石垣島を中心に八重山諸島全域の観光・旅行・イベント・ニュース・伝統行事など八重山にこだわった地域密着型情報を日本最南端の出版社「南山舎」がお届けします!

やいまねっと

やいまねっとメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
無料ユーザー登録
サイト内検索
南山舎の本

月刊やいま年間定期購読
島の手仕事第14回パピルス賞受賞!
南山舎やいま文化大賞
八重山を読む メニュー
話題チャンプルー
八重山手帳2017
やえやまガイドブック
やいまねっとに広告を掲載しませんか?
自費出版のご案内

トップ  >  セレクト特集  >  乙女たちの戦争体験 Page1 | 八重山を読む!セレクト特集

乙女たちの戦争体験


乙女たちの戦争体験

1945年の終戦から63年。終戦の年に生まれた子どもは63歳、当時20歳であった人はもう83歳である。ある資料によると、戦後生まれは総人口の74・1パーセント(2006年現在)であるという。とすると戦前生まれは約26パーセント。が、そのうちいわゆる「戦争体験」を覚えている人ははたしてどれくらいいるだろうか。…戦争を知らない世代の増加によって、年々「戦争は遠くなりにけり」である。しかし、平和をつくっていくためには「戦争体験」を風化させずに語り継いでいく必要がある。
去る6月1日から29日までの1か月間、八重山平和祈念館で「戦争と子どもたち展」が開かれた。当時の子どもたちの暮らしを通して戦争の事実を示し、併せて平和学習に取り組む現代の子どもたちの様子を紹介していた。
そのなかに、宮里テツさんの八重山高等女学校1年当時(昭和18年)の日記帳があった。宮里さんは自著『テッちゃん先生はろくおんてぇぷ』のなかで、その日記帳のことを「錆びた色のわら半紙の小さなノート、ところどころインクがにじみ、紙のへりはすり切れ、綴りも一、二頁はずれてしまってはいるものの、筆跡は鮮明に、当時の生活の様子がありありと浮かんでくる」と書いているが、まさにそこには戦争中の一少女の生活の様子が記されている。
戦争を振り返って、人は「あの時代は、あの頃は…」と言う。当時、人々は時代に翻弄され戦争への流れを止めることができなかった。最初のうち、戦争にむかって突き進む国に危機感を覚えていた人は少なくなかっただろうが、気がつくと、「非国民」のレッテル貼りが横行する状況のただ中。こうなればもう国に抗議するなどほとんど不可能である。
終戦から63年。現在という時代は、どこにいるのだろう。人々は戦争についてどう考えているのだろうか。今の状況のなかに戦争への兆しはあるのか…。
ふたたびあの悲しみ、苦しみを繰り返さないためにも、「戦争体験」を何度も何度も検証し次代に伝え、さらに現在の状況を注視していかなければならないと思う。なかでも、私たちのような普通の人、一般人の意識の総体が時代をつくっているという認識を新たにしたい。
ここでは、まるで水を吸いとるスポンジのように何もかも吸収してしまう純真無垢な、それだけに大人の鏡でもある子ども、そのなかの乙女たちに焦点をあて彼女たちの戦争体験を何回かに分けて紹介する。


>八重山の戦争に関する著書
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | >


 


運営会社情報個人情報保護方針サイトポリシーお問合せバナー広告について
 
Copyright© 2007 NANZANSHA, All rights Reserved.
本サイトに掲載されているすべての記事・画像の無断転載を禁じます。