石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまーる外電
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2017年 9月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『ブログやいまーる外伝』

東京・町田駅周辺がエイサーで熱く燃えた!

2016.09.16(金)



 9月10日(土)、11日(日)の両日、東京都・町田市の町田駅前(JR・小田急)周辺6会場で「第30回フェスタまちだ2016〜町田エイサー祭り」(主催=町田市中央地区商業振興対策協議会など)が開催された。



 30年前にスタートした「フェスタまちだ」は、96年の第10回記念大会で、町田市と交流のあった沖縄市のエイサー団体「胡屋青年会」を初めて招いた。以降、毎年のように沖縄市からエイサー団体を招聘するようになり、99年(第13回)から、「町田エイサー祭り」のサブタイトルを冠するようになった。そして、00年(第14回)より、エイサーを中心とした現在のイベント形式になった。



 記念すべき第30回目のメモリアル大会には、地元・町田を中心に活動する「町田琉」「町田青海波」「和光青年会」など、関東地区から23団体が参加。沖縄市からは今年の「第61回全島エイサーまつり」最終日に出演した松本青年会が招かれ、同市のミスハイビスカス・當眞志菜さんも、その応援と観光PRのため駆けつけた。



 メーンとなった2日目は、あいにく小雨まじりの天候となったが、出演者、スタッフ、観衆の熱意が天に届いたのか、どしゃ降りにはならず、無事最後の演舞まで持ちこたえてくれた。



 回を重ねるごとに、地元・町田市民のみならず、他の地域からの来場者も増え、集まった大観衆はエイサーの演舞に熱狂していた。最終の演舞の後は、もちろん観衆も入り乱れての大カチャーシーでイベントが締めくくられた。



 真夏に開催される「新宿エイサー」は、関東で最大規模のエイサー祭りだが、晩夏に開かれる「町田エイサー祭り」は、地域密着のアットホームな雰囲気で、ひと味違う良さを感じさせてくれる。
 来年もまた、多くのエイサーファンを楽しませてほしいものだ。


東武百貨店池袋店で「美ら島フェスティバル」&「沖縄展」が絶賛開催中! 八重山アーティストも集結

2016.08.29(月)



 東京・池袋の東武百貨店で、8月25日(水)〜30日(火)の会期で「第6回美ら島フェスティバル」、「沖縄展」(主催=沖縄県、株式会社沖縄県物産公社)が開催されている。



 これまで、同店では5回の沖縄フェスを催してきたが、沖縄物産展の開催は実に8年ぶりで、同時開催となるのは初めてのこと。



 「美ら島フェスティバル」でのライブには多数の沖縄出身アーティスト、関東のエイサー団体が出演。我が八重山からも石垣島出身のやなわらばー、カワミツサヤカ、迎里計、成底ゆう子、世持桜、伊良皆高吉、鳩間島出身のかじくあつしが出演。八重山古典民謡の慶田城哲芳・八重山芸能グループもライブに登場。沖縄アーティストたちの歌声に、会場に詰めかけた観衆は大いに盛り上がっていた。



 また、「沖縄展」では数多くの工芸品、食品業者が軒を並べ、石垣島からは「金城かまぼこ店」「石垣の塩」が出店。いずれの店舗にも行列ができるほどの盛況ぶりだった。




 なお、「美ら島フェスティバル」(8F屋上・スカイデッキ広場)、「沖縄展」(8F催事場)はともに30日まで開催されている、まだ、行かれていない沖縄愛好者の方は、ぜひ足を運んで、「あふれる島の恵み」を感じてください!
 ライブスケジュール、出店業者などの詳細はHPにて、ご確認を! 荒天の場合、ライブは中止または会場変更となる可能性があります。
 さらに、30日午後8時半から、同店14Fバンケットホールにて、那覇市のバー「泡盛倉庫」主催の「泡盛ナイト」が開催され、スペシャルゲストとして、BEGINの島袋優が登場する予定。
(ミカエル・コバタ)
★東武百貨店池袋店公式ホームページ
http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/


今年も新宿の街が熱く燃えた! 「新宿エイサーまつり2016」開催

2016.08.10(水)



