石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまーる外電
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2009年 6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『ブログやいまーる外伝』

東京八重山まつり十周年事業会議

2009.06.30(火)

来年の4月11日(日)に開催予定の東京八重山まつり十周年記念事業の会議が開催されました。
記念公演会、記念式典、記念誌発行と議題とやることが盛りだくさんの上、既に開催まで1年を切ってしまっているため、少しずつ焦りの色が見えています。
それでもこの大きな事業を成功させようと郷友会役員一同頑張っておりますので、ぜひ来年の東京八重山まつりには大勢の方の出席をお待ちしております。
詳細につきましてはこのブログなどを通じて随時報告させて頂きたいと思います。

jmlg_matsuoka_20090629-01.jpg


パイン食らわば・・・

2009.06.29(月)

 東京から出版社の連中が石垣島へやってきた時の話である。取材前にロケハンをするというので私が車を運転した。西回りで行き最初アンパルにある宮良農園で車を止めた。彼らにパイナップルを食べさせたかったのだ。大きな皿にドォーンと盛られたパイナップルの半身が一人前だ。  彼らは東京で食べるあの舌を刺す酸味の強いパインを思い出したか一様に顔をこわばらせた。明らかに「えぇ〜っ。こんなに?」という感じである。恐る恐るフォークを突き刺してやおら口に運ぶと彼らの表情が一変した。全員が「うまい!」と声を出す。食べ終わって皿に残されたパインの果汁を見ていた一人が「これ、飲んでいい?」と聞く。「いいよ」と言うと、両手で皿を持ち上げて一気に飲み干した。今度は「ふぅ〜」と大きなため息をつく。それを見てほかの連中もこれに倣う。このあと彼らは言葉がない。満足したということだ。「パイン食らわば皿までも・・・」とならなくてよかった。ヤレヤレ。(写真は南山舎さんからお借りしたもので宮良農園です)

jmlg_hoshi_20090629-01.jpg


海にお邪魔する

2009.06.24(水)

 1991年、椎名誠さんの監督第2作目となる映画「うみ・そら・さんごのいいつたえ」が石垣島の白保を舞台に製作された。撮影は映画の原案となった写真集『白保』の中村征夫さんである。
 その中村征夫さんの水中撮影の様子が6月16日の夜10時からNHKの「プロフェッショナル」で紹介された。彼の職業は水中写真家であるが、その実態は海の報道写真家であるという。そして、これまで海の中で過ごした時間は3万時間に及ぶというから驚きだ。沖縄の海では慶良間島に30年潜り続けたという。
 海に潜る心構えを語ったとき、「海に挑む」気持なんだそうだが、一方、「海にお邪魔する」という謙虚な心も併せ持っているということであった。中村征夫さんにしてこの言葉。ずっしりと重いものを感じた。

jmlg_hoshi_20090624-01.jpg


『ひとめぼれ』に会いたい

2009.06.19(金)

jmlg_hoshi_20090619-01.jpg

 石垣島では日本一の超早場米「ひとめぼれ」が6月5日に販売されたという。作柄は良く、米の美味しさを示す食味値は80点で本土産の「こしひかり」並みだとのこと。私の住む町のスーパーでは、これまで石垣島の泡盛も販売されているし石垣島産米の「ひとめぼれ」も販売されているが、今年はこの「ひとめぼれ」には会えるのだろうか。
 私たち日本人の和食に欠かせないのが主食のご飯と調味料の醤油であることは論を待たない。千葉県でも米は作られているが、私の住む町は米よりも醤油醸造で全国的に有名である。石垣島をはじめとする八重山の皆さんにはこの醤油を召し上がっていただいているだろうか。
写真はある大手醤油メーカーの『御用蔵』で、ここでは宮内庁に納める醤油を古くからの製法で作っているのだそうです。


朝な夕なに

2009.06.16(火)

jmlg_hoshi_20090616-01.jpg

 石垣島は海に囲まれた小さな島だから、日の出も日の入りも海である。写真撮影(特に太陽)の好きな私にとり、石垣島は願ってもない好条件の地だった。日の出の撮影場所は白保の海岸か玉取崎。時間は休日であれば問題なかったが、平日は出勤前の朝である。スーツを着て写真撮影をする自分の姿は、今想像するだけでも周りから見れば滑稽だったと思われる。
そして、夕日の撮影場所は新川の突堤かフサキビーチか御神崎。退社後に撮影するときは、時間がないためいつも新川の突堤が定位置だった。
 こうして時間があれば朝な夕なに太陽を追いかけていたのでホント忙しかったです。勿論、日中の仕事も忙しかったですヨ。ハイ。

jmlg_hoshi_20090616-02.jpg


城間健市関東ライブ

2009.06.15(月)

jmlg_matsuoka_20090615-01.jpg

石垣島出身のハードロッカー城間健市さんの関東ライブが5月29日(金)千葉県松戸にある沖縄料理若夏からスタートして、6月11日(木)の北区王子にある沖縄料理ハイビスカスで大盛況に終わりました。
小岩の沖縄料理こだまで開催されたライブでは80名以上のお客さんが見えて城間健市の歌声に魅了されたそうです。
そして10日のライブは御徒町にある「和海なごみ」で開かれ、こちらのマスターはBEGINのキーボードを担当されている上地さんのお兄さんが経営されています。

