石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2017年 11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
>ブログやいま2015年5月以前の記事はこちら

記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『南山舎スタッフ通信』

沖縄タイムス出版文化賞詳細

2016.01.18(月)

s-DSCN0989.jpg

今日(2016.1.18)の沖縄タイムス21面に、第36回沖縄タイムス出版文化賞の選評、受賞コメントなど詳細が紹介された。

選評の一部は以下の通り。

(略)その表現は抑制された言葉で綴られてはいるが、長年「島の手仕事」を支えた人々の語った言葉と、その存在を慕う著者の思いが共振し、豊かな世界を読み手に届ける。また、表紙には、著者が織りあげた布の写真が使用され、「資料編」(糸素材、染料植物、織物用具、島々の織物、制作過程など)、八重山織物の「参考文献」も収録されており丁寧な本づくりがなされている。家人の大森一也の撮影した写真は、八重山の自然や、島で生活しながら布を着こなす魅力的な人々と織物文化の美しさを捉え、効果的に使われている。さらに、八重山の地元出版社の質の高い編集力やレイアウトの美しさ、価格設定も含めた総合的なバランスの良さ、テーマとする<織物文化と島の手仕事>を通して、島の暮らしの美意識をも表現する出版物として資料価値も高く、硬質な総合力を持つ著作である。

受賞コメント

沖縄に関する執筆活動を行っている者にとって、これほど名誉ある賞はないと思っています。八重山に暮らし、出会った多くの方々のおかげです。島々の染織を教えていただきました関係者の皆様、拙い原稿を本にまとめてくださいました南山舎に感謝の気持ちでいっぱいです。これを励みによりより仕事をしていきたいです。
  s-DSCN0976.jpg

じつは一昨日(2016.1.16)の沖縄タイムスにも本書の書評が。
多和田淑子さん(染織家)が次のように評している。(一部)

(略)本書は全編を通して手仕事への賛歌であり、手仕事とともに心豊かに生きる人々への共感が、現代を生き抜く標となるであろうことを示唆している。差し込まれた写真が実に良い。そこには八重山がある。神を祀り、祖先を敬い穏やかに暮らす人々がいる。文章と相まって八重山の原風景がある。著者の実技者としての視点で捉えた染めること、織ることの実際的な説明も数多く見られ、染織に携わる者には小さな疑問への答えもある。資料編は八重山の織物全般が写真も添えて詳しく説明されていて分かりやすく、八重山の織物の参考書として活用できる。

  『島の手仕事』書評の下、「県産本コレ読んだ?」のコーナーでは、大森出版部長が古川純編『八重山の社会と文化』(南山舎)を紹介している。

「(略)本書は八重山の社会が直面する今日的問題を、その歴史と文化を背景にあぶりだす。沖縄が抱える問題と根底は一つである。南山舎は小指の先にこだわって、声をあげる。」

→安本千夏著『島の手仕事』

→古川純編『八重山の社会と文化』

 

琉球新報活動賞

2016.01.16(土)

s-DSCN0984.jpg

南山舎が第38回琉球新報活動賞をいただけることになりました。

賞の基本理念は「一隅を守り千里を照らす」。嬉しい限りです。

s-DSCN0964.jpg

トップの社告で。

s-DSCN0966.jpg

28面でも紹介してくれています。

今年南山舎は30年目。「八重山」みんなのおかげです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

沖縄タイムス出版文化賞

2016.01.06(水)

s-DSCN0581.jpg

お知らせします。

安本千夏著『島の手仕事』が第36回沖縄タイムス出版文化賞(正賞)に選ばれました。

今日(2016.1.6)の沖縄タイムスに告知されています(上の写真)。感謝。

選評など詳細はちかく発表されるようです。

急ぎ、ご報告まで。


→安本千夏著『島の手仕事』

 

安本千夏著『島の手仕事』

2016.01.04(月)

s-DSCN0579.jpg

あけましておめでとうございます。

みなさんにとって2016年が良い年でありますようお祈りします。

今年もまた南山舎をどうぞよろしくお願いします。

さて、暮れの31日『琉球新報』文化欄。宮城一春さんが、「2015年末回顧」として県内出版界を振り返っているが、1年間の発行点数450点余のなかから、なんと南山舎発行の安本千夏著『島の手仕事』をいの一番に取り上げてくれている。

「私が今年最も評価したのが安本千夏『島の手仕事』(南山舎)。八重山の染織に携わる方々に取材してまとめた書だが、著者の一方通行ではなく、取材対象者としてしっかり向き合い、語る言葉を一つひとつ咀嚼したうえで書いている。資料編もわかりやすくまとめ、八重山の染織を理解するためには欠かせない書となるであろう。写真・装丁・編集ともに、印象に残る書であった。」

本書は第3回南山舎やいま文化大賞受賞作。二重の意味でありがたく嬉しい。

安本千夏著『島の手仕事』

 