 すっかり、新宿の夏の風物詩となり、今年で15回目を迎えた「新宿エイサーまつり2016」(同大会委員会主催)が7月30日土曜日、東京・新宿の東口、西口で開催された。



 関東は梅雨明け直後とあって、見事なまでの好天。というより、3年連続炎天下の中での演舞となったが、暑い方が、より“沖縄っぽさ”を感じられて心地よい。



 今年は舞弦鼓、和光青年会、町田琉、琉球國祭り太鼓、琉球舞団 昇龍祭太鼓など関東から26団体が参加。沖縄県下からは、嘉手納町南区青年会が派遣され、計27団体が伝統的なエイサー、創作エイサーの演舞を午後8時まで繰り広げ、沿道の多くの観衆を大いに沸かせてくれた。



 また、関連イベントとして、今年も伊勢丹新宿店で「第22回めんそ〜れ〜沖縄展」が同27日〜8月1日まで催され、我が石垣島からは金城かまぼこ店、八重泉などが出店し、大盛況だった。



 並行して、近隣会場では恒例の「沖縄音楽フェスティバル」を始め、歌舞伎町シネシティ広場(旧コマ劇場前)で、「沖縄フードガーデンin新宿」(7月29日〜31日)が初開催され、こちらも大いに盛り上がった。



 なお、「新宿エイサー」には、ミス沖縄グリーングリーングレイシャスの新里由香さん、沖縄市ミスハイビスカスの當眞志菜さん、久米島紬観光レディーの山城萌美さんが来場し、沖縄観光のPRに努めた。



 まさに、新宿の街が沖縄一色に染まった「新宿エイサー」と関連イベント。来年の開催が今から待ち遠しい。


埼玉・春日部で「エイサー祭り」が盛大に開催される!

2016.06.21(火)

jmlg_kobata_20160621-01.jpg

6月11日(土)、12日(日)の両日、埼玉・春日部市の「ふれあいキューブ」で、「粕壁エイサー2016」(主催/春日部TMO・粕壁エイサー2016実行委員会)が開催された。

jmlg_kobata_20160621-02.jpg

今年で11回目を迎えた同イベント。第1回では1団体しか参加がなかったというが、今年は和光青年会、町田琉、琉球國祭り太鼓、琉球創作太鼓 零など12団体が参加。本会場のみならず、サブ会場のララガーデン春日部でも、エイサー演舞、島唄ライブなどが披露された。

jmlg_kobata_20160621-03.jpg

会場内外には、沖縄物産、飲食物の出店もあり、両日とも、満員の観衆が詰めかけ、熱い演舞で会場を沸かせてくれた。

jmlg_kobata_20160621-04.jpg

そして、最終日のフィナーレは、お決まりの参加団体、観衆が入り乱れてのカチャーシーで幕を閉じた。

jmlg_kobata_20160621-05.jpg

まだまだ、埼玉ではエイサーは広く知れ渡っているとはいえないが、このイベントがきっかけになって、もっと広まってほしいものだ。
来年の開催が早くも待ち遠しい。

jmlg_kobata_20160621-06.jpg


東京・池袋サンシャインシティでの沖縄フェスタが八重山色に染まる!

2016.06.07(火)



 5月27日(金)から、6月5日(日)まで、東京・池袋のサンシャインシティで恒例の「沖縄めんそーれフェスタ」が開催された。




 会期中、沖縄物産展、めんそーれビアガーデン、沖縄レストランフェアなどが催され、アルパB1噴水広場では、エイサー演舞や沖縄アーティストによるライブが行われた。
 ラストの3日間は、「八重山諸島&宮古島アーティストライブ」が開催され、やなわらばー、きいやま商店、宜保和也、SAKISHIMA meeting(新良幸人&下地イサム)らが出演。最終日の大トリには、西表島・船浮出身の池田卓が登場して熱唱し、9日間にわたるイベントを締めくくった。



 また、八重山ビジターズビューローもブースを設け、第37代ミス八重山・星の砂の新里諒さん、石垣市公認キャラクターのぱぃーぐるが壇上に上がり、八重山観光のPRに努めた。



