石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2015年 11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

ドリームベースボール開催

2015.11.30(月)

 沖縄県・石垣市・一般財団法人自治総合センターが主催する宝くじスポーツフェア「ドリームベースボール」が11月29日石垣市中央運動公園野球場で開催された。少年少女ふれあい野球教室、ふれあい講演会、ドリーム抽選会と、往年のスター選手と交流した後、ドリームゲームが石垣市選抜チームと実施され、会場は1500人の超す野球ファンで盛り上がった。勝敗はドリームチームが4−2で勝利。桑田真澄氏や村田兆治氏がマウンドに上がると、一際大きな声援があがり、その剛球ぶりに驚嘆の声が上がっていた。


 

小浜島の結願祭

2015.11.29(日)

 国の重要無形民俗文化財に指定されている小浜島の結願祭が11月20日竹富町小浜島の嘉保根御嶽(かほねうたき)で開催され、数多くの長老が揃う中、北村、南村にわかれての奉納芸能が展開された。観光客も会場を取り巻いて、鮮やかな舞台衣装に身を纏った舞踊、狂言の舞台を、島の長老らとともに、鑑賞。多彩な祭りを楽しんでいた。


 

タゲリ飛来

 11月28日、石垣島平田原にタゲリが3羽飛来。二期作収穫後の水に浸した田んぼを歩きながら餌をあさっていた。繁殖する場所はアジアからヨーロッパにかけて。中国北部でも繁殖し、日本には主に冬鳥として飛来する。後ろに伸びる冠羽があるからか、翼の尖端で、初列風切羽根と呼ばれる羽根3つの尖端が白い。まるで指三本の先端だけが白い、謎の手品師といった感じだ。


 

シメ飛来

2015.11.28(土)

 11月19日、昼頃、スズメ目アトリ科のシメが数羽で飛来しているのが、石垣市立図書館の庭の緑地で見られた。シメは、スズメに似ているが、ずっと大きく、クチバシが大きい。頭が大きく、ずんぐりしており、小さいながら存在感がある。


 

ハヤブサ飛来

2015.11.26(木)

 11月23日、石垣島平田原近くの鉄塔にハヤブサが飛来しているのが見られた。
 鉄塔の頂きから一段低い位置で、周囲を見回し続けるハヤブサは、時に羽根を繕いながら、右に左に時には後ろに頭を動かし大きな目玉で獲物をねらっていた。


 

シロハラが飛来

2015.11.25(水)

 11月24日、石垣島の於茂登岳のそばにある嵩田林道で、シロハラが飛来しているのが見られた。まだ、山でしかみられないシロハラ。12月初旬に向け、ツグミの飛来は本格化すると、市街地近くでも雑木林に逃げ込むシロハラの姿や、島の田んぼや畑に現れるアカハラの姿が、島のどこにでも見られるようになる。こうなると島は冬の到来を実感する。


 

巨大ドングリ オキナワウラジロガシ

2015.11.22(日)

 八重山では、オキナワウラジロガシのドングリが、木の葉の陰から顔を覗かせている。日本一大きいことで知られるオキナワウラジロガシのドングリ。日本最南端の、自然豊かな光景といえる。


 

初イノシシ共同駆除

2015.11.18(水)

 11月15日、午前8時半から石垣島北部の伊原間漁港に沖縄県猟友会八重山地区(安田喜禮地区長)の45人が初共同駆除を実施した。これは毎年狩猟解禁の15日に近い日曜日に実施している猟友会のイノシシ駆除で、今回は大浦ダム周辺のイノシシ駆除を実施。開会の挨拶の後、注意事項を確認してから、45人と9頭の猟犬が3班に分かれて山に入り、イノシシ駆除に当たった。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。