石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
月刊やいま新刊情報!
― 純八重山産生活情報誌 ―
月刊やいま 月刊やいま
2017年8月号
特集
石垣市 平成29年は肉の年宣言!
■A4判
  フルカラー
■定価450円
詳細はこちら≫
>月刊やいま賛助会員一覧
>年間購読はこちらから
>月刊やいまについて
月刊やいまtwitter 月刊やいまFaceBook
南山舎やいま文化大賞
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
南山舎メニュー
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
やえやまなび
石垣島に着いたら即GET!!
やえやまなび
約400軒掲載!
八重山のお店情報が満載です。
詳細はこちら≫
やえやまなび電子ブックを見る
PDFダウンロード
やえやまなびWEBサイトへ行く
月刊やいまFaceBook

南山舎〜プレイバック〜

日本最南端の出版社南山舎

15年経過報告  『情報やいま』2001/10月号より

〈あなたは、出版社「南山舎」を起こし、編集スタッフと共にみずみずしい企画と編集で、八重山の新しい文化潮流を作り出しました。今年創刊10周年の情報誌「やいま」をはじめ「八重山手帳」「やえやまGUIDE BOOK」は日日の生活に清新な息吹を送り、また「やいま文庫」「八重山に立つ」シリーズなど、その出版活動の一つ一つが、八重山の魂を伝えるものです。これを感謝し、頌えて、記念の盾を贈ります〉
  9月2日、関東の八重山出身者でつくる東京しかあざ会(羽鳥秀男会長)から「2001年頌」をいただいた。

  ああ、15年たったんだなあ、と思う。帰郷して15年。島を出て東京で過ごしたと同じ15年だが、こっちのほうがずっと良かった、と改めて思う。
  帰郷の決心は些細なことだった。帰省していたときに雨が降ったのだ。前触れもなく降り出した雨にまず驚き、立ち上ってくる土の匂いに昔を思い出し、何事もなかったようにすぐに元に戻った空の色に驚き、…そして帰郷を決心した。その時、忘れていた素晴らしいものを思い出して、なんとしても帰らなければ、と思ったのである。 

  この「風が見える島」「身近にあることの感動」のことをいちばん初めに話し合ったのは新城剛さんだったが、剛さんはいまはもういなくなってしまった。
  振り返ると、15年はアッというまだが、ただ時間の襞に入り込むきっかけさえ与えられれば、そこはかなり充実した空間だ。それもこれも八重山に帰ってきたおかげだと思っている。

  帰郷して翌年の暮れに「八重山手帳88」を出した。八重山の感動を持ち歩きたいと思って、それを手帳の形にしたのである。何人かに手帳のことを話したが、私の懐を慮って誰も賛成する者はなかった。「手帳は銀行から貰えるから買う人など誰もいないよ」
  退職金は残り少なくなっていたが、自分のためにもつくりたかった。少しでも経費を浮かそうと、カバーの中に手帳本体を入れ込む手作業は印刷屋ではなく、自宅に別々に送ってもらって家族で夜なべしてやった。

  「八重山手帳」は歓迎された。八重山を中心に売れ、「旅」に出ている子や知り合いに贈るという形での広がりもあった。奄美や屋久島や名護から「自分たちの地域の手帳もつくりたい」と申し出があり、地域のために頑張ってください、とエールを送ったのだが、いまだに実現の声を聞かないのは、小さなマーケットではなかなか採算がとれないということなのだろう。
  「沖縄手帳」をつくりたいとオークスからも挨拶があり、こちらは沖縄全域で売れているようだが、中味が「広く浅く」なったのは致し方なし、か。痛しかゆしだが、しかし「八重山手帳」はいつまでも「八重山手帳」でありたい。

  いいものを供給すれば需要はついてくる、というのが「八重山手帳」を創刊しての感想。もちろん地域の暖かさに支えられてのことである。
  この15年間、出版物に関して言えば、やりたい、と思ったことの多くは実現できた。おそらく大儲けをしようなどと考えなかったからだろう。大儲けが条件でなければ、選択肢が広がり、実現性が増すという単純な理由。が、万年資金不足の身には大失敗は許されないから、アンテナを張り巡らして頭を絞って絞ってアイディアを考える。これがまたよかったと思う。
  もうひとつはスタッフに恵まれたことだ。スタッフはバランスよくいつもたいがい八重山出身者と郡外出身者が半々。八重山を掘り、発見するためには外からの新鮮な視点が必要だし、しかしそれだけに走らない、現実をふまえた地元の眼もまた重要だ。