 最後の3日間は、まさに八重山色に染まった同イベント。今年も沖縄を愛する多くの来場者が集まり、大いに盛り上がった。来年の開催が今から待ち遠しい。


大盛況となった代々木公園での「OKINAWAまつり」

2016.06.01(水)



今年で5回目を迎えた「OKINAWAまつり」が5月21日(土)と22日(日)の両日、東京・原宿の代々木公園で開催された。



「沖縄の音楽・食・文化が大集結!」をうたい文句に、沖縄系アーティストによるライブが行われたほか、多くの飲食物、物産品の出店があった。



5回目とあって、沖縄を愛する多くの人たちに周知されるようになったのか、今年は2日間で過去最高の21万人(主催者発表)を動員した。



ライブにはよなは徹、下地イサムといった大御所も出演。石垣島出身では、宜保和也のほか、DJ SASA presents ODM STYLEの一員として、カワミツサヤカも登場。



飲食ブースでは、沖縄そば、オリオンビールのほか、石垣牛ステーキ、石垣バーガー、いしなぎ屋の出店もあった。



来場者の多さや熱狂ぶりに後押しされるように、アーティストたちも精いっぱいの歌声を披露し、イベントは大盛り上がりで幕を閉じた。


川崎の街が熱く燃えた! 「第13回はいさいFESTA」が大盛況で幕

2016.05.18(水)



 今年で13回目を迎え、すっかりゴールデンウイークの恒例行事として定着した、沖縄県外では最大級の沖縄フェスティバル「はいさいFESTA2016」(主催=チネチッタ通り商店街振興組合/ラ・チッタデッラ)が、5月1日〜5日の5日間、神奈川・川崎駅東口のチネチッタ通りで開催された。



 昨年は4日間の会期で約19万人(主催者発表)を動員したが、今年は5日間で22万人(同)が来場する盛況ぶりで、連日、会場は沖縄を愛する人々で、ごった返した。



 同イベントは、「ラ・チッタデッラ風 大沖縄文化祭」とうたわれ、沖縄の音楽、映像、食、酒、伝統芸能がしっかり詰まった内容で、今年も例年通り、沖縄料理屋台&物産展の出店の他、沖縄系アーティストによるフリーライブ、エイサー演舞、映画祭、ワークショップ(三線体験、シーサー作り体験など)などが催された。



 フリーライブには、やなわらばー、カワミツサヤカ、宮良牧子、世持桜、ストライクカンパニーら多くの石垣島出身のアーティストも出演。



 エイサー演舞では、初の試みとして、5日に舞弦鼓と和光青年会による「オーラセー」と呼ばれる喧嘩エイサーが繰り広げられ、沿道の観衆を熱狂させた。



また、最終日のイベント後には、「後夜祭」として、クラブチッタで「FMいしがきサンサンラジオ」で放送されている「ガレッジセールのガレッジパーリー」の公開収録も行われ、上地等(BEGIN)らのスペシャルゲストが登場し、大いに盛り上がった。
5日間、川崎の街が熱く燃えた同イベントは、大盛況で幕を閉じた。来年の開催が早くも待ち遠しい。


東京・池袋東武百貨店での「美ら島フェスティバル」で八重山出身アーティストが勢揃い

2015.11.05(木)



 10月1日〜31日、東京・池袋の東武百貨店・スカイデッキ広場で、オリオンビール協賛のもと、「第5回美ら島フェスティバル」が開催された。



 会期中、フードコーナーではオリオンビール、タコライス、ソーキそばなどがメニューに並んだ他、名護市の地産品フェア、琉装着付け体験などが催された。



 そして、毎週末にはエイサー演舞披露、沖縄系アーティストによるライブが行われた。フィナーレとなった最終日の31日には、鳩間島出身の加治工勇、かじくあつし親子、石垣島出身のやなわらばー、カワミツサヤカといった八重山出身アーティストが集結。那覇出身のnacilも加わり、詰め掛けた観衆を大いに酔わせてくれた。



 同イベントは4月にも開催されており、年2回の実施となったが、ぜひ、来年も催してほしいものだ。
 なお、やなわらばー、カワミツは11月8日の「石垣島まつり」(新栄公園)でのスペシャルライブに出演します。島内の方は、ぜひ、ご参集ください。



