石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  コラムちゃんぷる〜  >  石垣島  >  ウナタノニンゲー(牛の祈願祭・白保)|石垣島コラムちゃんぷる〜

ウナタノニンゲー(牛の祈願祭・白保)

石垣島PICKUP☆コラム「ウナタノニンゲー(牛の祈願祭・白保)」

「白保でも多くの人が畜産に携わっているので、55年ぶりに公民館が中心になって牛の祈願祭を復活させました」
10月29日に白保の牛御嶽(ウシノオン)で行われた牛の祈願祭は、昭和18年まで毎年賑やかに催されていた。それ以降は、先祖代々願いをしてきた宮良栄祐さんと島仲敏夫さんの2つの家が、毎年願いを行ってきたという。
「白保村の発展と無病息災を祈願し、いい牛・馬に育って欲しいという思いも込めて、動物の王者でたくましく魔除けでもあるシーシーも奉納しました」と公民館長の金嶺功さんは話してくれた。
この祈願祭で立てられた旗頭はヤマガシラといって、豊年祭のときの旗頭とは違って、稲刈りのときなどの道ざらいや、村に災いが起きたときに魔除けのために立てる特別なもの。御嶽の願いが終わると宮良家、島仲家の両家の庭で、ヤマカシラを立て、ドラと太鼓を鳴らしてガーリを行った。宮良家は先祖が白保の獅子を作ったと言われていて、番地が白保99番地。白保では99という数字が尊ばれていて、豊年祭のときも宮良家で旗頭を立てガーリをする。ヤマカシラが天に伸び、ドラと太鼓の音と共に人々の願いが村中に広がっていった。

(情報やいま1998年12月号より)

 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。