恵勇爺と泡盛談

2015.12.15(火)

s-DSCN0510.jpg

沖縄タイムス2015.12.12(土)「県産本コレ読んだ?」のコーナーで、大森出版部長が、水田耕平著『イリオモテのターザン 恵勇爺と泡盛談』の紹介をしている。

「酒を愛し、自然を愛し、変わり者として独りジャングルで世間の決まりごとなどと無縁に暮らしながら、それでも人が好きだった恵勇爺。飲んで語る自らの体験談はそのまま民話のようだ。卑俗な話をしていても神話のような響きをもつのはなぜだろう?」と。

 

第31回八重山毎日文化賞贈呈式及び祝賀会

2015.11.24(火)

11月21日(土)第31回八重山毎日文化賞贈呈式及び祝賀会(八重山毎日新聞主催)が石垣島のホテルミヤヒラにて開催されました。

主催者を代表して八重山毎日新聞社の黒島安隆代表取締役社長は、「八重山毎日文化賞は昭和60(1985)年、八重山毎日新聞創刊35周年を記念して始まりました。
八重山における文化研究の発展を願い、顕著な業績をあげられた研究者や、芸術・伝統文化など郷土文化の振興に輝かしい功績をあげられた方に贈呈をいたしております。
両氏は竹富島出身で、小さな島から大きな素晴らしい実績を残されております」と式辞を述べました。

睥翳祐氏は、大学で宮良當壮氏の講座から受けた影響や、柳宗悦氏の著書から受けた感銘などを話し、「大学を卒業したら、郷土芸能教育を進めようと決意いたしました。
当時は学校で郷土芸能をすることは認められていませんでした。
当時は『三線を弾くのはピラツカ』と言われていました。
(ピラツカとは、農具のヘラの、持つ柄の部分のこと。ヘラの刃は働き者、ピラツカは曲がって使い道がない木を用いたことから、つまりピラツカとは怠け者の意味)
また、『芸能は肴屋でやるものであって、学校でやるものではない』と言われました。
今や郷土芸能は小中高で最も力を入れているとも言える教育活動になり、県大会や全国大会で成績を残しています。郷土芸能部を結成した頃からすると、正に夢のようなことであり、喜びに堪えません。
郷土芸能は文化の源、郷土芸能は平和の贈り物、郷土芸能は世界の架け橋。
これが私の郷土芸能に対する想いであります」と挨拶しました。

狩俣恵一氏は「芸能、文化研究をしてきて感じることは、八重山の芸能、八重山舞踊を今後どのようにして琉球舞踊に対抗するものにもっていくかという長期的展望です。
我々が誇りに思っている八重山舞踊ですが、舞踊や芸能にとって、衣装や舞台道具などの環境は大事です。
各島々の伝統芸能の保存は各島々の公民館が中心になって支えていますが、八重山舞踊は支えるところがありません。多くの実演の皆さんは手弁当です。
これはぜひ、八重山広域圏で長期的な展望で検討していただき、そして我々もそれに向かって研究し、八重山芸能を重要無形文化財に持って行く。
今後の八重山芸能の更なる発展に繋がると思い、こういう機会に考えていただきたいと思います。
私の原点には、竹富島の先輩から古謡を習い、アヨーユンタジラバを習った、ということがあります。
今日会場に竹富島からお見えの前本隆一さんから習った『ピンニ木アヨー』があります。
一節謡って、ご挨拶とさせていただきます」と挨拶し、『ピンニ木アヨー』を謡いました。




県立芸大移動大学

2015.11.23(月)

第8回沖縄県立芸術大学 移動大学in竹富島・小浜島

 12月19日、20日の2日間、沖縄県立芸術大学の移動大学(沖縄県立芸術大学主催、竹富町教育委員会共催)が竹富島と小浜島で開催されます。

 11月19日、石垣港離島ターミナルの会議室で開かれた記者会見で、竹富町教育委員会の大田綾子教育長は「生涯学習の大切さが叫ばれている昨今ですが、竹富町では外部講師を招いて学ぶ機会がなかなか持てないのが現状です。今回の9講座が設けられた移動大学は、子供たちだけでなく地域の皆さんが芸術に触れることができる機会だと喜んでいます。子供の頃の遊びや学びが、就職する時の根気強さにも繋がります。これをしたい、これをするにはどうしたら良いのか、という発想を、今回の移動大学で学べるものと期待しています。竹富島、小浜島以外の島からも参加ができるようにしたい」と挨拶しました。

 久万田晋教授は「空手演舞・琉球芸能公演を開催します。空手教室の先生、琉球舞踊、三線の先生に加え、大学生、大学院生が公演します。地域と大学の交流の場にしたいと考えています。竹富島は12月19日の19時半から竹富島まちなみ館にて、小浜島は12月20日の19時半から小浜公民館にて、入場無料です」と参加を呼びかけました。

 「沖縄文化教室」の講師・波照間永吉教授は「紙芝居と『琉神マブヤー』のビデオを見ていただきます。紙芝居は各島の伝承を題材にして、物語を私がつくりました。また、『琉神マブヤー』の中には沖縄や琉球文化の要素が散りばめられていて、そして私たちの生活の中にも生きている、という話をします。その中で地元のことを考えてもらえたら良いと思います」と趣向を説明しました。

