石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
スポンサードリンク
八重山ガイド
主治医が見つかる診療所で紹介!竹富島のぴーやし
八重山ガイドメニュー
八重山手帳2017
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
黒島生まれのキャラクタータオル

黒島ガイド 黒島の観光・食・文化・宿泊・交通情報!

黒島概要
黒島全域マップ

[広告] 黒島のおすすめプランで沖縄旅行へ行くなら格安旅行のジェイトリップ

黒島アドバイス

 ハートの形の黒島は、人より牛が多いのどかな島。海がきれいなことでも有名で、シュノーケリングで海の世界を満喫できる。
 黒島へは、石垣島の離島桟橋から、八重山観光フェリー、安栄観光、石垣島ドリーム観光の高速船で約30分。1日各5、6便ほど出航している。
 貨客船は、八重山観光フェリーと安栄観光から週に各2便出航している。
 宿泊施設やダイビングショップに予約をしていれば、港に送迎バスが来てくれる。何も予約がない人は、港のすぐ近く、集落へ向かう坂道の途中に「まっちゃんおばーのレンタサイクル」があるので利用しよう。
 また、島で唯一の観光案内「黒島観光」のバスも目的地まで乗せてくれる。船が着くのにあわせて港に来ているのですぐわかるはず。
 島は平坦なので、自転車で快適にまわれる。自転車は各宿泊施設で借りられる。
 黒島では、キャンプや野宿は禁止となっている。

概要
  • 周囲/12.6km
  • 面積/10.02k
  • 人口/212人(H19.4現在)
  • 観光に関するお問い合わせ
  • 竹富町商工観光課 0980-82-6191
  • 竹富町観光協会    0980-82-5445
    もしものときは
  • 町立黒島診療所    0980-85-4205

  • 黒島ギャラリー


    黒島みどころなび
    黒島の『観光』スポット ハート型をした、牛と海亀の島 
    人より牛の数が多い島、黒島。島を散歩すれば、あちらこちらで草を食む牛の姿が見られるハズ。シーズンにはウミガメが産卵にやってくる浜もあり、島の東よりにある東筋は日本の道100選にも選ばれている。

    黒島の『観光』スポット
    黒島の『うごく』スポット アクティブに、マイペースに、島を探検しよう! 
    黒島は人よりも牛が多いことで有名。島を歩いていると人と会うよりも、牛に会う方が断然多い、のんびりした島。黒島へは、石垣島の離島桟橋から八重山観光フェリーか安栄観光の高速船で約30分。1日各5便ほど出航している。貨客船は、八重山観光フェリーと安栄観光から週に各2便出航している。また、島で唯一の観光案内「黒島観光」のバスも目的地まで利用しよう。バスは船が着くのに合わせて港に来ているので、すぐにわかる。
    黒島の『うごく』スポット
    黒島の『みる・あそぶ』スポット 野外で楽しめる遊び・室内での遊び&癒し 
    黒島は海がきれいなことでも有名。シュノーケルで充分美しい海の世界を満喫できる。オススメスポットは「仲本海岸」。ココは海遊びに最適。シャワーやトイレ、自販機や売店もある。すぐ近くには展望台もあって休憩もできる。でも、潮の流れは速いので、リーフの外には絶対に出ないこと。また、時期になると、浜にウミガメが産卵しに来る。いつまでもウミガメが安心して産卵できる浜であるように、みなさんも協力してくださいね。
    黒島の『みる・あそぶ』スポット
    黒島の『たべる・のむ』スポット 心ゆくまで島の味を堪能! 

    黒島の『たべる・のむ』スポット
    黒島の『かう』スポット 自分に、あの人に。選んで悩むのも楽しい! 

    黒島の『かう』スポット
    黒島の『とまる・くらす』スポット 島で眠る夜の楽しみ 
    宿に予約しておくと、送迎バスが港まで迎えに来てくれる。黒島は芸能が盛んな島だったせいかみんな音楽が大好き。夜になると三線ライブが自然発生することも少なくないので、みつけたら仲間に入って楽しもう。

    黒島の『とまる・くらす』スポット

     


    運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
     
    Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
    本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。