石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
人物
八重山×人メニュー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

八重山人の肖像〜宮平康弘〜

八重山人の肖像

八重山人の肖像〜宮平康弘〜

 「島、まさに島であること!」。それはゆったりとした間合いの、独特な口調の中で、鐘の音のように響いてきた美しく力強い言葉であった。

 宮平康弘さんが現社長をつとめる「南の美ら花ホテルミヤヒラ」は、八重山の観光産業の中核を担う、地元資本の施設として、長い歴史を持つ老舗中の老舗。今年で創業53周年になる。前身の「宮平旅館」の創立は、沖縄県がまだ米軍の統治下にあった昭和28年。旧護岸通りに、鉄筋コンクリートブロック造りの2階建てでお目見えした。繁華街・桟橋前という立地のよさ、当時ではめずらしい風呂付きの部屋、八重山らしい料理の提供などで、宮平旅館は大繁盛したという。「宮平旅館」はその後、埋立地である美崎町に移転、「宮平観光ホテル」、「ホテルミヤヒラ」、そして現在の「南の美ら花ホテルミヤヒラ」へと改称。増築、規模の拡大をはかり、わずか16室だった客室数は、今や158室となった。

 さて康弘さんが経営に携わるようになったのは復帰の翌年、昭和48年からである。社長に就任して18年目となり、今では八重山を代表する経済人、そして観光産業分野のみならず、八重山に欠くことのできない指導者であり、指揮者となった。

 ラウンジの柔らかなソファーに、背の高い身体をあずけるように沈み込ませて、康弘さんは静かに語り続ける。「朝の早い時間は、来客や電話で寸断されないでしょ! 読んだり書いたりするのにもってこいの時間でね。最近は早寝早起きですよ。でもそろそろ若いころの酒のつけが、身体にくるんじゃないかなぁと思ってねぇ…」250名の従業員をかかえる頭の、とてもくつろいだ素の表情に私はホッとした。と、思えば、「商売・会社経営は、明日どうなるかわからない世界だからね。こわいですよ。厳しいですよ!」と今を確実に捉えようとする鋭い眼光を見せた。

 書き綴ってこられたエッセイを始め、和歌、小編、提言、旅行記、インタビューや座談会などをまとめた出版物は、これまでに五冊を数える。八重山にささげる想い、たくす願いに、八重山・島への愛の深さ、濃さを熱く感じるものだ。

 広い視野、様々な角度・視点から見つめる、その「八重山らしさ」こそ、長い時を生き抜く「島の命」であり、宮平流のおもてなしの心となるのであろう。




八重山人の肖像

第一回の星美里(現:夏川りみ)さんをはじめとする105名の「ヤイマピトゥ」を紹介。さまざまな分野で活躍する“八重山人”の考え方や生き方を通して“八重山”の姿を見ることができる。

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。