石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
月刊やいま新刊情報!
― 純八重山産生活情報誌 ―
月刊やいま 月刊やいま
2017年8月号
特集
石垣市 平成29年は肉の年宣言!
■A4判
  フルカラー
■定価450円
詳細はこちら≫
>月刊やいま賛助会員一覧
>年間購読はこちらから
>月刊やいまについて
月刊やいまtwitter 月刊やいまFaceBook
南山舎やいま文化大賞
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
南山舎メニュー
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
やえやまなび
石垣島に着いたら即GET!!
やえやまなび
約400軒掲載!
八重山のお店情報が満載です。
詳細はこちら≫
やえやまなび電子ブックを見る
PDFダウンロード
やえやまなびWEBサイトへ行く
月刊やいまFaceBook

南山舎〜やいま文庫シリーズ8 八重山の台湾人〜

日本最南端の出版社南山舎

南山舎出版物は当社オンラインショップ「やいま印」から直接ご注文頂けます。
また、お近くの書店でご注文の際には「地方小出版流通センター取扱品」とご注文下さい。ご注文から約2・3週間で入荷となります。
 

八重山の台湾人

著者:松田良孝
仕様:B6判 ソフトカバー 229ページ
発行:南山舎
定価:1,944円(1,800円+税)
ISBN4-901427-13-X
やいま文庫シリーズ8
台湾−八重山に生まれ
生きた人々の
生活史を通して見える
八重山近現代史の新たな側面
『八重山毎日新聞』に長期連載されたシリーズの単行本。 台湾−八重山に生まれ、生きた人々の物語。日本の台湾植民地支配の始まりとその崩壊、1972年沖縄の本土復帰=台日の国交断絶といった時代の節目を挟んだ激動の近現代史。それぞれの時代に生きた「八重山の台湾人」たちが語る生活史は、彼らが"国家"に翻弄(ほんろう)されながらも、台湾−八重山にあって、国家の国民であることより国際人、何よりも「人」であることを証す。

コンテンツ

・地図(八重山/台湾)
・まえがき
序章 台湾人コミュニティー
・行き来する人たち
・現代の″八重山移民″
第一章 八重山へ
・すっかり熟したバナナ
・物見遊山と砂糖
・海上輸送の国家統制
・移住・疎開・帰郷
・「お国のため」
・志願兵
・「志願」
・宇多良炭坑跡
・国策から始まった西表炭坑
・台湾でも使われた「八重山炭」 
・トロッコ事故
・切り込み訓練
・学校教育が戦意を高揚
・ふらりと八重山へ
・「台湾人と云えども…」
・徴用・供出
・″マラリアでも大丈夫″
・水牛の畜力
・兄の身代わりで″志願″
・「兵隊になれば、飯が食える」
・日当五十銭
・結婚
・隙間
・冬の海
第二章 台湾ではない「日本」で
・第二章 台湾ではない「日本」で
・「原状回復」
・赤線でチェック?
・優越感
・台湾一低い就学率
・モチとムチ
・遅刻でも「○」
・「自前」で学校建設
・保護者にも波及効果
・学校の維持・管理も自前で 
・乏しい教育財政
・「せめて農道だけでも」
・「無国籍」ゆえに
・台湾語を拒否
・「国は違うが、同じ日本人」
・日本国籍取得への挑戦
・国境線
・「本国送還の計画はない」
・国語の試験
・日本国籍取得
・日本名を名乗っても台湾人
・気負い
・「無国籍」
第三章 大量帰化
・急行「桜島」
・台湾人と「復帰」
・台湾からの同級生
・「なぜ?」
・The immigrants and citizenship
・「台湾からの移住者に市民権を」
・「日本国籍がないのは、なぜ?」
・パイン畑を手伝いながら練習
・台湾人の代表として
・スペースを確保
・技術導入
・準優勝
・国籍取得への熱気
・違和感
・労働力は東へ
・八重山からの逃避
・沖縄出身の″ワンちゃん″
・台湾語で意思疎通
・復帰への不安
・高等弁務官事務所
・直談判
・アルバニア決議
・「あんたなんかは、みんな日本人」
・中華民国籍のままで
・続く不安
・台湾の優れたパイン技術
第四章 「日本人」と「台湾人」
・曾一家の選択
・氷菓に涙
・鉄くず拾いで小遣い稼ぎ
・「いまさら言えない」
・日本人の真似事?
・両方を引き受ける
・台湾生まれで沖縄育ち
・人そのもの
・「台湾って何?」
・台湾人の「みちこ」
・心を閉ざして
・肯定的な評価
・「今は生きやすい」
・無難な答
・広がる台湾との距離感
終章 遠回り
・テレビが日本語教師
・いとこ同士なのに
・子どもたちと台湾
・参考文献
・あとがき

第25回沖縄タイムス出版文化賞 正賞受賞!