和海なごみ
http://www.nagomi.ws/

当日はBEGINのキーボード上地等さん、同じく石垣島出身のギタリスト古見健二さんデプロ社長の砂川昌順さんも応援に駆けつけました。
4オクターブの迫力ある声量が店内一杯に広がって城間健市氏女性ファンが悲鳴とも区別が付かないくらいの黄色い声援を贈っていました。
最後のアンコールでは古見健二さんもギターをとり、元々城間さんと2人でやれているバンド、Ken’s Clubが即席で結成されました。
これにも来ていた女性のお客さんは大喜びでデジカメのフラッシュ、携帯の写真、動画など、あらゆる物が城間さんの周りを取り囲んでいました。

現在城間さんは沖縄本島を中心に活躍されていますが、3ヶ月に一度ほどこのように関東でライブ活動をされています。
関東にお住まいの方はぜひ城間さんのライブにお越し下さい。歌だけでなくトークにも評判があり、笑いもあって楽しいですよ。
歌は城間健市氏の上手さが分からない音楽関係者の方はいないと思われるくらい凄いです。シビレます。
鳥肌立ちます。


私のこと忘れてNIKE ?

2009.06.12(金)

はいさーい!!
皆様お久しぶりでございます\(^O^)/
アナログからデジタルへ。という時代の波に見事にのみこまれ、やいまの紙面からブログへと移行いたしました。改めてましてこんにちは。ふみNIKEです(^O^)

ブログということで、心機一転、名前も変えてみました(パ∀゜)
ミ●クシィでもふみNIKEでいるので探してマイミクを!(笑)

石垣を出て早くも2年目に突入!!まだまだ都会っ子1年生の気分です♪
右も左もわかりません(^-^)
北と南がわかりません(^-^)

だって石垣いた時は海がある方が南で山がある方が北ってならったもん(・ε・)
ここでは山も海もましてや星もあまりみえないもん(・ε・)見えるのはたっかいビルばっかりよー!!ホテル日航がいっぱい建ってる感じ(゜∀゜)!

去年1年間、
【やいま〜る外電】
に記事を投稿してから、石垣へ帰るといろんな所で『毎月読んでるよ〜』『あれおもしろいね(^^)』『おまえの記事おもしろくNIKE〜(笑)』…などなど皆様からコメントを頂き、とてもとても嬉しかったです!
それこそじいちゃんばぁちゃんのお友達から、先輩後輩、中学校の時の先生、妹の友達にいたるまで、【やいま】という雑誌は本当に老若男女問わず幅広い年齢層に愛されてるんだな〜と思いました!!
そして、東京とか内地に出てきた石垣人にとってやいまはもうバイブル的存在さぁ〜ね!!やいま読むと心が平和になります(*´∀`)

そんなこんなで、ちょっと長くなりましたが。(笑)
これからも内地に石垣の風を吹かせながら、たくましく生きていく過程をどんどん報告していきたいと思いますので、仕事の息抜きにでも、勉強の息抜きにでも、息抜きの息抜きにでも読んでくださいね〜o(^-^)o願わくばコメントも欲しいな〜(^3^)/
コメント頂けたら次の記事でちゃんと返事しますよ〜〜(^_-)♪

じゃあ今から学校行ってこ〜ね〜
またあとから〜(゜∀゜)ノ


国道390号線は海の底

2009.06.11(木)

 道路は地上にだけあるものだと思っていたがそうではなかった。石垣島には国道390号線が走っていて、この国道の起点は石垣島の730交差点である。ルートをたどってみると、石垣島は730交差点から伊原間までの29.6km、次に宮古島に上陸して城辺(ぐすくべ)から平良(ひらら)までの31.4km、最後は沖縄本島に上陸して那覇市にある旭橋交差点から終点那覇港までの0.6kmとなっている。
 従って、国道390号線は石垣島と宮古島の間および宮古島と沖縄本島の間は海底で結ばれていることにならないとおかしい。このことからすると、国道390号線は水陸両用の道路であるから、地上は勿論のこと海中も走れる車でないと通行できないことになってしまうのだ。

jmlg_hoshi_20090611-01.jpg


ハテルマシキナ朗読会終了

2009.06.09(火)

jmlg_matsuoka_20090609-01.jpg

6月6日(日)第十回ハテルマシキナ朗読会が埼玉県越谷市にて開催され、無事に終了しました。
東京波照間郷友会からの座開きに始まり朗読会が開始しました。
途中、会場ではススリ泣きも聞こえ、もうひとつの沖縄戦と呼ばれた戦争マラリアの悲劇を知って頂くことができました。
最後は波照間小学校の児童作詞による「星になったこどもたち」が会場に来場された皆さんと共に歌われました。


気をつけっ

2009.06.08(月)

 石垣島に赴任して間もなく中古車を買い求め、島内を毎月千キロも走って島内の道をほとんど知り尽くした。写真を撮るために島を一周する時は、潮の干満や太陽光線などを勘案して東回りであったり西回りであったりしたが、潮の干満や日の出・日の入りの時刻はいつも南山舎さんが発行している八重山手帳をポケットに入れて参考にいた。
 そして、ある時、前から目をつけていた御神崎に近いサトウキビ畑で撮影したのがこの写真である。ここのキビは「気をつけっ」と号令でもかけられた様にみんな姿勢が良い。キビの花もまっすぐ上を向いていて背筋がキチッと伸びている。強風などにより茎の曲がったキビはよく見かけるが、このような姿勢の良いキビにはあまりお目にかかれなかったような記憶がある。

jmlg_hoshi_20090608-01.jpg



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。