  さて、しかし年1回の手帳の刊行だけでは生活できない。自宅の一部を学習塾にして生徒をとった。それが4年くらい続いただろうか。
  その間、八重山毎日新聞の連載記事「学校訪問記」「ぼくら少年探検隊」をつくり、同新聞社資料室の分類体系を構築し、もうひとつ準備していたのは、八重山の新聞の記事索引を作ることだった。

15年経過報告◆ 『情報やいま』2001/11月号より

東京での15年のうち、その大半の11年間を財団法人大宅文庫で働いた。マスコミ天皇と称された評論家大宅壮一が遺した図書館である。
  この図書館の特色は大きくいうと2つあった。雑誌を中心に集めていたこと、その記事索引を作っていたこと、である。
  たかだか5〜60坪しかない小さな図書館が、今やその道では知らぬ者のない専門図書館となった秘密は、じつはこの点にあった。つまり欲しい資料にすぐに行き着くことのできる索引システムができていたのである。
  索引というたったひとつの工夫(書籍重視の時代に雑誌を集めたという大宅壮一の先見の明をも工夫とするならそれも加えていい)である。
  工夫こそ大事なのだ、たったひとつの工夫でいいんだ、ということを大宅文庫の11年間で教えられた。

  帰郷して15年間のブランクを埋めるべく過去の新聞をめくっているとき思いついたのが、「八重山で発行された新聞の記事索引を作ったら、少なくとも大正以降(八重山で初めて新聞が発行されたのは大正6年である)の八重山の歴史を自分たちのものにできる」ということだった。
  当時まだ一般的でなかったパソコンでサンプルをつくって市立図書館に持ち込んだ。図書館はまだ準備室の時代だったろうか。『八重山の戦後史』の著者である、いわば「資料集め」のプロである大田静男さん他が大いに賛同し、説得につとめてくれたようだ。
  図書館長ほか多くの人の後押しで「新聞記事検索システム」は実現し、現在までその作業は続いている。日本広しといえど、地域紙の記事索引づくりをこれほど徹底してやっている図書館は無いのではないだろうか。

  さて、外に対しては「八重山への入り口づくり」を、内に対しては「八重山の発見」を、というのが当時考えていたことだった。
  とくに15年間留守にしていた島を改めて眺めるとそこはとても輝いていて、「こんな身近にいいものがいっぱいあるじゃないか」といって回りたい気分だったのだ。だから、『八重山手帳88』の腰巻きに「小さな発見のある人生」なんてコピーを刷り込んだりもした。
  八重山をもっと身近に、と考えていたので、企画記事など書かせてもらっていた八重山毎日新聞社に、『琉球新報』に週1回折り込まれる「レキオ」のようなものを作りましょう、と提案した。


  普通の人が気軽に登場し、実用的で、親しめて、ハッと小さな発見があるもの…。
  そうして『週間ヤイマ』はスタートしたのだが、残念ながら3か月あまりで打ち切りとなった。広告収入が芳しくないということだった。南山舎は編集を任されていた。
  折ればタブロイド判、のスタイルで、今見てもレイアウトはなかなか洒落ているし、内容もなかなか面白い。
  とくに、週間スケジュールは八重山の行事やイベントを徹底して集めて、たとえばアンガマがどこをどう廻るかというところまで載せて評判だったのだが…。

  ところで『週間ヤイマ』をスタートするときに、スタッフを集めた。2名+アルファ。が、打ち切りになった。どうするか思案した。で、月刊誌『情報やいま』を発行することにした。独自で。

