石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎やいま文化大賞
スポンサードリンク
人物
八重山×人メニュー
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

やいまスターインタビュー

竹富方言辞典を完成させた 前新 透

竹富方言辞典を完成させた 前新 透

―大著の完成、おめでとうございます。

前新 透(以下、前新)
 ありがとうございます。1985年に退職してからですので、足かけ27年になりました。退職した当時、竹富では方言で話しあう家庭など皆無に近いと知り、これは「早晩」ではなく、今すぐにでもなくなる危険性があると思いました。方言集めは、退職3日後から始めたのです。
 辞典づくりは波照間永吉教授や、高嶺方祐、入里照男の両氏をはじめ、多くの皆さんにご協力いただきました。おかげで、方言のもつ民族的な背景や多くの例文、ひとつの言葉でも奥深い説明をすることができました。

―2万語近い方言をどのように集めたのですか?

前新
 最初は私の記憶にある方言を手当たり次第書き出して整理し、その後、竹富島で先輩たちからの聞き取り学習会を10年間、延べ153回行いました。辞典の骨格はこのときにできていったのだと思います。
 大浜太呂さんなどは、100歳になるまで一日も欠かさず教えてくれました。私が先輩たちの体を気づかい、「あと3日、間をおいてお伺いしましょうね」と言った時など、言下に「アラナーナ バノンバ デージヌッコ ビンキョーナリドゥリヤ マイニチクーワーンミシャンドゥラ」(そうでないさ、私たちもたいへん励みになっているから毎日来てもいいよ)とおっしゃってくださったことが、一番うれしかった。先輩方があんなに言うのにボヤボヤしておれん、僕も元気をだしてやらないといかん、と元気づけられました。
 先輩たちとの聞き取り学習会の時には標準語禁止にしていたので、標準語を使うと怒られました。徹底的に方言で話し合ったので、忘れていたような言葉も会話の中からふと飛び出したりして、たいへんよかったと思います。

―方言には、標準語にはない味があると思いますが。

前新
 種子取祭の時、知り合いから方言で「ナカッチャ」と呼びかけられ、いろいろな思いが呼び覚まされたことがあります。そんな風によく呼ばれていたのです。直訳した標準語では、この感覚は伝わらないような気がします。

―方言を大切にし、守っていくためにはどうしたらよいのでしょう?

前新
 まずは、みんなが使うこと。今は方言ができる人まで大和口を使っているから、他の地域よりも竹富方言はもっと消滅が早いと思う。いつまでもテードゥンムニを守っていくためには、お互いに方言で話すことを恥ずかしがらないで、ひんぱんに使ってもらいたい。そのために、みんなの力を寄せ集めて作ったこの『竹富方言辞典』を役立ててもらえたらありがたいと思います。


竹富方言辞典 『竹富方言辞典』
小さな島の大きな辞典!前新透(大正13年4月5日竹富島生まれ)が、二十数年の歳月をかけ、自己の内省によって得た竹富方言語彙と、島に住む先輩話者からの聞き取り調査により収集した語彙・文例を基に編纂されたものである。先祖から引き継がれた生活や大切な文化が凝縮された方言集です。


前新 透 前新 透(まえあら とおる)プロフィール
1924年4月5日、沖縄県竹富町字竹富生まれ。
竹富町立船浦中学校校長,石垣市立大浜小学校校長などをつとめ、昭和60年の退職後、竹富の方言の収集と研究をおこなう。平成23年「竹富方言辞典」を刊行。同年「27年の歳月をかけて採集した方言を収録し、日本最南端の出版社「南山舎」から刊行されたこの辞典は、琉球語と日本語の古層、民俗を研究するための貴重な文化遺産である」として菊池寛賞。平成24年4月6日死去。享年88歳。

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。