石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2007年 6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
>ブログやいま2015年5月以前の記事はこちら

記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『南山舎スタッフ通信』

祝! 豊年!

2007.06.28(木)

豊年祭まであと1ヶ月後・・・という、ある日の南山舎。
「今年は豊作!」といわんばかりの作物(?)が!!!
決して、毎日こんな状態ではないが、この日はたまたま、いただきものが多かった。パイン、与那国のかまぼこ、砂糖てんぷら、ケーキ、クッキー・・・。ありがたや〜。今夏も来夏世も、南山舎の台所のように豊作でありますように。
ちなみに今年の四ヶ字の豊年祭は1日繰り上げて7月27日、28日になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熊谷溢夫さん

2007.06.26(火)

20070626-1.jpg

 

6月21日(木)24日(日)、市民会館展示ホールで開催された石垣島在住の工芸作家5人による作品展示会に「情報やいま」で「熊谷溢夫(くまがいいつお)の昔話」を連載中の熊谷さんの作品も展示されていると聞き、観てきました。

 

今回熊谷さんは切り絵と点描画の作品を展示されていました。切り絵のほうは「シーサー」をテーマにされていて、人や動植物と一緒にいるシーサーは魔除けというよりも、その場を一緒に積極的に楽しんでいるような、見守っているような印象でした。「シーサー」=「純粋さ、素朴さ」なのかな?と思いました。また「情報やいま」で掲載されるものとは違って「が使われていたので、新鮮な印象もうけました。

 

切り絵に使われている熊谷さんのサインが初めて観るものだったので聞いてみると、切り絵用に作ったのだそうです。

「『ク』と『マ』(熊)をカタカナで並べたら真ん中が寂しかったので、『ク』は『久』にしてしまえばいいんだと思ったんです(笑)。結構テキトーなんです(笑)」と楽しそうに言っていました。

何か物を作る時や作り続けるためのヒントのようなものを得た気がしました。

 

20070626-2.jpg

 

写真は、熊谷さん宅。南山舍+熊谷さんの「情報やいま」以外の展開の打ち合わせにくっついて行ってお邪魔させていただいた時のもの。どんな展開かはお楽しみに。

(左)打ち合わせをする熊谷さんとスタッフと熊谷さん愛猫のリンゴ

(右上)熊谷さんの切り絵用サイン

(右中)熊谷さん宅の壁にかかっていたイルカの絵と点描画

(右下)工房で製作されたシックイシーサー

 

ちなみに情報やいま7月号では、特集の挿絵を熊谷さんに描いていただきました。

 

■熊谷溢夫 くまがいいつお 71歳

1936年生まれ。金沢美術工芸大学彫刻科卒。東京でイラスト、デザインの仕事をする。東京日本橋高島屋、船の科学館、トヨタ記念館等のイラストを描く。30歳を過ぎて中米、東南アジアを訪ね歩く。石垣島に来て「海の生きものたち」を手がけて24年。現在、月刊誌「情報やいま」でも執筆活動をしている。新川にある工房のギャラリー熊ではシックイシーサーづくり体験教室を行っている。

作品(南山舍の本)

「美しい自然があるからみんな元気で生きられる。」

「屏風山のハブ」の切り絵

何の雛?

2007.06.22(金)

P1010027.JPG

ふさふさの毛

 

生後まもない

 

 

この鳥は?

 

 

なんの雛でしょう

P1010021.JPG

2週間くらいたちました。

 

 

 

親にはまだかないませんが

 

 

 

 

だいぶん大きくなりました。

 

 

 

 

 

なんとなくわかってきましたか?

 

 

そう

 

 

答えは・・・

 

 

 

P1010016.JPG

ダチョウでした。

大底農園では飼育に成功し食堂もオープン。大底農園で検索してみてください。

 

美味! 北の味

2007.06.21(木)

三線教室でのこと。

皆さんどう見ても三線ではなく、何かに夢中になっています。

それは、「タラバガニ」さんです!

