石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
人物
八重山×人メニュー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

大島 保克(おおしま やすかつ) | 八重山アーティストちゃんぷる〜

八重山アーティストちゃんぷるー

大島 保克(おおしま やすかつ)

大島 保克
沖縄の島々に古くから伝わるうた、自作のオリジナル曲などを三線を弾きながらうたう唄者として国内・海外の各地で演奏活動を行っている。
沖縄各地に古くから伝わる島唄を丹念に掘り下げうたい継ぐ"伝統島唄の新しい継承者"としての一面と、積極的にオリジナル楽曲を歌い様々なアーティストとのコラボレーションや楽曲提供を行う"新たな島唄の作り手"としての一面を、どちらも同時に"自身の島唄"として今にうたう。
うたと三線による独りでの演奏スタイルを原点とし、その活動を広げている。

 


 

バイオグラフィー

1969年、沖縄県石垣島白保生まれ。生家は村の歌い手として代々「ひばり」の屋号で呼ばれており、幼少の頃からうた、三線の好きな家族に囲まれて育つ。
1993年、ファースト・アルバム『北風(にしかじ)南風(はいかじ)』(ポリスター)をリリース、ソロ・アーティストの道を歩み始める。『北風南風』は、オリジナル曲、民謡などで構成。アルバム中、BEGINの比嘉栄昇との共作「イラヨイ月夜浜」は請福酒造のCMソングとして採用され、BEGIN、加藤登紀子、夏川りみなど多くのアーティストに歌われている。映画『秘祭』(新城卓監督、石田慎太郎原作)でも使用された。
1997年、大島保克&オルケスタ・ボレとして、移民をテーマとしたアルバム『今(なま)どぅ別(わか)り』(ディスクアカバナー)をリリース。収録曲「新湊節」が映画「BEAT」(宮本亜門監督)に使用される。
1998年、山之口貘トリビュートアルバム『貘』(高田渡監修)に2曲参加。鬼太鼓座『怒濤万里』に2曲参加。
1999年、セルフ・プロデュースによるセカンド・アルバム『東(あーり)ぬ渡(とぅ)』をリリース(ビクター・エンタテインメント)。ムーンライダーズの武川雅寛(ヴァイオリン・マンドリン)、木津茂里(太鼓・鳴り物)、パーシャクラブの新良幸人(笛・三絃)が参加。オリジナル曲と民謡を約半数ずつ収録。
2000年、サード・アルバム『我(ば)が島(すぃま)ぬ うた』リリース(ビクター・エンタテインメント)。全編、出身地である沖縄の八重山諸島の民謡のみ、全曲独りきりで録音。九州沖縄サミットの関連イベントの準備のため、初めての海外(アイルランド)へ。クラナドのボーカリスト、モイア・ブレナン(エンヤの姉)、イーファ・ニ・アーリとリハーサルを行い、沖縄で共にコンサートを行う。サミット期間中TBS『News 23』に出演して演奏。
2001年1月、大友良英らとの「JAPANORAMA」ツアーに参加、イギリス、ベルギー計10ヶ所で演奏。9月、再びヨーロッパに招かれ、イギリス、アイルランド計7ヶ所で演奏。BBCラジオに出演し、スタジオでミニライブを行う。参加したツアーの紹介記事がThe Guardian紙、The Independent紙、The Wire、等に掲載され、大島のCDに関するレビューがfRoot等の雑誌に掲載される。英語で沖縄音楽を紹介する本『The Power of Okinawa』(John Potter著)に長文インタビューが掲載される。
2002年、4枚目のオリジナル・アルバム『島時間〜Island Time〜』をリリース(ビクター・エンタテインメント)。武川雅寛、笹子重治(ギター)、三沢泉(パーカッション)、BEGINの上地等(ピアノ/アコーディオン)が参加。オリジナル曲を中心とした構成。上地等との共作「生(ま)り島(じま)離(はな)り」、民謡も収録。      平良とみとショーロクラブのアルバム『ニライカナイ』(ソニーミュージックエンタテインメント)に参加。
2003年、平良とみ、ショーロクラブらと共に、ブラジル公演。NHK教育テレビの番組「ドレミノテレビ」に出演、UAのうたう「てぃんさぐぬ花」に三線と歌で参加。
2004年、平良とみの一人芝居と大島保克の唄による『太陽の童』を東京、沖縄、広島、金沢で公演。「ドレミノテレビ」を収録した『うたううあ〜ドレミノテレビ〜』(CD、DVD)がリリースされる。Kiroro『帰る場所』に1曲三線で参加。
2005年、5枚目のソロアルバムとして、UA、Kiroroの金城綾乃、サックスの坂田明、アルタン、中国古箏のジャン・シャオチンらをゲストとして迎え『島めぐり〜Island Journey〜』をリリース(ビクター・エンタテインメント)。NHKの番組「トップランナー」に出演。アイルランド大統領来日を記念しアイルランド大使館にて開催されたレセプションにて、アルタンと共に演奏。
2006年、アメリカのテキサス州オースティンで毎年開催される音楽見本市、サウスバイサウスウエストに出演。その後ニューヨーク、シカゴ、オークランド、サンタモニカで演奏。吉永小百合による朗読CD『第二楽章 沖縄から「ウミガメと少年」』(野坂昭如作)に音楽担当として参加(ビクター・エンタテインメント)。
2007年、アメリカ人ピアニスト、ジェフリー・キーザーとのコラボレーションによるアルバム『大島保克withジェフリー・キーザー』をリリース(ビクター・エンタテインメント)。ふたりのデュオ演奏を中心に、曲によってバンド編成を迎え、ニューヨークで録音。(本文右側上から二枚目の写真:大島保克とジェフリー・キーザー)
2009年、インド4都市(ムンバイ、チェンナイ、デリー、コルカタ)で鳩間可奈子、サンデーと公演を行う(国際交流基金主催)。
2010年、琉球新報社主催「第8回宮良長包音楽特別賞」受賞。
 
 

CD アルバム

大島保克 with ジェフリー・キーザー
2007/4/18
ダウンロード購入
 
島めぐり〜Island Journey〜
2005/4/21
ダウンロード購入
 
島時間〜Island Time〜
2002/4/24
ダウンロード購入
 
我が島ぬうた Song of My Islands
2000/11/22
ダウンロード購入
 
東ぬ渡
1999/6/23
ダウンロード購入
 
今どぅ別り
1997年
 
北風南風
1993年
 
 

CD 参加作品

第二楽章 沖縄から〜ウミガメと少年〜野坂昭如作
2006年
 
RIMITs〜ベスト・デュエット・ソングス〜
2006/3/22
ダウンロード購入
 
夏川りみ 「彩風の音」
2005/11/23
ダウンロード購入
 
内里美香 「風のションカネー」
2005/11/10
 
Kiroro  「帰る場所」
2005/6/23
ダウンロード購入
 
ううあ(UA)、ほか 「うたううあ」
2004/3/31
 
BEGIN 「ビギンの島唄〜オモトタケオ〜」
2000/7/21
 
鬼太鼓座 「怒濤万里」
1999/9/22
 
高田渡 ほか 「獏 詩人・山之口貘をうたう」
1998/4/1
 
 

関連リンク

沖縄 八重山の唄者 大島保克 公式ウェブサイト 公式HP
twitter@oshimayasukatsu 大島 保克氏のツイッターアカウント

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。