石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
人物
八重山×人メニュー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

八重山人の肖像〜新城弘志〜

八重山人の肖像

八重山人の肖像〜新城弘志〜

 ハレの日の役目を、平らかに終えた登野城字会の旗頭。私は幸運なことに、繕いの時をじっと待つ『オオゴチョウ(※)』との再会に恵まれたのである。それは年に一度の豊年祭に仰ぎ見ることのできる村の象徴。澄みきった青天に映え、夏の宵闇に灯る旗飾りを前に、祭りの日の純真で敬虔な、あの心持ちになった。

 「夜も遅くまで、約一ヶ月余りの時間をかけますでしょう…まるで娘を嫁に出す時のような心境ですよ」。修行中だった十八歳のころ、字会の長老や役員たちに交じって携ったのが始まり。二十歳を迎え『天川屋木工所』として独立したのを機に、旗頭制作の全てを任されるようになった。

 幼い頃から手仕事が好きだった新城弘志さんは、いくつもの顔をお持ちの、実に多才な方である。先ず、雅石(がせき)の雅号で活躍する書家、篆刻師、そして画家・絵師である。またアンガマの面作りをはじめ、弥勒面、獅子頭、仏像などの修復・復元を手がける彫刻家・仏師でもある。茶箪笥やお仏壇などの家具を作る指物師でもあり、小物を扱う木工職人でもあろう。「この家も自分で造ったんですよ。八ヶ月ほどかかったけどね」。そんな手業と美の世界の達人曰く「細かい仕事が続きますでしょう。外に出て、緑に囲まれていると、眼が癒やされるんですよ」。そう、新城さんは言わずと知れた盆栽作家の第一人者でもあるのだ。

 さて、ライフワークの一つである旗頭制作は今年で31年目を迎える。「日頃から農作業で肉体労働をしていた昔の若者と今の若者とでは、力が違うから、紙や針金の素材、塗料の重ね具合など、重量を考えて工夫しないと…」。また時代の変化は、高い建物の狭間におきる不規則なビル風や、張りめぐらされた電線により持ち手を悩ませる。そして、私たち観衆からすると、空の広さは限定され、寸断されてしまった…。

 時の移り変わりの中で、新城さんがいつの時代もこだわり続けてきた旗頭の立体感。「どの角度から、どう見上げても、見栄えのする、また重々しい姿形をめざしたい」。

 守り伝える部分と、新しい素材や技法を取り入れ、仕掛けや工夫を惜しみなく試みる部分との両輪により、新城さん独自の拵え方を、日々追い求め、掘り下げるのであろう。

  

 ※「オオゴチョウ(黄紅蝶)」とは、登野城字会に伝わる旗頭・旗飾りの一つ。




八重山人の肖像

第一回の星美里(現:夏川りみ)さんをはじめとする105名の「ヤイマピトゥ」を紹介。さまざまな分野で活躍する“八重山人”の考え方や生き方を通して“八重山”の姿を見ることができる。

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。