石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2011年 3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

八重山と原発

2011.03.14(月)

 東北・関東そして日本の中枢の首都圏が危機に晒されている。福島原発の問題は東北の問題に見えているうちはいい。しかし、これが放射性物質の大規模な拡散につながり、混乱が増せば先は見えなくなる。
 八重山は福島原発から遠いかもしれないが、与那国から111キロ(石垣島からは235キロ)西の台湾には、3つの原発があり、新たに動こうとしている第4原発は、昨年3月に試験中火災を発生させている。
 台北より北に3箇所(第四を含めて)あり、八重山から見ればずっと北にあるが、事故があれば、風にのって放射能がこないともかぎらない。国交なき隣国台湾の原発事故が、発生してもすぐに通報されるかである。まず無理。分かったとしても放射能が西に流れ出せば、島ごと避難となる。客船のなくなった八重山から5万近い住民の避難が果たしてできるのか。福島原発を他人事に見られない。
 マクネチュード8・8からマグネチュード9に変更された東北地方関東大震災(東日本大震災)の報道を見るとき、明和の大津波の規模の地震が250年周期で何度も起こって来たのではないかという説が、やにわに現実味を帯びてくる。ちょうどそんなタイミングである。備えるべきことが山のようにあることを自覚したい。(写真は台湾とつながる貨客船「飛龍」の最後の出港シーン)


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。