石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2007年 7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
>ブログやいま2015年5月以前の記事はこちら

記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『南山舎スタッフ通信』

「八重山の焼きもの」特集 宮良 断さん

2007.07.26(木)

8月17日(金)〜25日(土)の間、大濱信泉記念館で「八重山の古陶−その風趣と気概−」展示会が開催されます。

情報やいま8月号では、八重山古陶研究会メンバーの中から、考古学者の阿利直治さん(石垣市教育委員会主査)と陶芸作家の宮良断さん(アンパル陶房主宰)にご協力いただき「八重山の焼きもの」を特集します。

特集では、こんにち知られる約200箇所以上の八重山の遺跡の発掘調査から出土された、八重山の最古の土器・波照間島の『下田原式土器』や、下田原式土器の登場から3000年後に登場した鳩間島の『中森式土器』、新城島で造られていたとされる『パナリ焼』から見える、八重山の土器の特徴や歴史を始め、仲村渠致元を祖とする『八重山焼』の誕生や製陶技術、また現代の焼きもの事情をまとめていただきました。

20070726-1.jpg
宮良断さん

「製作の現場から見た八重山古陶」をまとめていただいた宮良断さんからコメントをいただきました。

「今までの八重山の歴史の中で『陶器』が見直されるのは初めてのことなんです。『八重山の古陶』の調査、研究の結果、これまで沖縄本島で焼かれたとされていた名品のうち、かなりの数が八重山産らしいことがわかってきています。これは陶芸作家にとって衝撃的なことだと思います。今回の特集や『八重山の古陶−その風趣と気概−』展示会は、一般の方にも『八重山の焼きものの歴史』について知ってもらったり、見直してもらういい機会になると思います。とても意義があることだと思います」

「八重山の古陶−その風趣と気概−」
開催●沖縄本島:那覇
期間:7月31日〜8月12日まで
場所:那覇市立壺屋焼物博物館
開催●八重山:石垣島
期間:8月17日〜25日まで
場所:大濱信泉記念館
★入場料無料です。

20070726-2.jpg
特集では八重山の古陶(擂鉢)づくりの再現もしていただきました

20070726-3.jpg
アンパル陶房
アンパル陶房のホームページ⇒http://www.cosmos.ne.jp/~yuna/anpal.htm

■宮良 断(みやら だん)
1975年7月26日石垣市に生まれる。1994年八重山高校卒業。1998年4月、沖縄県立芸術大学(陶芸コース)卒業。7月、沖縄県工業技術センター研修終了。8月、石垣に戻り石垣産磁器の開発を始める。2002年「島の手しごと」展。2004年沖縄県文化協会奨励賞受賞。11月「ヤキモノチカラ」展。2007年八重山古陶研究会に参加。

さぁさぁさぁさぁ〜!

2007.07.25(水)

 四ヶ字ももうすぐ豊年祭!各家々には糊付けされた着物が並び始めます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 左から頭着(カシラギ)、婦人会の巻踊り用の着物、そして右の二着がクンズン。内一つは、今年、小浜島の方に織っていただき新調したもの。
 豊年祭といえば、私の友人はつい先日腹痛を訴えて病院へ。「(ねんのため)婦人科には行った?」と先生に聞かれたが、頭の中が豊年祭一色の彼女は、「婦人会は今日から練習です」と答えたそうです・・・。

上方落語

2007.07.22(日)

桂都丸さんの独演会がありました。8月号ではインタビューを掲載予定です。

7月.jpg

海を眺めつつ…

2007.07.17(火)

20070717.JPG

鳩間島です。

サンシキの木陰で海を眺めながら飲む生ビールは美味しいですよ!

iwa 

町探検! 大濱信泉記念館の巻

2007.07.16(月)

20070715.jpg

2007年06月19日(火)晴れ

かわいいお客さまが記念館に来てくれました。登野城小学校3年生のみなさんです。
猛暑のなか、調べ学習「町探検!」ということで、来館いただきました。

事前に先生から連絡があり、子どもたちが質問してきたら答えてほしいとのこと。

質問に答えられるか心配でしたが、やはり、想像もしていなかった質問が続々と・・・。
私の方が調べ学習したような結果で・・・。

子どもたちにとって、この大濱信泉記念館は『なぜ?』と感じることが多かったみたいです。
赤白帽と水筒持参のスタイルで、「ありがとうございました〜」と元気よく去って行きました。

※写真は、記念館について調べていた3年3組5人組です。

熱研第二回一般公開

2007.07.14(土)

20070714.jpg

先日、石垣島にある「独立行政法人国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点(通称:熱研)」の第二回一般公開が行われた。

パネル・資料での研究活動紹介をはじめ、珍しい熱帯果樹の苗木の配布やハウス内公開、花の摘み取り配布、栽培果実の試食など、様々な形で市民・郡民への活動公開があり、楽しめるイベントであった。

今後この研究成果を地元へブレークダウンし、既存作物の品質向上、新作物や新品種の導入・普及を通して、地元産業の活性化へ一役かってくれることを一市民として期待したい。

石敢當

2007.07.12(木)

20070712.jpg

hateruma jima no ishigantou

プチトマト♪

2007.07.09(月)

プチトマトのほうが栄養価が高いそうですよ!

夏野菜をたくさん摂って営業をがんばるゾォ〜〜  ♪

20070708.jpg

暑い!熱い!!宮古島!!!

2007.07.06(金)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月23日に行われた「宮古島ロックフェスティバル」に行ってきましたーー!!

当日はもちろん、ものすごい数の観客で大盛り上がり!

だが・・・前夜祭のライブもかなり良かった!
会場が狭かったせいか妙に一体感があり、ものすごい開放感!!

そこで一目惚れしたのが宮古在住の「ハーベスタ」という男の子のユニット。かなり良かった!!
特に最後から2番目の曲!なんてタイトルなんだろ??

その後の「U-DOU&PLATY」のうちな〜レゲェは面白くてノリノリだし、トリの「RYO the SKYWALKER」は声がすごく素敵でかっこよかったし、他にも盛りだくさんで、あんなに最高なライブをFREEで聞けるなんて宮古ってスゴイ!と思った。

前夜祭、当日、後夜祭と3日間、宮古島はほんっとうに熱かった。

石垣でもこんなのやりたーい!

 

 


 

庭に咲いたハイビスカス4花

2007.07.01(日)

20070701-1.jpg20070701-2.jpg20070701-3.jpg20070701-4.jpg

現在、竹富島に住んで半年が経ちました。昨年末に引越ししたときに庭に枯れそうなハイビスカスが4本生えていました。季節が夏に近づきある朝、4本の枯れそうなハイビスカスの枝から見事な4つの花が咲いていました。おもわず、パチリ・・・


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。