石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
人物
八重山×人メニュー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

八重山人の肖像〜内原 スエ〜

八重山人の肖像

八重山人の肖像〜内原 スエ〜

 「来夏世」で初めてそばを食べたあの日はとても暑かったのに、店内は不思議と風が吹き抜けて、とても心地良かったのをよく覚えている。そばの味もさながら、厨房にチラリと見えた伝説のおばぁの後ろ姿も印象深かった。

 その伝説の人こと内原スエさんが、八重山そば屋を始めたのは5年前の80歳のとき。「次男が『そば屋をやりたいけど一緒にやってほしい』といってきたさ。私は家族がおいしいといって食べてくれた味でしかやりきらんよ、と。お客さんがおいしいといってくれて良かった」。

 当初、次男嫁の藤緒さんにはダシの取り方をはじめ一から教え込んだ。

 スエさんが内原家に嫁いできたのは60年前。ご主人はいまだ語り継がれるほど名物市長だった故・内原英郎さん(9?12代)である。家族10人の大所帯で、大きな鍋で毎日三度の食事を炊いた。「だから店で使っている鍋はみんな家から。私の人生はそういう生りだったかねと思うさ」と笑う。

 内原家では土曜日の昼食はそばと決まっていた。孫が学校から電話してきては「友だち何人か連れてきていい?」と聞くことも多かった。今もその頃の子らが「ばぁちゃんにいっぱい食べさせてもらったなぁ」と訪ねてくる。

 ところで内原元市長はそばにはうるさかったとか?「あんじ(そう)、あの人はそばには凝ってたから…。でも鍛えてもらって今があるさね。何でもおいしいといって食べてはくれたよ。料理も得意で、盆などの行事の鉢盛りも上手だったよ。感覚が素晴らしかった」。

 また、ご主人がこだわったことに、「お祝い事と法事ははっきり区別すること」というのがあった。使用する道具も料理の内容も本来は異なる。「今は何でも簡単になっているけど、八重山の伝統文化をなくしてはいけないと、講習会で精進料理を教えることもありますよ」。

 行事の際には何十人、何百人もの客にお膳を出してきた。「食べ物屋に働いたこともないし」とスエさんは謙遜するが、今日までたくさんの舌と腹を満足させてきたのには違いない。最近ではあまりの評判ぶりに客も増えたが、決して昨今のグルメ流行りに乗せて紹介するような店ではない。実際、隣りの人が鍋を持って買いにくるような、あくまでも近所の誠実なそば屋であり、人に食べさせるのが大好きなおばぁなのである。




八重山人の肖像

第一回の星美里(現:夏川りみ)さんをはじめとする105名の「ヤイマピトゥ」を紹介。さまざまな分野で活躍する“八重山人”の考え方や生き方を通して“八重山”の姿を見ることができる。

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。