石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
月刊やいま新刊情報!
― 純八重山産生活情報誌 ―
月刊やいま 月刊やいま
2017年8月号
特集
石垣市 平成29年は肉の年宣言!
■A4判
  フルカラー
■定価450円
詳細はこちら≫
>月刊やいま賛助会員一覧
>年間購読はこちらから
>月刊やいまについて
月刊やいまtwitter 月刊やいまFaceBook
南山舎やいま文化大賞
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
南山舎メニュー
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
やえやまなび
石垣島に着いたら即GET!!
やえやまなび
約400軒掲載!
八重山のお店情報が満載です。
詳細はこちら≫
やえやまなび電子ブックを見る
PDFダウンロード
やえやまなびWEBサイトへ行く
月刊やいまFaceBook

南山舎〜八重山人の肖像〜

日本最南端の出版社南山舎

南山舎出版物は当社オンラインショップ「やいま印」から直接ご注文頂けます。
また、お近くの書店でご注文の際には「地方小出版流通センター取扱品」とご注文下さい。ご注文から約2・3週間で入荷となります。
 

八重山人の肖像

写真・今村光男
文・石盛こずえ

八重山人の肖像 Portraits of Yaimapitwu
◆仕様/A5判 246頁
◆定価/3,024円(2,800円+税)
ISBN4-901427-10-5
月桃紙を使用して装丁した愛藏版

八重山人(ヤイマピトゥ)を通して見える八重山の姿

月刊情報やいま内の巻頭コーナー、八重山人の肖像。記念すべき第1回は(1994年3月号)星美里(ほしみさと・現:夏川りみ)さん。20歳の成人を迎えたばかりの当時、「郷土の先輩のBEGINや大島保克さんの作曲した歌も歌ってみたい」と、思いを語っています。写真はBEGIN、白百合クラブ、具志堅用高さん、宮良忍さん
八重山に密着した生活情報誌『月刊情報やいま』の巻頭で連載中のコーナー、『八重山人(やいまぴとぅ)の肖像』が、連載十年をむかえました。第一回の星美里(現:夏川りみ)さんをはじめとする105名の「ヤイマピトゥ」を紹介。さまざまな分野で活躍する“八重山人”の考え方や生き方を通して“八重山”の姿を見ることができる。さらに資料として「戦後八重山人物五十年史」、「八重山人の肖像に寄せて」を収録。

収録されている「ヤイマピトゥ」

星 美里(夏川りみ)
牧野 清
大島 保克
桃原 用永
上勢頭 同子
本名 光
喜舎場兼美
平田 大一
濱崎 マント
BEGIN
多宇 正・仲島 タマ
玉代勢 長傳
崎山 吉子
石垣 信著
玉代勢 光子
兼元 仁王
新城 知子・新城 音絵
戸眞伊 擴
渡嘉敷 進
石垣 金星
長田 紀友
高嶺 方祐
池村 泰欣
石垣 里八
金城 珍吉
山根 慶子
慶田城 實
辻 弘
安里 勇
小底 致市
崎枝 浩二
宮城 松夫
宮良 榮子
伊良皆 高則
潮平 俊
大浜 一郎
與那國 光子
白保 千代
白百合クラブ
那根 武
森田 孫榮
定歳 実勇
狩俣 浩正
日出克
冨永 実彦
島村 修
岸本 ふぢ子
宮良 長明
大底 朝要
前花 哲雄
鳩間 可奈子
新 正元
池間 苗
那良伊 千鳥
与那覇 しづ
仲新城 淳
具志堅 用高
嶺 よう子
新嵩 喜八郎
新良 幸人
識名 清
大浜 安功
新城 安善
石垣 愛子
内盛 スミ
崎原 毅
与座 英信
親盛 長明
池上 永一
宮良 長久
後田多 保
伊志嶺 吉盛
新井 潔
宮良 ゆうな・宮良 断
三木 健
石垣 信知
新 絹枝
石垣 繁
ミヤギマモル
田底 重雄
崎枝 将人(NOSE WATER)
本若 博次
玉那覇 有公
島仲 由美子
宮良 松
平良 常
内原 加代子
宇根 由基子
崎山 陽一郎
田本 徹
入嵩西 清佐
渡久山 長輝
宮良 康正
小底 弘子
大山 貞雄
宮良 忍(DA PUMP)
大工 哲弘
崎山 直
Booing Sheyner
大仲 浩夫
クイヌパナ
仲若 直子
瀬戸 静
田場 由盛
池田 卓

書評

島人の輝く一瞬とらえる
[掲載] 『沖縄タイムス』2004年7月17日
[評者] 金城真悠(作家)
 表紙の老女の横顔にまず見入ってしまった。美しい。
 額と口元にきざまれた深いしわ、ほおの老班、かなりの高齢であろう。後ろに流した白い髪の丈で女性だと分かるのだが、性別ばかりでなくすべてを超越したようなまなざし、諦観とそして希望さえ感じられる静謐な風貌に思わず息をのむ。
 この表紙に魅せられて多くの人が本を手に取ってみるのではないだろうか。
 お年寄りの顔で惹きつけておいて第一ページには、今をときめく夏川りみが、まだ星美里の名前で歌っていたころの可憐な写真である。なんとも心憎い配置に何故かホッとする。
 八重山の人は自分の郷里を、愛着をこめて「やいま」と呼ぶ。そのやいま発の月刊誌『情報やいま』で紹介された八重山人(ヤイマピトゥ)百余人、十年分の集大成である。大変な労作だ。メジャーで活躍する芸能人や芸術家、そして地元で生きる人々を職業、年齢を問わず網羅してある。見開きの左右二ページに紹介文と写真が載っている。
 モノクロームというよりはそれを少しだけすかしたような、(うまく言い表せなくてもどかしい。特別な写真用語があるのだろうか)懐かしさと重厚さを感じさせる本なのだが、写っている全員の表情が素晴らしい。
 八重山人特有の柔和な顔立ちの内に秘めた誇りと、かすかな含羞。これは撮影者の、島人(シマンチュ)への限りない愛情が被写体のキラリと輝く一瞬をとらえたのだろう。
 南の島に根を張って、気負わずに淡々と生きる人たち、島から羽ばたこうとする若い人たち、それぞれのひたむきさが、どの紹介文からも伝わってきて心温かくなり、意欲さえわいてくるようだ。
 八重山関係者、あるいは思い入れのある者が楽しむだけの本ではあまりに惜しい。多くの方々に見てもらい生への歓びを感じ取ってほしい。
 巻末の「戦後人物五十年史」は、政治、医療、スポーツなどさまざまなジャンルの歴史と登場人物たちが著されていて、あの混沌とした時代を振り返り、学ぶ上でも貴重な資料である。

 
南山舎公式WEBサイトへ行く


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。