石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2015年 1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

ロッテ121人が石垣入り

2015.01.31(土)

 1月30日、午後6時頃千葉ロッテの一行121人が石垣島入りして、出迎えた市民が空港の一階ロビーで待ちかまえる中、続々、マスク姿の選手らが現れて、送迎の車が待つ外へそのまま出て行った。球団代表や監督、副監督、選手主将、大嶺兄弟ら6人だけは、歓迎セレモニーに参加。中山市長の熱烈の励ましを受けて、球団代表がお礼を述べていた。
 今年で8回目の石垣島春のキャンプ。昨年は4位止まりで、石垣市民をがっかりさせたが今季は、再度日本一を目指して、ロッテ選手の大活躍が、期待される。


 

石垣島マラソン開催

2015.01.26(月)

 1月25日、第13回石垣島マラソンが開催され、午前9時、石垣市運動公園からフルマラソンと23キロコースがスタート。30分後の9時30分には10キロコースもはじまり、日頃の精進の成果を発揮させた。今回は、マラソン日本記録第2位の2時間6分代を記録した藤田敦史氏をゲストランナーに迎えて、約5000の参加者は冬の南国、石垣島で健脚を競った。
なお、男子フルマラソンは、藤田敦史氏が、男子23キロは入高島卓也氏、男子10キロは乕田佳則氏。女子フルマラソンは、久保田文さん。女子23キロは会田麻紀さん、女子10キロは南沙知さんが優勝した。




 

「サンゴを守って」 サンゴ礁基金

2015.01.25(日)

 1月24日、中央運動公園陸上競技場では石垣島マラソンの受付がスタートにともない、石西礁湖自然再生協議会が取り組む「NPO法人 石西礁湖サンゴ礁基金」への募金の呼びかけが14時から18時まで行われた。この日、登録に訪れた多くのランナーが募金に協力。4つの透明な箱はみるみる多数の千円札で満たされ、ボランティアで募金を呼びかける人には手応えある一日となった模様。今回の募金者には青い腕輪のチャリティーバンドが配布される。応援するランナーの腕にこのバンドを見つけたなら、それは石西礁湖のサンゴ再生への支援に理解を持つアスリート。島人との接点にもなり、ランナー同士の話題にもなりえる。見知らぬ人が海の自然再生で話が弾むというのは、爽やかで島にとってもうれしい話。なお、同協議会の取り組みがわかるパネルも展示され、意義深いブースとなっていた。25日は10時から16時まで室内練習場へ場所を移して募金活動を予定している。


 

ゆらてぃく市場のもちつき

2015.01.23(金)

 「ゆらてぃく市場 新春もちつき大会」が1月10日午前10時から石垣市美崎町のゆらてぃく市場で開催され、200人を越える市民が詰めかけ、もちつきを楽しんだ。この日振る舞われた餅は30キロ。一般市民が家族連れで訪れ、中でも幼い子を持つ親子連れや施設の幼稚園児らが、張り切ってキネを手に白い餅米を突きたてて、周囲に笑顔があふれていた。餅をつくことで、五穀豊穣・無病息災となる一年を祈願でいるとあって。運がつくように、気持ち込めて、杵を握る市民は、そのあと長蛇の列をなして、つき上がった餅に舌鼓を打っていた。


 

紅葉のハゼノキ

2015.01.20(火)

 ハゼノキの紅葉がバンナ岳の緑の中に映えている。昨今は、ひときわ目立つ紅葉の赤が亜熱帯八重山の山間部の森や林を飾り、見事な光景を見せてくれる。


 

田植えスタート

2015.01.19(月)

 1月17日午前11時半から石垣島平田原の仲新城淳さんの水田で田植えがはじまった。この日は曇り空で、苗の早い活着には支障があるものの、田植えを急ぐ仲新城さんには、天候よりも植え付け優先。さっそくコシヒカリ3反の植え付けに踏み切った。昨今、無農薬、減農薬の米の引き合いが多く、産業祭りや離島フェアでの販売を通して問い合わせの業者が14ほど増え、かつまた注文も昨年の倍を要求する業者も出て、大忙しの仲新城さん。今季は氏が平田原に持つ田の全部で3期米を栽培予定とのこと。高齢にかかわらず仲新城氏は、未だ挑戦の日々にある。


 

イヤナス御嶽で種子取祭

2015.01.16(金)

 1月12日、石垣島の登野城字会による種子取祭が午後2時からイヤナス御嶽で行われ、字会の役員らが集い、「稲が種アヨウ」が歌われて、今年の五穀の豊穣を祈願。毎年、このアヨウがこの御嶽で歌われているが、昔から歌われている曲であれば、価値は高い。


 

仲新城さんが初起しの田植えを実施

2015.01.14(水)

 1月2日と4日に田植えをしたのは仲新城淳さん。今年は、取引関係者から早期の収穫を依頼されて、毎年1月5日に実施している仕事始めの初起し行事を、早めたため。餅米の田植えを実施した。なお仲新城さんの本格的な田植えは、1月15日頃から実施予定で、まず一年の仕事始めの行事としての田植えが今年最初の田植えとはできないながら、もっとも早い田植えには間違いない模様。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。