石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2017年 1月
« 12月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

第15回石垣島マラソン開催

2017.01.22(日)

 1月22日、石垣島マラソンが開催され、石垣市中央運動公園のゲートを出発点にフル、24キロ、10キロにエントリーしたアスリートがスタート。午前9時の号砲ではフルマラソンと24キロマラソン。10キロは9時20分からスタートして、石垣島の風を切って、参加者は心地よい汗を流した。
 フルマラソンの優勝者は、神奈川県から参加の石垣弘志さん(29)。タイムは2時間25分16秒。女子は東京都から参加の加納由理さん(37)。タイムは2時間49分47秒。石垣さんは、湘南国際マラソンで2位の実績を持ち、このとき2時間20分42秒を記録。それが初回のマラソンで、今回6度目で初めて優勝に輝いた。今回、石垣島マラソン参加は、昨年11月の福岡マラソンに出場を決め、その褒美に石垣島の観光を兼ねたマラソン出場を計画。残念ながら福岡マラソンは怪我で出場できず、褒美にと計画した石垣島マラソンだけ参加することとなったとのこと。事前に調べると、1キロを3分20から30で走れば、ダントツで行けると予想しての出場。走ってみてアップダウンがきつく、苦労したとのこと。
 走っていて海がすばらしく、緑も森が美しかったとのこと。来年も是非走りたいと述べていた。女子の加納さんは日本代表の経験のあるマラソンランナーで、2009年にベルリン国際陸上マラソンで7位入賞を実現。2010年名古屋国際女子マラソンでは優勝。資生堂に所属していたが。怪我の多さから2014年引退し、今は一般アスリートとして、マラソンを楽しんでいるほかスポーツイベントなどにも出演。今回は東京マラソンを前に、フルマラソンの練習ついでに観光が出来る石垣島マラソンに参加したとのこと。東京マラソン前に石垣島マラソンというパターンが男女の優勝者から出た。このパターンは結構普及しているかも・・・。



 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。