石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
人物
八重山×人メニュー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

八重山人の肖像〜上里直英〜

八重山人の肖像

八重山人の肖像〜上里直英〜

 ちょうど、八重山商工高校野球部が、春夏、甲子園連続出場の切符を手に入れた明くる日であった。私は興奮冷めやらぬ心持ちで、上里直英さんをお訪ねした。今、まさに八重山中が、甲子園への想いをたぎらせている真っ只中とあって、八重山野球連盟の会長との対面に、私はひときわ特別な心境で赴いた。

 「うらやましい! 私たちのころは、今のように少年野球が盛んじゃなかった。もちろん目指してはいるけど、甲子園というのは、雲の上の、またさらに上にあるものだったからね」。話題は、上里さんが『甲子園』を夢見た少年時代へとさかのぼる。農林高校で、野球にひたすらに打ち込んだ三年間、また高校卒業後、現在に至るまで、長年つとめてきた審判員。野球のルールに、あまり明るくない私の素人質問に「プレーするのとはまた違って、審判は奥の深いものですよ」と、春・選抜の商工球児の好プレーをひもときながら、立ち上がり、実際に体を動かしては、とても丁寧に教えてくださった。

 さて、そのような審判員の育成や派遣などをも含む、野球の底辺拡大と技術の向上につとめてきた八重山野球連盟は、文字通り、八重山野球の全ての大会を主催、後援し、昭和二三年の設立以来、八重山野球界発展の源となってきた。

 「戦後の混沌とした社会情勢の中で、島を元気づけよう! という先輩方の想いが結集したんですね」。当初、わずか五〜六チームだった職域大会も、今では約九〇チーム(社会人チーム全体で)、少年(学童)、中学、高校のチームを合わせると、約一二〇チームを数えるという。年間の試合数は合わせて約六〇〇試合。「石垣は、年中野球ができるでしょ。土日は、ほとんど試合が入ってますよ!」と上里さん。高校野球はテレビに釘付けでそれこそ熱中する私だが、想像以上の、八重山人の野球熱に、私は仰天した。それと同時に、五八年前、信念を抱き、連盟の設立に力をそそがれた、島の先輩方のご尽力に、ただただ胸が熱くなった。今では、八重山の野球人口、約二千名。野球を愛するその想いは、時代をこえ、しっかりと引き継がれている。

 そして九代目会長の上里さんは、平成十四年からは、八重山支部初の沖縄県野球連盟副会長にも就任。

 「野球が、好きなんですよね!」。

 はにかむように、でも力強く話された言葉が、何より心に残っている。




八重山人の肖像

第一回の星美里(現:夏川りみ)さんをはじめとする105名の「ヤイマピトゥ」を紹介。さまざまな分野で活躍する“八重山人”の考え方や生き方を通して“八重山”の姿を見ることができる。

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。