石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2011年 3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

クロツラヘラサギ14羽が越冬

2011.03.02(水)

14kurotura0212.JPG 

今期、新川川河口でクロツラヘラサギの幼鳥の集団が多数見られてから、度々宮良川などで餌を食べているところを目撃されていた。ただ現れたり見えなくなったりと、固定したねぐらが不明で行動パターンもわから今回のクロツラヘラサギ群れ。3月1日は、磯辺川の河口で休んでいるのが見られた。周囲にはシギ・チドリ類が多数いて、彼らは騒がしく鳴き、しきりに餌をついばんでいた。
 今期は冷え込みが早い時期からあって、アオサなどの藻類の成育もよく、野鳥が餌にする生物も多数見られたのではないか。藻類のみどりが目立ち、シギ・チドリのにぎやかな海浜で、クロツラヘラサギ14羽は、ヘラを体に乗せて、じっとしていた。
 今期は夏羽傾向を帯びるまで八重山にいるのか、注目したい。夏羽は後頭の冠羽が淡黄色になり、胸の羽もその色になる。
 朝鮮半島西海岸と中国の一部で繁殖するクロツラヘラサギは、台湾・ベトナム・中国・香港・韓国で越冬。日本では九州中心に少ない数だが越冬する個体はあるとされる。八重山では1999年に新川川河口に2羽見られてから、年々冬期に目撃頻度が増え、越冬個体も確認されて、今年はなんと14羽の群れの越冬と、八重山飛来は定番傾向にある。今期14羽は、まとまった群れの数としては、もっとも多いかも。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。