☆やなわらばーのミニアルバム「Windfall」が11月4日にリリースされた。
これを記念したツアーを開催する。日程は、同25日(水)=大阪・Billboard Live OSAKA(18時半/21時半)、同28日(土)=名古屋・JAMMIN’(17時半)、12月12日(土)=東京・虎ノ門ニッショーホール(17時半)、同18日(金)沖縄・OKINAWA LIVE HOUSE MOD’S(20時)。
http://www.ya-na.net/

jmlg_kobata_20151105-06.jpg

☆カワミツサヤカが11月8日、ソロとしては4年ぶりの2ndアルバム「露蕾〜つゆつぼみ」をリリースする。「露蕾〜つゆつぼみ」「南ぬ島」「月の浜」など全7曲を収録。同日の「石垣島まつり」から発売となる。
http://www.kawamitsu.jp/


東京・町田で「エイサー祭り」が盛大に開催される

2015.09.16(水)

jmlg_kobata_20150916-01.jpg

 9月12日(土)、13日(日)の両日、東京都・町田市の町田駅前(JR・小田急)周辺5会場で「第29回フェスタまちだ〜エイサー祭り」(主催=町田一番街など)が開催された。

jmlg_kobata_20150916-02.jpg

 かねて、町田市と沖縄市との間に交流があったことから、96年(第10回)に「胡屋青年会」を招き、以後、毎年のように沖縄市からエイサー団体を招へい。99年(第13回)より、「町田エイサー祭り」のサブタイトルを冠するようになり、00年(第14回)からはエイサーを中心としたイベントとなった。

jmlg_kobata_20150916-03.jpg

 今年は地元・町田市から「和光青年会」「町田琉」「町田青海波」など8団体、他の関東地区から15団体が参加。沖縄市からは「南桃原青年会」が9年ぶり2度目の招へいとなり、その応援に同市のミスハイビスカス・大城真智子さんも駆けつけた。

jmlg_kobata_20150916-04.jpg

 地元の団体が増えたことで、すっかり町田市民に定着した同イベントは、2日間にわたり、集まった大観衆を熱狂させてくれた。
 お祭りは、もちろん観衆も参加しての大カチャーシーで締めくくられた。2日目のイベント終了時刻は午後6時。気が付けば、すっかり薄暗くなり、夏の終わりを感じざるを得なかった。

jmlg_kobata_20150916-05.jpg

 関東で最大規模のエイサー祭りは「新宿エイサー」だが、「町田エイサー」はそれとは一味違って、地域に密着したアットホームなエイサー祭りだ。
 来年は区切りの第30回となる。例年以上に盛大なイベントとなることを祈念してやまない。

jmlg_kobata_20150916-06.jpg


埼玉で沖縄とハワイのコラボイベントが開催される!

2015.09.07(月)

jmlg_kobata_20150907-01.jpg

  9月4日(金)〜6日(日)の3日間、埼玉県さいたま市にある「さいたまスーパーアリーナ」隣接のけやきひろば、サンクンプラザで、「Hawa Oki〜ハワイ×沖縄 さいたま新都心リゾートウイーク」(主催=さいたまアリーナ、けやきひろばレストラン&ショップ)が開催された。

jmlg_kobata_20150907-02.jpg

 今年で第4回目となった同イベントは、2020年東京五輪の会場にもなるさいたまスーパーアリーナ及びけやきひろばの15周年事業として行われた。

jmlg_kobata_20150907-03.jpg

 3日間を通じて、ハワイアン&沖縄物産展が出店された他、ステージショーでは石垣出身のカワミツサヤカ、世持桜(よもち・さくら)、宮良牧子を始め、沖縄アーティストが多数出演。さらには、エイサー演舞や、ハワイアンアーティストによる唄、フラダンスなどが披露された。

jmlg_kobata_20150907-04.jpg

 沖縄とハワイがコラボしたイベント会場には、一種独特のゆったりとした空気が流れ、集まった観衆を酔わせてくれた。
また、来年もぜひ開催してほしいものだ。



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。