 沖縄県立芸術大学の比嘉康春学長は「竹富島と小浜島は芸能が盛んな島々とお伺いしています。そういった地域の方々と交流しながら、私たちも学んでいきたいと思います」と挨拶しました。

 沖縄県立芸術大学の移動大学は、平成21年度に西表島大原、平成22年度に与那国島での開催に続き八重山では3回目、竹富町では2回目の開催となります。

●第8回沖縄県立芸術大学 移動大学in竹富島・小浜島
期間:平成27年12月19(土)〜20日(日)
※事前に申込みが必要
※時間帯が重ならなければ複数の講座を選択可能

【竹富島】
◎開催講座
空手教室
19日14:40〜15:40または
20日10:00〜11:00または
20日13:00〜14:00

琉球舞踊教室
19日13:30〜14:30

三線教室
19日13:30〜14:30

沖縄文化教室
19日14:40〜15:40

カラフルにじみ絵教室
19日13:30〜15:40または
20日10:00〜12:10

紅型教室
19日13:30〜15:40と
20日10:00〜12:10(連続)

織遊び教室
19日13:30〜15:40

粘土アニメ教室
19日13:30〜15:40

◎空手・琉球芸能公演(竹富島)
日付:12月19日(土)
時間:19:30〜
場所:竹富島まちなみ館

【小浜島】
◎開催講座
空手教室
19日14:40〜15:40または
20日10:00〜11:00または
20日13:30〜14:30

琉球舞踊教室
20日11:10〜12:10

三線教室
20日11:10〜12:10

沖縄文化教室
20日11:10〜12:10

七輪陶芸教室
19日13:30〜15:40と
20日11:10〜12:10と
20日13:30〜15:40(連続)

織遊び教室
20日13:30〜15:40

粘土アニメ教室
19日13:30〜15:40

◎空手・琉球芸能公演(小浜島)
日付:12月20日(日)
時間:19:30〜
場所:小浜公民館

●申込先:竹富町教育委員会(共催)
電話番号:0980-82-6191
メールアドレス:takekyouiku@town.taketomi.okinawa.jp

●問合せ先:沖縄県立芸術大学附属研究所(主催)
電話番号:098-882-5040
メールアドレス:k-jimu2@ken.okigei.ac.jp



八重山歴史読本

2015.11.16(月)

s-DSCN0950.jpg

沖縄タイムス(2015.11.14)の「県産本コレ読んだ?」のコーナーで大森出版部長が『八重山歴史読本』を紹介しています。

 

島の手仕事ー八重山染織紀行ー

2015.10.29(木)

広告します。
第3回南山舎やいま文化大賞受賞作が本になりました。
島暮らしの染織エッセイ「島の手仕事ー八重山染織紀行ー」です。 著者の安本千夏さんは、西表島の手つかずの自然にあこがれて都会から移住し、手仕事に寄り添いながら生きる人びとと出会い、島の暮らしと伝統文化に惹かれていきます。安本さんは、島の手仕事、八重山の染織の特長、魅力を以下の様に話します。「八重山はクール(紅露)やナンバンコマツナギなどの島の藍のように、沖縄のなかでもここを北限としている染料植物をはじめ、自然の素材にたいへん恵まれています。大量生産、大量消費ではないからこそ、そうした島の恵みを絶やすことなく手仕事へ活かすことができるんです。本書では従来のような染織作家紹介というのではなく、八重山ならではの手仕事、伝統文化を支えてきた人たちを紹介しています。八重山は自然だけでなく、そうした手技の土壌がたいへん豊かであること、伝統文化に対する敬虔な気持ちを抱いている点も素晴らしいと思いました。生まれ育った島を愛する想いが、手仕事を誇りとする生き方に真っ直ぐつながっているんです」
●巻頭写真家・大森一也さん撮影「Gallery 島の手仕事」 ●本編で紹介されている人びと大谷キヨ/大陝々襦臣臉好肇漾Σ崗襯ミ/森 伸子/内盛スミ/石垣昭子/新 絹枝/慶田盛英子/角田麗子/島仲由美子・吉澤やよい/崎原 毅/請花裕子/寄合 富/桃原 民/石垣市織物事業協同組合/戸眞伊 擴 ●資料編糸素材/八重山の主な染料植物/織物用具/八重山の主な織物/織物のできるまで A5判 上製本 384頁定価:2,800円+税

>『島の手仕事 ―八重山染織紀行―』のご購入はこちら

『月刊やいま』11月号

s-DSCN0900.jpg

『月刊やいま』11月号ができました。

特集は「尖閣遭難事件と尖閣問題」。第1部は「証言ドキュメント・尖閣戦時遭難事件の50日」、第2部「座談会・尖閣戦時遭難事件と尖閣問題」

今朝から配布開始です。定期購読の方は今日発送しますのでまもなく届くと思います。

 

 

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。