北海道在の三線仲間のT子さんが「カニ」を送ってくれました。

南の島で食べる北の幸。

磯の香りと甘味がたまりませんなぁ〜☆☆☆

と、いうわけでこの日は3曲ぐらいしか練習しませんでした。20070621.jpg

剣士集う!

2007.06.20(水)

20070620.jpg

第31回先島親善剣道大会(主催・八重山剣道連盟、宮古郡剣道連盟)が6月16日、石垣少年自然の家体育館で行われた。本大会は、宮古、八重山における剣道の普及と技の向上を図るとともに両剣道連盟の一般・少年剣士の親善交流を目的として行われ、今回で31回目の大会となる。試合は、一般の部は大将戦にまでもつれる接戦となったが、八重山・森井会長の気迫あふれる鮮やかなこてが決まり、9勝9敗で両者引き分けとなった。少年の部は、八重山勢(三川・上原・八重山)の見事な技が連続で決まり、日々の稽古の成果が発揮され、15勝8敗で圧勝した。大会終了後は、交流会が行われ親睦を深めるとともに、来年宮古で行われる大会での再会を誓った。

梅雨の晴れ間

2007.06.17(日)

最近雨が降ったり止んだりの八重山地方ですが、晴れると夏のような雲を見せてくれたりします。写真は家の近くにある新川川の河口で、天気がよかったので散歩がてら撮影してきました。ちなみに左下に写っているのが竹富島です。 20070617.JPG

 

iwa 

緑肥による赤土流失防止

2007.06.14(木)

20070614.jpg

以前から沖縄では赤土流失による海域汚染・サンゴ死滅など、環境破壊が問題となっている。
八重山も例外ではなく、大雨が降れば海岸いったいが茶色に染め上げられる光景は珍しくない。
石垣市では赤土流出防止対策の一環として、緑肥作物種子・サトウキビの葉ガラ梱包・グリーンベルト用のゲットウ苗を農家に無償提供するなどの取り組みを始めた。
八重山でも休耕期間には、写真のように緑肥としてクロタラリア・ピジョンピー・ヒマワリなどが植えられているサトウキビ畑を多く見るようになった。

八重山の最大の魅力である『自然』を変わらない姿で後世に残していくには、市民・観光客一人一人の心掛けが大切である。

蔵原御嶽

2007.06.13(水)

20070612.jpg 

真栄里にある蔵原御嶽。嶽域は小さいながらも神聖な空気な漂っています。

海に浮かんでいたという不思議な霊石を祀っています。

霊石はガジュマルの根にすっかり覆われてしまいました。

スズメウリと飲む玄米

2007.06.08(金)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

職場のおやじ系ねぇねぇが拾ってきた。植物に詳しいk部長にたずねると”オキナワスズメウリ”とか。調べてみると、やぶ地や林縁などに生える、つる性1年生草本で、石灰岩地帯でよく見かけるとのこと。あーーーそっかぁ!白色の縦模様がスズメと似ている♪とってもカワイイ(^^)

 

                 OLYMPUS DIGITAL CAMERA           こちらは飲む玄米!          沖縄にはこのような栄養ドリンクがた〜〜くさん、あります☆ 味のほうは・・・昔懐かしい味が。    ちぃさい頃に飲んだような気がするが、30年前に東京にもあったのかなぁ〜。 あずきや玄米をいれておかゆ風にしてもおいしいかも!?

 

愛用の手帳

2007.06.05(火)

はいさい!
今日から時々こうしてお便りします、オヤジに近いねぇねぇです。どうぞヨロシク!

今日は私の愛用の手帳をご紹介します。
ひとつはコレ!毎度おなじみ「八重山手帳」コレには仕事のスケジュールがビッシリ!?書いてあります。

そしてもう一冊がこの、高田純次の「適当手帳」これは昨年の暮れにわざわざ友達が送って来てくれたもの。(頼んではいないが)中を開くとかなりヤバイ内容!書店で見つけた人は一度手にとって見て欲しい。私の師匠と仰ぐ、ジュ、ジュ、ジュ、ジュンジ君♪の適当な生き様が詰まった一冊となっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この手帳、毎日日替わりで純次語録が収録されていてホントくだらなくて笑えます。
ちなみに今日のページは・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。