石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2017年 1月
« 12月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

尖閣諸島開拓の日式典

2017.01.14(土)

 1月14日12時30分から石垣市民会館中ホールで石垣市主催の尖閣諸島開拓の日式典が開催され、多くの市民で会場は埋まっていた。
 今回は演壇で条例の読み上げは行わず、式典の中で行われた講演会では、長崎純心大学准教授の石井望氏が講師となり「悠久の尖閣史、最新の研究を語る」と題して、最新の研究成果を公表。尖閣諸島の中国名とされる「釣魚島」は、1534年に琉球人が明国の陳侃(ちんかん)なる人物に琉球へ行くルートを教わったときに、琉球人から釣魚○なる場所を表記した文の記録を発見。尖閣に関して、釣魚と書くものが琉球人が最初で有ることを説明していた。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。