第25回沖縄タイムス出版文化賞贈呈式・祝賀会にて。中央が著者の松田良孝。中央左が発行元の南山舎代表の上江洲儀正。
第25回沖縄タイムス出版文化賞
正賞受賞!
(八重山毎日新聞12月18日朝刊より転載)
 沖縄関係の優れた刊行物を表彰する「第25回沖縄タイムス出版文化賞」の贈呈式が17日夕、県青年会館であり、「八重山の台湾人」を著した本紙記者松田良孝、発行元の南山舎代表上江洲儀正の両氏が正賞を受賞した。八重山関係者の正賞は6人目、南山舎は2度目。
 「八重山の台湾人」は松田氏が八重山の台湾人たちの移動の軌跡や歴史を本紙に連載した「我們是從台湾来的〜私たちは台湾からやってきた〜」に加筆し、再構成したもの。
 式で岸本正男社長は「漂流する移民社会の課題を現在の問題としてルポした。異境の地にあって台湾人の主体性と移民の心情をジャーナリストの温かい眼差しで描いた」と評した。
 松田氏は受賞者代表あいさつで「読者と取材に協力してくれた八重山の台湾人に感謝したい。受賞を機会により多くの人が八重山に対する理解が深まるきっかけになればと思う」と述べた。
 上江洲儀正代表は「八重山の人たちの支えと励みで仕事をしている。今回の本は、台湾人のアイデンティティーを書いた秀逸な作品。地元で出版したことがうれしい」と話した。
 祝賀会には両氏の同僚ら関係者が石垣島から駆け付け、花束を贈呈するなどして賞を祝った。
 今回は対象図書406点の中から正賞3点、特別賞1点が選ばれた。他の受賞作は正賞に「島クトゥバで語る戦世」(琉球弧を記録する会発行)「沖縄文学という企て」(新城郁夫著、インパクト出版会)、特別賞に「読谷村史第五巻資料編4戦時記録上・下巻」(読谷村発行)。

書評

個人史を通して苦難の歩み記録 地元八重山への重い問いかけ
[掲載] 『八重山毎日新聞』2004年8月6日
[評者] 三木健(石垣市史編集委員)
 八重山には戦前から多くの台湾人が移住し、生活を営んできた長い歴史がある。現在も数百人もの人たちが、八重山の地にとけ込んで生活しているが、それだけまとまっているのは県内では八重山だけである。八重山がいかに台湾とは、切っても切れぬ関係にあるかを示すものである。
戦前、八重山に渡ってきた台湾人には、大きく分けて二つの流れがあった。一つは石垣島の名蔵一帯に昭和初期に入植した農業移民の系統である。もう一つは、西表炭坑の坑夫として、大正時代から入ってきた系統である。いずれも戦前の日本植民地時代に、台湾と八重山の国境線がなかった時代のことである。
ただ後者の炭坑労働者の方は、戦争による炭坑閉山で、一部を除いて定住することなく本国に引き揚げた。これに対し石垣島に入植した人たちは、戦時、戦後の苦難に耐えて今日に至っている。
これだけ長い定住の歴史にもかかわらず、これまでまとまった記録らしい記録もなかった。このため「記録なきフロンティア」(金城朝夫)と呼ばれたりした。
私は西表炭坑の歴史を調べ、台湾人坑夫のことを書いたことがある。しかしこれも、部分的なものに過ぎない。八重山の台湾人の記録を残す必要性を痛感していた私は、戦前の名蔵入植の先駆者のお一人である林発さんの『沖縄パイン産業史』の編集・出版をお手伝いしたことがある。
それもパイン産業史もさることながら、それをもたらした台湾人の苦闘の歴史を、なんとか知ってほしいという思いからであった。一九八四年のことで、かれこれ二十年も前のことになる。
そんなことから八重山毎日新聞の松田良孝記者が、二〇〇三年一月から九月にかけて週一回「我們是従台湾来的−私たちは台湾からやってきた」を連載したときから注目していた。多忙でなかなか通して読むことができなかったが、それが今回一冊にまとめられ南山舎の「やいま文庫」シリーズとして刊行されたことをうれしく思う。
松田記者は移住一世の人たちから三世に至るまで、その個人史を丹念に追い、彼らの苦難の歩みを、その生活のひだひだに触れてまとめている。当然ながら一世たちのルーツを訪ねて台湾に渡り、三世を追って大阪で取材したりしている。
そのなかで浮かび上がってくるのは、台湾の人たちとは関係のないところで国境線が変えられ、それによって翻弄(ほんろう)されてきたことである。
著者もあとがきで述べているように、八重山の台湾人にとって、三つの大きな節目があった。一つは日本の台湾植民地支配が始まった一八九五(明治二十八)年、二つ目はその支配が崩壊した一九四五(昭和二十)年、そして三つ目は一九七二(昭和四十七)年の日本復帰である。
一つ目のとき、台湾人は中国籍から日本国籍に変えられ、日本国民であることを強要された。二つ目にはその日本国籍がはく奪され、八重山からは外国人扱いとなる。そして三つ目に沖縄の日本復帰による国籍問題が浮上し、日本国民として生きるか否かの選択が迫られた。
このように日本の国策に翻弄され、あらぬ差別を受けることにもなる。そうした中での台湾人移住者のアイデンティティー(主体性)を求めての闘いは、実に痛ましいものがあった。八重山の人たちが、はたしてどれだけその苦しみを理解し、その解決のために力を注いだのか。本書はそのことを言外に問うてもいる。
今日、八重山の台湾人のアイデンティティーは、著者によれば「拡散」と「回帰」の二つの流れにある、という。日本人としてあるいは国際人として生きる人たちと、改めて自らの主体性を台湾に求めて回帰していく人たちである。
それはそれぞれの生き方にかかわることであり、私たちがとやかく言えることではない。それについて著者も特にコメントしてはいないが、温かい眼をもって見守っていきたいとする姿勢が感じられる。
著者自身、埼玉県の出身で八重山地元の人ではないが、そのことがかえって八重山と台湾とを客観的に見ることに役立っているのかもしれない。「記録なきフロンティア」は、いま本書によって記録を持つに至ったのである。

書評

国家に翻弄される人々
[掲載] 『沖縄タイムス』2015年1月10日
[評者] 大森一也
 

 
南山舎公式WEBサイトへ行く


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。