石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまニュース
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2008年 4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
新着ニュース
記事検索
バックナンバー

八重山ブログ『やいまNEWS』

サニズ

2008.04.10(木)

                                旧暦の3月3日といえばサニズ。4月8日の白保の海岸では、サニズを楽しむ人がテントを張って、昔懐かしの貝採りや漁獲を楽しんでいました。
 魚湧く海保全協議会がサニズで魚垣に網を張って、魚の捕獲を実施したほか、白保出身の女性らがグループで海の獲物を集め、楽しく語らっていました。
 この日は小中学校の入学式とかち合ったために、子どもたちの姿はなく、大人が昔を懐かしんでの一時が主流です。魚垣には、干潮とともに24匹の魚がかかっていました。
 大きなシマダコを3匹も担いで水揚げする漁師の姿も見られて、豊かな海を実感。口々に魚が減ったと巷では言われていますが、まだまだ白保の海は健在です。
 自然と人のつながりを、昔の行事を通して学習する機会が、この白保の魚垣を通じて学べる環境が与えられています。しかし、入学式の日程優先でその機会が失なわれていくのが、現代の主流の教育です。教育関係者がこれでは、宝の持ち腐れでは?。自然に合わせる感覚を失って、果たして「学習」は成立するのでしょうか。子どもの未発達の頭脳からして本来自然界のもの。合わせる感覚が教育の原点では?。


 


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。