石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
伝統行事・イベント
八重山歳時記メニュー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?

八重山(石垣島、竹富町、与那国町)の伝統行事カレンダー

2016年度 八重山伝統行事カレンダー


旧暦 新暦
2016
名称 地域 内容
1月 1月 正月初願い 各地 各地御嶽で一年の島の平和を祈願する。親戚がトートーメーのある家に集まり祝う。
1月 1月 生年祝 各地 生まれた干支が巡ってくる13年ごとに祝する。
1月 1月 トゥシビー 各地 新年最初の生まれ年の干支の日。13歳のトゥシビーが生年祝、97歳のトゥシビーがカジマヤー。
1月1日 2月8日 旧正の大綱引き 黒島 五穀豊穣などを祈り、大綱引きをおこなう。
⇒大綱引きの由来(八重山民話)
1月4日 2月11日 火の神迎え 各地 火の神に一年の無病息災と幸福を祈る。
1月16日 2月23日 十六日祭 各地 先祖をしのぶ行事で、一族同門がその墓に集い、ご馳走を持ち寄り1日を語り過ごす。
⇒後世の正月(八重山コラムちゃんぷる〜)
2月 3月 二月タカビ 各地 農作物の無事成長を祈願する。
2月 3月 二月彼岸 各地 仏壇にて先祖供養。
2月 3月 牛馬初願 各地 畜産物の繁昌を祈願する。
2月〜5月 2月〜5月 ムヌン 各地 ムヌンとは物忌のことで、謹慎の意。田植え後の稲の無事成長を願うフサバムヌン(草葉物忌)や、プー(穂)ヌムヌン、稲の乳熟期に病害から免れるよう祈るフルズンムヌン(ムノン)ほか。
⇒ドゥムヌムヌン(島々からの便り〜与那国島)
3月3日 4月9日 サニズ(浜下り) 各地 特に女性が、海に行き祈願し遊ぶ。
⇒サニズ(やいまNEWS)
3月3日 4月9日 アカハチ慰霊祭 石垣島大浜 オヤケアカハチの慰霊祭。
⇒アカハチ慰霊祭(やいまNEWS)
3月上旬 4月上旬 カドモノ忌祭 与那国島 田園の整備、播種、稲作の種苗の育成祈願。
3月 4月 清明(シーミー) 門中墓をもつ一門 一門の門中墓で先祖の供養をする。
4月1日 5月7日 衣替願 与那国島 十山御嶽で夏を無事過ごせるよう祈願する。
5月4日 6月8日 ハーリー(海神祭) 右参照 漁業関係者が海上平穏、豊漁を祈願する。ハーリー船によるレース
(石垣島四ケ字・白保・伊原間・小浜島細崎・西表島白浜・与那国島久部良)
⇒ユッカヌヒー ハーリー(フォトギャラリー)
5月 6月 海止め・山止め 各地 海山に行かず静粛を守り、作物の成長を願う。
6月 7月 世ヌ首尾 各地 収穫ができるまでに稲が成長したのは神のご加護があってこそと、感謝感激を表す感謝祭。
6月 7〜8月 プーリィ(豊年祭) 各地 各地御嶽で豊年祈願をする。旗頭、奉納舞踊、綱引きなど、各地域ごとに特色がある。西表島古見・新城島・小浜島・石垣島宮良ではアカマタ神事がある。黒島や鳩間島ではハーリーがある。
⇒八重山の豊年祭(八重山イベント特集)
7月7日 8月9日 7日ソーロン(七夕祭) 石垣島久宇良など各地 霊前に料理を供え七夕供養。弥勒に幸福祈願。
⇒ソーロン アンガマ -後生の精霊-(八重山イベント特集)
7月13日 8月15日 ソーロン(迎え) 各地 各家にあの世から先祖が戻ってくる。ソーロンの間、各地でアンガマ踊りや獅子舞などを行う。
⇒ソーロン アンガマ -後生の精霊-(八重山イベント特集)
7月14日 8月16日 ソーロン(中日) 各地  
7月14日 8月16日 ムシャーマ 波照間島 ミルク登場・仮装行列や棒術など多彩な内容。
⇒ムシャーマ(島々からの便り)
7月15日 8月17日 ソーロン(送り) 各地 先祖があの世に戻るのをお送りする。
