石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2013年 9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

秋のスジグロカバマダラ

2013.09.25(水)

 濃淡2色のオレンジ色で、よく見れば美しい蝶のスジグロカバマダラは八重山ではポピュラーな蝶だ。毒を持つため優雅に飛翔する。だからじっくり観察できる蝶だ。国内では宮古島以南、国外ではオーストラリア、東南アジア、インドなどに分布する蝶で、幼虫の食草はガガイモ科のリュウキュウガシワ。幼虫の頃、食草の毒を体内に溜めるため、成虫となった後は、優雅な飛翔で生きられる。そこはオオゴマダラといっしょだ。寒くなると集団で集まる。この日、八重山の山中で極端に数多く見られたのはそのためかも。宮古より北では迷蝶となるため、国内では先島独自な蝶と言える。元は「平良市の蝶」だったが、今は市町村合併で宮古島市となって、新たな「市の蝶」はオオゴマダラに変更された。オオゴマダラは与論島以南に分布する蝶だから、変更の意味は不明。日本一大きな蝶だから、目立つためか。オオゴマダラは「石垣市の蝶」でもある。スジグロカバマダラは先島の蝶なのだが、有名どころに持って行かれた感がある。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。