  金銭的な不安を抱えながらスタートに踏み切ったのは、それを発行することの意義を十分に感じていたからだ。
  『やいま』を創刊して10年たち、今号でちょうど100号、ここまでよく続けることができた、というのが実感である。
  そこで思うのは、何かをやり続けようとするとき、経済的に続くかどうかも大切なことだが、ギリギリのところで継続できるかどうかとなると、やはり意義ややり甲斐がどれほどあるか、どれだけそう感じているか、だろう。
  ところが、意義ややり甲斐は空気のように目に見えにくいものだから、手の中をするりと抜け出していきそうだ。
  だから、ときどき『八重山手帳』創刊の時を思い出したり、『やいま』の創刊の辞を読み返したりするのだ。

15年経過報告 *『情報やいま』2001/12月号より

これまでに発行した『やいま』を積み上げると、40センチくらいの高さになる。ページ数にすると何頁くらいになるだろうか。創刊号が本文40ページ、5年目くらいの号がほぼ60ページの厚さ、現在は80ページが基本だから、平均60ページとして…およそ6600ページ。
  チリも積もれば…では例えが悪いが、本当に継続というのは貴重なものだと思う。少しずつでも歩きつづければ10年ではかなりなものになる。この蓄積がわれわれにとっては財産だ。
  『やいま』の発行と平行して書籍なども出してきた。『八重山手帳』のほかに『やえやまガイドブック』『八重山100%活用読本』、八重山に立つシリーズとして『八重山の戦争』(大田静男著)『八重山を読む』(三木健著)、やいま文庫シリーズとして『紀和へ』(嵩西洋子著)『詩集・遠い朝』(砂川哲雄著)…、ほかに自分史の刊行、行政や団体の刊行物も手伝ってきた。地図や絵はがきも出している。

  これら一つひとつの出版に自分なりの思い入れと思い出と意義があるが、ここではふたつだけ書いておこう。
  ひとつは、手帳、ガイドブック、地図。これらは地元発行の本格的なものとしては、おそらく八重山初だろうということ。(本格的とはつまり、内容量が十分なほど豊富であること、かつ商売として成り立つほど売れている、というほどの意味)
  『やえやまガイドブック』は2年に1度の刊行で、これまで3度改訂しているが、1994年にはじめて出したときは「こんなものが八重山でできるのか」と驚かれたものである。
  地図にしても大雑把なものしかなく、一方通行路まで示した実用的な地図はなかったし、しかも石垣島以外はほんとにおざなりなものだった。

  なぜ作ろうと思ったか?
  やはり、必要だと感じていたのだと思う。一方で、「自分たちのものを自分たちの手で」という気持ちも強かった。これまでのガイドブックというと、八重山だけで独立したものはなく、「沖縄」の中に序でに添えられているようなものだったから、コンナモンジャナイ、とわじわじーもしていたのだと思う。
  おかげさまで『やえやまガイドブック』は今年から全国発売となって、健闘中!
  もうひとつは、『八重山の戦争』でスタートした「八重山に立つシリーズ」。その場所にたって考えようというコンセプトの本づくりは、いろんなものが身近にある田舎ならではのひとつのスタイルを確立したのではないかと思う。

  さて、手帳、月刊誌、ガイドブック、シリーズ本の刊行のあと、1999年9月にインターネットのホームページ「やいまねっと」を開設、今年の8月には石垣市商工会と協力して、あやぱにモールに「やいまワールド」という総合案内所をオープンした。
  インターネットはこれからが楽しみな分野で、おいおいと充実させていくとして、さて、「やいまワールド」についてだが、これは南山舎にとっては画期的な展開だと考えている。というのも、これまで私たちは主に紙に情報を詰めて(出版というかたちで)多くの人に伝えてきた。ところが「やいまワールド」では、その空間で情報を展開させなければならない。
  紙よりももっとダイレクトに、人間と人間が情報をやりとりする空間、モノが情報となる空間、例えば、店の前でビデオを流せばそこが情報伝達の空間となり、公園でイベントを企画すればそこも情報空間となるような展開。おおげさに言うと、街をメディアにすることができるような、そこへつながる役割を「やいまワールド」に課したいと思うのだが…。

 この15年を振り返ると、「八重山」だらけだったなあ、というのが実感。もちろんこれからも続けていくが、今後は八重山の中の「個」にも力をいれていきたいと思っている。もっと細かく深く人やモノに入り込み、その空間や時間の襞を見てみたいと思う。
  今後ともどうぞよろしく。


 
南山舎公式WEBサイトへ行く


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。