石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまーる外電
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2011年 3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『ブログやいまーる外伝』

販売点数制限

2011.03.31(木)

3月11日に既にご存知の東北地方太平洋沖地震がありました。地震のあったとき、私は電車に乗っていて、強い揺れを感じ、その後すぐに電車が
止まりました。

止まったあともかなりの揺れで、これは普通じゃない!
というのをすぐに感じて、もしかしたら関東大震災がやってきたのかと思うくらいでした。
すぐに携帯を見たら宮城で震度6と出ていたので、関東が震源でないのなら、一応は大丈夫だと思いました。

しかしその後から電車がまったく動かず、結局都内から自宅まで4時間歩いて帰りました。4時間で帰れたのはまだいいほうです。もっと時間がかかった方も大勢いました。

地震後から関東も毎日何度も余震が続いて、携帯に届くエリアメール(緊急地震速報)の数が半端では無かったです。
今は少し落ち着いていますが、それでも震度3程度の地震はまだ頻繁に続いています。

関東は千葉県と茨城県以外はほとんど被害は受けませんでしたが、今は放射線の心配と物資不足が続いています。
電池や水などはほとんど売っていません。
カップラーメン、菓子パン、牛乳、ヨーグルト、納豆などといった、普段は普通に買える商品もほとんど置いていません。

私が住む近所のスーパーでも販売点数制限を行っていて、写真のようになっています。

本来みんなが落ち着いて行動すればこのようなことは無いと思うのですが、心配性の方々が買占めをしている結果がこのようになっています。

また、ここ数日は実施されていませんが、計画停電が行われていて、夜に計画停電があると外は本当に真っ暗です。
信号機まで消えるので、本当の暗闇になります。
この時改めて電気のありがたさが分かりました。

ところで、先日TVをみていたら沖縄在住の方が震源地から遠い沖縄で節電をして何の役に立つのか?という質問をしていました。

確かに計画停電に関係ない沖縄で節電をしてもあまり意味がないかも知れませんが、TVではこのように答えていました。普段よりも節電・節約をして浮いたお金を募金してはどうでしょう?って。
そうすれば遠い沖縄でも間接的に手助けができると回答されていました。

確かにその通りですね。今回の震災は東北の南北500kmが被害を受けています。これだけ広範囲の場所が被災にあうと復興にかかるお金は30兆円ともいわれています。

今、北海道から沖縄までの日本に住む方が、各自できることを無理のない程度に実行して、被災された方々のために協力することが大切なんだと思います。

ちなみに4月10日(日)に開催予定の「東京八重山まつり」は予定通り実施するとのことです。八重山まつりという名前がこの時期に相応しくないといった意見も多数出ているようですが、予定通り八重山まつりを実施して、会場では義捐金を集めて寄付することにしています。

頑張れ日本!!

K3400036



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。