石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎やいま文化大賞
スポンサードリンク
人物
八重山×人メニュー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

やいまスターインタビュー

ロードレーサー 新城 幸也

ロードレーサー 新城 幸也

2009年7月、ツール・ド・フランス出場を果たし、日本人初、完走を成し遂げた新城幸也選手が帰島。島に帰ってきても、祝賀会、講話、石垣島アースライドへの参加、取材を受けたりと忙しい幸也さんですが、「やいま」にもお話を聞かせていただきました。

―夢だったツール・ド・フランスの出場について

新城 幸也(以下、新城)
出場が決まった時は、嬉しいというよりも、やっとスタートラインに立てたなという感じでした。当日走りはじめたら、「やっぱりツール・ド・フランスなんだな」ってやっと実感しました。いざ走ると観客、応援の数が半端じゃないんですよ。街から街へのコースでも観客が途絶えることがないんですね。街中じゃなくても、山とかでもすごい数の人が観ていて、みんな絶叫してるし、その時にやっと「来たな」って思いました。

―第2ステージは5位の快挙でしたが

新城
悔しかったですよ。1年に何回かスプリントがかかるときがあるんですよ。それがたまたまその日で、だから「もっといい場所にいれたら…」って思いましたね。でも、速報で日の丸を見せられたのは嬉しかったです。。

―1年を振り返ると?

新城
今年は大きな経験をした1年ですね。全日本選手権、ジャパンカップ、ヨーロッパの多くのレースに出場して、優勝はできなかったですけど、経験を得ました。体力面にせよ、精神面にせよ、トータル的にひとまわり大きくなれたと思います。

―久しぶりの石垣は?

新城
帰ってきてほっとしていますけど、忙しいですね(笑)。アースライドに参加できて楽しかったです。八重高での講話は緊張しました…。そういったいろんな場所で、地元のたくさんの人に「おめでとう」って言ってもらって、たくさんの人がロードレースを知ってくれて、応援してもらっている事は嬉しいですね。ただ自分が好きで頑張ってきて、僕だけの目標だったものが、みんなの目標みたいになっていて、頑張らないとって思います。期待に応えたいなって。

―来シーズンは?

新城
今年はツールで初完走だったので騒がれたかもしれないですけど、来年からは完走だけじゃ騒がれませんからね。ここからは成績で注目されないといけないですね。出場が180人いて、名前を挙げられる選手はほんの一握りで、そんな中で今年はとりあげてもらったので、それが続くように頑張っていきたいと思います。今年たくさんのレースを走って、学んだことが多かったので、それを活かせるように、もちろんツールに来年も出場して、ステージ優勝を目指したいと思います。

―地元の人たち、読者に一言お願いします。

新城
地元の方がすごく応援してくれて、僕も頑張ろうって思います。これからも応援してください。あと、やっぱり自転車に乗っている人を見ると気になってしまいますね。自転車でケガをしてほしくないので、マナーを守って気を付けて乗ってほしいと思います。あとは、石垣でロードレースがあったらいいですよね。ツール・ド・おきなわ、ツール・ド・宮古島とあるので、ツール・ド・石垣もぜひ!



新城幸也 新城幸也プロフィール
2009年7月には、別府史之とともに日本選手として13年ぶりにツール・ド・フランスに出場し、日本人で初めて近代ツール・ド・フランスを完走した選手の一人となった。更に2010年のジロ・デ・イタリアを完走し、ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアの2大グランツールを初めて完走した日本人ライダーとなった。

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。