⇒ソーロン アンガマ -後生の精霊-(八重山イベント特集)
7月旧盆中 8月15〜17日 アンガマ 各地 面を被ったウシュマイ・ンミー(爺・婆)と仮装したファーマーたちが新築の家などをまわって歌や踊りを繰り広げる先祖供養。
⇒ソーロン アンガマ -後生の精霊-(八重山イベント特集)
7月旧盆中 8月15〜17日 エイサー 石垣島明石・双葉など 沖縄本島出身地区で行われる、先祖を送るための盆踊り。
7月16日 8月18日 イタシキバラ(獅子祭) 各地 精霊送りの翌日、村のお祓いのため(あの世に戻らない精霊がいないよう)、獅子舞などを行なう。
⇒各地でイタシキバラ(やいまNEWS)
8月8日 9月8日 八月世迎い 各地 八月は祝月(ヨイツキ)といわれ、この年に入るとこれから1年間の豊作、豊漁祈願をする。竹富島では世迎い(ユンカイ)でニーラン神を迎える。
⇒竹富島 世迎いと結願祭(八重山イベント特集)
8月上旬 9月中旬 アラガトタガビ 与那国島 大蛇道上の拝所で雨乞い祈願をする。
8月15日 9月15日 十五夜 各地 赤豆餅(フカンギ)などを供え、月に祈願する。
⇒竹富島十五夜祭(島々からの便り)
8月15日 9月15日付近の日曜 土地公祭 石垣島名蔵 台湾出身者が豊年を祈願する。
⇒土地公祭の現在(八重山コラムちゃんぷる〜)
8月〜9月 9月〜11月 結願(キツガン)祭 右参照 祈願の総まとめ的な儀礼。多彩な芸能。小浜の結願祭は国選定の重要無形文化財。
(石垣島川平・黒島・小浜島・鳩間島など)
⇒登野城結願祭(八重山イベント特集)
8月下旬 9月下旬 屋手久祭 与那国島 東崎ダティクチディで海上安全祈願をする。
8月〜9月 9月〜10月 牛馬願 各地 牛馬の健康息災を願う。
8月〜9月 9月〜11月 節(シチ)祭 右参照 神の国の正月行事。3日間にわたり、無病息災、五穀豊穣などを祈願する。ミルク登場。西表のシチは国の重要無形文化財。川平では来訪神マユンガナシィが各家をまわる。
(西表島祖納・干立・石垣島川平・波照間島・新城島・与那国島)
⇒西表島 節祭(八重山イベント特集)
9月9日 10月9日 芋まつり・菊まつり 各地 芋を供え菊酒を飲み、感謝と豊作の祈願を行う。
9月〜10月 11月4〜5日 種子取祭 竹富島 五穀豊穣を願い多彩な奉納芸能が繰り広げられる。国の重要無形文化財。
⇒種子取祭に演じられる島狂言(八重山イベント特集)
10月10日 11月9日 金刀比羅祭 与那国島久部良 漁業関係者が海難排除、豊漁を祈願する。
⇒航海安全だけでなかった金刀比羅参り(与那国島コラムちゃんぷる〜)
10月 11月 十月タカビ 各地 村の平安無事と、人々の健康息災を祈願する。
10月 11月 島フサラサー 各地 疫病神が入らぬよう、しめ縄を村の出入口や御嶽の門前に張付ける。魔よけの方策。
10月〜11月 11月〜12月 衣替祭 与那国島 東久部良、我那覇家で冬を無事過ごせるよう祈願する
10月〜 11月〜1月 マチリ(カンブナガ) 与那国島 クブラマチリに始まり、ウラマチリ、ンディマチリ、ンマナガマチリ、ンダンマチリと続く一連の祭事。25日間にわたるこの期間、祈願に参加する人々は一切獣肉を摂らない。
⇒マチリ始まる(島々からの便り〜与那国島)
11月8日 12月6日 鞴(ふいご)祭り 各地 鍛冶を司る守護神を祭る。
⇒鞴(ふいご)祭り(八重山民話)
12月8日 翌年1月5日 ムーチー 沖縄本島出身地区 餅をそなえて子供の厄払いをする。
⇒ムーチー作り(島々からの便り〜波照間島)
12月24日 翌年1月21日 お願解き 各地 火の神の祈願を解く日

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。