石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2018年版 先行予約開始!
やえやまガイドブック
とぅばらーまの世界
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  八重山全般  >  八重山カタログ「ナネーズ(桑の実)」|八重山コラムちゃんぷる〜

八重山カタログ「ナネーズ(桑の実)」

八重山カタログ「ナネーズ(桑の実)」

石垣市字登野城の富川家に立つシマグワの大木。幹に朽ちたところがあり、今は実をつけないそうだ。樹齢推定200年。実が熟すのを待って、どれくらいの子どもたちがこの木を見上げ、どんな鳥たちが枝に訪れたのだろう。
蚕や家畜のえさとなる桑は、どの家にも植えられ、数本の大木が並ぶ家も多かった。若芽は汁にうかべたり、炒め物にして食べ、大きな葉は取り皿になり、おむすびも包んだ。下げ薬ともいわれ、葉を煎じて飲んだり、葉や幹を伝った雨水をためて湯茶に用いたそうだ。虫歯には塩もみした葉をつめたという。幹は粘りのある堅い木材であり、三味線の竿や器、牛や馬の面木(おもぎ)に使われる。幹や根は染料にもなる。

石の実 水の実

そして実はおやつであった。シマグワの実には2種類ある。熟すと黒くなる、ひきしまった感じの実と、薄い赤紫に完熟する、大きめのプックリした実である。石垣ではそれをイシナネーズ、ミズナネーズと呼んだ。今、見かけることの少ないミズナネーズの方が人気があった。木によじ登って実を取る子どもたちに、「食べ過ぎるとアメーバになるよ」と親はよく注意したそうだ。アメーバ・・・クワの実に来るハエの雑菌でおなかを壊すという意味らしい。しかし、ひもじい子どもたちにそんな言葉は届かない。鳥と一緒になって、手も口も紫にして食べ尽くした。

なつかしい味 新しい味

ミズナネーズからは水飴を作ることができる。不思議なことにイシナネーズでは飴状にならない。40年くらい前の子どもたちが作った水飴の味は、甘酸っぱくて香ばしい。現在では、ジャムや果実酒にして実りを楽しむ人も多い。西表島の喫茶店「唐変木」には、桑の実のジュース・かき氷・レアチーズケーキがある。庭先の桑の木は、フィリピン産で、大きめの酸味のある実がつく。ジュースのグラスの底にはコロコロとそのままの実も入っていて、人気があるそうだ。
おいしい実のなる木を見つけたら、年に数回、収穫の季節がやって来る。

(情報やいま1999年10月号より)

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。