受賞作品は南山舎が出版するとのこと。優秀賞もあり、賞牌と賞品が与えられ、希望者には受賞作品がホームページで公開される。応募締め切りは2012年12月10日。(当日消印有効)。発表は2013年3月下旬。問い合わせ先は、0980−82−4401。


 

キャンプファイヤー 見事な炎

2012.03.13(火)

「こんな炎は初めてだ」そんな声が参加者から聞かれたキャンプファイヤーがこのほど石垣青年自然の家でおこなわれた。驚きの火柱が感動を深めたのは、ちいろば保育園の保護者有志による「お別れキャンプファイヤー」。3月10日午後6時半からおこなわれ、ちいろば保育園くま組(3歳から5歳児)の保護者が主催して、実施されたもので、この時期、児童らの進学・進級あるいは、親の転勤の季節となる4月を控えており、子供たちに思い出になる行事をと行われたもの。集まった65人の親子が、炎を囲んで「友情の火」点火や、歌を歌ったり、ダンスゲームや声だしゲームなどレクリエーションで大いに盛り上がった。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。