石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
やいまーる外電
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
今日の八重山メニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
カレンダー
2016年 11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
記事検索
著者
新着記事
バックナンバー

八重山ブログ『ブログやいまーる外伝』

第35回 関西泡盛同好会例会

2016.11.24(木)

日時:2016年11月23日(祝・水)
会場:大阪沖縄会館 4階ホール(大阪市大正区)
開宴:12時30分


これまではホテルで行われていた本例会だが、今回は大阪の沖縄タウン、大正区の沖縄会館にて開催された。
会費は泡盛飲み放題+1フード分の料金で、あとは会場のホール内に設けられた数々の沖縄料理販売コーナーで各自購入し、ほぼ立食形式の自由席というシステムだ。
本会への登録会員は2000名ほどおり、この日は200名が参加した。
割合としては、沖縄関係の方々と一般の方々が半数ずつ程度だったようだ。
国内のあちこちにある泡盛同好会の中でも、関西泡盛同好会は沖縄県外で最も古い泡盛同好会だ。
1981年に発足し今年で35周年を迎える。
人口の1/4が沖縄出身者とその家族(二世、三世)と言われている大正区での、35周年目の手作りの例会は、民謡酒場のような雰囲気で、泡盛の庶民的な楽しみ方の原点に戻ったような印象だった。

関西泡盛同好会会長・塩川恭司氏と、県酒造組合会長 玉那覇美佐子氏
20161124m01.jpg

7蔵の酒造所スタッフが沖縄から来場していて、泡盛についての様々な話を直接うかがうことができるのもこの会の魅力だ。
泡盛は20酒造より提供され、八重山の泡盛は、請福酒造のものがあった。

20161124m02.jpg

乾杯の後の来場酒造メーカー紹介の時間には、組合専務理事・土屋信賢氏が酒造所の名前を一社ずつ読み上げるたびに会場から拍手が起こった。
オープニングのエイサーと、泡盛と沖縄料理を堪能しながら楽しんだ琉舞。
エイサー・大正琉球会、琉球舞踊・中村寿美子琉舞道場、琉球舞踊・仲村幸子琉舞道場。

20161124m03.jpg

料理販売コーナーには、様々な沖縄料理が並んだ。

20161124m04.jpg

池原知佐(チーズ)による民謡。

20161124m05.jpg

デンサー節、安里屋ゆんた、あしびなーなど、一般の人にもなじみのある民謡や、BEGINの歌をアレンジが演奏された。
「オジィ自慢の泡盛飲もう♪」と歌い、泡盛でアリ乾杯!
会も後半に差しかかり、そろそろ歌に合わせて踊り出す人たちの姿も出始めた。
お楽しみの抽選会では、番号が呼ばれるたびにそこかしこで歓声と拍手が沸き起こった。

20161124m06.jpg

中盤の参加者の様子と、終わりのカチャーシー。

20161124m07.jpg

筆者は今回もまた、レア物の泡盛を中心に味わった。
酒造所の方と直接お話できたのが楽しかった。
また、近畿八重山郷友会の方々と久しぶりにお目にかかったり、京都泡盛同好会でご挨拶させていただいた方との再会や、初対面で近くにいた方と話す機会もあった。
大衆酒場的なフランクで和やかな雰囲気の中、様々な人々が集い、それぞれにこの場を楽しんでいる様子がうかがえた。
手作りのスタイルを試みた第35回関西泡盛同好会は、盛況の内に終了した。
これをふまえて来年はどんな形になるのか楽しみだ。

【泡盛同好会の情報】
・関西泡盛同好会:「関西泡盛同好会 泡盛を文化と共に楽しむ」
(2009年01月30日 醸界タイムスWEB版)
http://www.jyokai.com/?p=2596
・各地の泡盛同好会の活動:「泡盛百科:インフォメーション」(沖縄県酒造組合)
http://www.okinawa-awamori.or.jp/topics/info/



 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。