石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2015年 12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

ダイナミックにミサゴ、大魚をゲッツ

2015.12.28(月)

 12月8日、ミサゴが石垣島の新川川河口でダイナミックに大魚をつかんで飛び去る光景が見られた。
12月に入って、北から来たばかりと言いたげに、威勢良く大きな翼を振り回して、上空を旋回、ホバリングを繰り返し、水中の魚をねらうミサゴの姿が、見られる。


 

2年ぶりに冬の石垣イベント復活

2015.12.27(日)

 12月26日午後6時15分から、宮鳥御嶽で第15回いしゃなぎら氷灯ろうまつり(主催石垣青年会)が開催され、多くの家族連れで会場は賑わった。今回の氷は、大洋フーズ株式会社の冷蔵庫を借りて、100個の氷が用意された。氷の灯ろうに炎が点火されると会場には幻想的な光景が展開。電飾も効果的で会場は大いに盛り上がった。


 

リュウキュウツチトリモチ現る

2015.12.23(水)

リュウキュウツチトリモチは、11月から12月にかけて出現する寄生植物でクロヨナ、オオバギなどに寄生。沖縄固有種で、日本には沖縄以外では分布しない。


 

アカハラ飛来

2015.12.22(火)

 サハリンやアリュウシャン列島などで繁殖し 台湾、中国南部、フィリピンで越冬するアカハラが12月21日、石垣島の白水で見られた。日本では本州中部で繁殖し、本州中部以南で越冬する。八重山には毎年多数飛来するツグミの仲間で、冬場にシロハラやハチジョウツグミといっしょに、雑木林に逃げ込む光景がよく見られる。


 

石垣島製糖が製糖開始

2015.12.19(土)

 12月19日午後3時から石垣市名蔵の石垣島製糖株式会社では製糖開始式が行われた。挨拶に立った松林豊社長は「大きな5度の台風に見舞われたが、なんとか昨年の8万トンに迫る7万8千トンの予測がついた」と述べ、また糖度の回復が遅れており、この日の搬入糖度も13度を予測したが12度後半にとどまったことを報告していた。今季は台風の影響から四方に倒れているキビの収穫の能率アップにハーベスターの運用を75%に上げて取り組むことも取り上げていた。
 この後、来賓挨拶では中山義隆石垣市長は、「(TPPの大筋合意で)この批准後、本市のみなならず、沖縄県の基幹産業のサトウキビ産業が壊滅的打撃を受ける恐れがあることから、県および関連団体と連携し、激変緩和や、経営安定化への強度など、国へ強く要望してもらいたいので、皆さんの協力をよろしくお願いします。」と、TPPによる貿易自由化が加盟国間で長いスパンながらも進むことが決まったことから、油断できないサトウキビ産業の行方を注視するスタンスを見せていた。一方で県の農林水産センターからはTPPに関する話は出ず、意識の乖離が目立っていた。
 先の長い話に落ち着いたTPPだが、自由化の波は間違いなく来ることに変わりがない。
 市価の6倍の値段とされる砂糖の国際的な経済環境は、影響力が絶大で、注視を怠れないものがある。
 昨年同様に年内操業を実施したが、今季はTPP大筋合意の後の製糖開始式で、内容が長期の取り組みに決着したことで、注目度が弛緩した感は否めない。貿易自由化の波へどう対応するか。大型台風襲来地の八重山にあって台風に強いサトウキビの基幹産業は、農業の盛んな八重山には特別重要なはず。県との連携を強化する必要がある中、辺野古の移設問題で県の姿勢と逆行する中山氏のスタンスが、ある種、農業への危機感を述べる言葉の真実味を失っている。辺野古移設賛成の市長スタンスは、個人的な好みでのものなのか。石垣市の首長である中山氏。石垣市を背負う責任感が、安倍政権の米国追従と中国刺激策に加担する方に向かう理由が知れない。核持つ中国に対抗するに、核持つアメリカに追従するのを、積極的平和と称して、海外への自衛隊派遣を拡大強調する安倍政権。憲法を無視してしまえば、中国とアメリカの軍および軍需産業関係者の思うつぼではないか。そんな短慮で、選挙空白が長いだけの国民指示は短命な首相に、なぜ恩を売るか。
 なお、今季2015/2016年期の製糖は103日の製糖日数を予定。来年3月30日に製糖終了し、搬入日数は91日でその間7万8343トンの原料搬入量を予定。


 

八重山で今季最低気温を更新

2015.12.18(金)

 12月17日は、寒い一日となった。日中から今期の最低気温となり、西表島大原で15時55分に14・3度、石垣島伊原間では14時22分に14・4度、与那国島でも14時8分に14・4度と更新。そのまま、夕方まで最低気温の寒さは続いた。石垣島白水の水田地帯にはホオジロハクセキレイが飛来して、水を張った田んぼの中を飛び回っていた。平田原では、寒そうにシロチドリやメダイチドリが身を縮めていた。
 


 

チョウヒ飛来

2015.12.15(火)

 八重山地方に強風が吹いた12月10日、石垣島白水の水田地帯にチュウヒが飛来。風に向かってゆっくりと移動しているのが見られた。低空飛行で移動していた。
 


 

ユリカモメ飛来

2015.12.10(木)

 真っ赤な足と暗い赤のクチバシを持つユリカモメが12月8日、石垣島新川川河口に飛来しているのが見られた。ユリカモメは、日本全国に冬鳥として飛来する。かつて八重山には、ユリカモメとともにウミネコやオオセグロカモメなど、数種のカモメたちがいっしょにいることが多かったが、最近はそんな光景は少ない。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。